HEADLINE

インタビュー

音楽劇『ペール・ギュント』加藤和樹×橋本淳インタビュー!「新たな世界を体感しに、ぜひ劇場へ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンが19世紀末に書いた『ペール・ギュント』を、演出家・白井晃が新たな音楽劇へ――。「自分であるとは何か?」の答えを探すために世界中を放浪するペール・ギュントの姿を通して、今を生きる人々の心に深く響く作品となりそうだ。この作品で3年ぶりに共演する、加藤和樹橋本淳に現在の心境や、稽古場でのお互いの演技についての感想を聞いた。

『ペール・ギュント』加藤和樹、橋本淳

関連記事:白井晃が満を持して挑戦する舞台『ペール・ギュント』とは?

――加藤さんは、2013年の『オセロ』以来の白井さん演出作品になりますね。

加藤:はい。2作目になります。“白井ワールド”にまた入れるのかと思うと、楽しみが8割ぐらいで、あと2割は「今回はどうしごかれるのかな」という(笑)。

――橋本さんは、白井さんとは初めてですね。

橋本:ちょうど去年の7月くらいにお話をいただきました。今回の作品の制作スタッフと3年前にご一緒していたこともあって、それがきっかけで声をかけてもらいました。白井さんの作品は前から観ていたので、白井さんの演出と聞いて、ぜひやらせてほしいと。『ペール・ギュント』という作品も知ってて、ちょっと分かりづらい作品だと思ってたので、白井さんがどう料理するのかな、っていう興味もありましたし。ドキドキしながらお受けしました。

――橋本さんは、この作品前にもイプセン作品をやっているんですよね。

橋本:そうなんです。この前、『海の夫人』をやらせていただきました。でも、『海の~』はイプセン後期の作品でしたし、女性参政権を得た時代作品でしたから。今回のイプセンがもっと若い時代に書いた詩劇の『ペール・ギュント』は、同じ人が書いたとは思えないような、世界の広がり方が面白いなと思いましたね。

――なるほど。加藤さんは台本を読んだ感想はいかがでしたか?

加藤:台本は現代の言葉に変わっていたので、原作の和訳を読んだときより分かりやすくなっていました。ペール自身がどう自分探していくか、という物語ですけど、今回ペールとして探求していく内くんは大変だろうなっていうことを最初にすごく思いましたね。

『ペール・ギュント』加藤和樹

――おふたりは共演歴がありますよね。

橋本:2回かな?

加藤:でも絡んだ?

橋本:3年前の舞台では絡んだよね。

加藤:そっか。

橋本:でもすごい前な感じ。

加藤:そうだね。

――では、3年ぶりの共演ということで、稽古場でのお互いの印象は変わりました?

加藤・橋本:(同時に)変わらない…(笑)。

――そうですか?

橋本:でも、落ち着いた印象は前よりあるかも。大人っぽくなった感じ。

加藤:そう?

橋本:見た目と違って、いい人なので(笑)

加藤:おい!(笑)

橋本:今回和樹くんと初共演の人に和樹くんの印象を聞いたら、「怖そう」だって。だから、「見た目は怖そうだけど、すごくいい人だよ」って触れ回っておいたから(笑)

加藤:ありがとうございます(笑)助かります。

橋本:ギャップがあって、すごく魅力的で柔らかい人だなっていうのは、前から変わっていないかな。とがってもいないし…。

加藤:そうかな(笑)

『ペール・ギュント』橋本淳

――では、加藤さんは、橋本さんについての印象は変わりました?

加藤:なんか…落ち着き過ぎてて。

橋本:(笑)

加藤:前は、そんな感じじゃなかったんですけど、やっぱりお互いに歳を重ねたし、いろいろ経験したんだろうなと思った。一緒にいて、すごく頼もしいです。彼は、探究心が強いというか、気になったことはすぐに聞くんです。まだ稽古に入ったばかりだけど、もう白井さんに聞きに行ってる姿を見てる。それが刺激にもなる。以前と変わらずに気になる存在ですね。

橋本:ほー(笑)

――おふたりのほかにも、若いキャストが揃っていますね。

加藤:内くんをはじめ、若いキャストがたくさんいるので、それぞれがどういうアプローチで表現するのかなっていう。まだ演出的に決まってない部分もあるし、僕らもまだ試し試しやっているところです。これからまだまだ作っては壊して、再構築していく作業をやってくことになると思うんです。それに僕らがついていけるかどうか、ですよ。

★次ページでは、演出の白井晃、そして共演者について伺いました。ご覧ください!

(文/金本美代)

ペール・ギュント

作品情報ペール・ギュント

「自分自身とは何か?」現代にも通じるテーマが、胸に響くイプセンの傑作

  • 公演:
  • キャスト:内博貴、藤井美菜、加藤和樹、堀部圭亮、橋本淳、三上市朗、前田美波里、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP