エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

柏木佑介、声優初挑戦!DMM music×オトメイトのお笑いプロジェクト「ラフラフ!」始動

011568.jpg

合同会社DMM .com(以下DMM)の展開する音楽レーベルDMM musicが、アイディアファクトリー株式会社との共同開発で、男性声優×お笑いプロジェクト「ラフラフ!-laugh life-」の始動を発表した。

人気乙女ゲームを生み出してきたアイディアファクトリーの女性向けゲームブランド「オトメイト」とDMMが、初タッグで選んだテーマは「お笑い」。総勢16名の芸人キャラクターを共同開発し、笑いのトップを目指して切磋琢磨する様子を描く。プロジェクト第1弾としては、楽曲入りドラマCDの発売を予定。

今回発表されたコンビは、幼稚園からの幼馴染みで、コンビ結成5年目という「ビヨンド」。お笑いオタクのボケ担当・囃子役を柏木佑介が演じる。柏木はこれが声優初挑戦。相方となるツッコミ担当で囃子をサポートする王子様キャラの越智役は、声優の小笠原仁に決定。

キャラクターデザインを手掛けたのは、オトメイト所属イラストレーターの四方音雅人。初報では後姿のみ公開だが、3月20日(水)に発売される「B's-LOG」5月号では、二人の正面からのキャラクターデザインが発表されるとのこと。

「ラフラフ!-laugh life-」の中で繰り広げられるのは、参加資格があるのは結成5年以内という漫才・コントの若手登竜門の賞レース「L1グランプリ」。優勝賞金5000万円、副賞として冠番組獲得、CM契約など、過去の優勝者は、優勝が決まって30分後には翌月のスケジュールがすべて埋まってしまった・・・という、売れることが約束されていると言っても過言ではない好条件のショーレース。

しかし、もしファイナルラウンドの“下位二組”になってしまったら・・・。コンビ(トリオ)解散・1年間の芸能活動禁止・解散後は一生共演NG。つまりL1は、芸人として生き残りを賭けたデスゲームなのだ。さらにL1をより盛り上げるため、ファイナルラウンド進出者は、何組かに分かれアイドルグループを結成。すなわち、開催期間中はアイドル活動もしなくてはならない。あまりにハイリスクハイリターンなため、「芸人の劇薬」とまで呼ばれているこの賞レース。この芸人デスゲームを勝ち抜くのは一体・・・。

【公式HP】2019年4月公開予定
【DMM music公式HP】https://music.dmm.com/

(C)DMM music/(C)IDEA FACTORY

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011568.jpg

関連記事

トップへ戻る