loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

市川海老蔵×三宅健で名作文学が歌舞伎に!六本木歌舞伎『羅生門』ゲネプロ

011448.jpg
画像を全て表示(10件)

2019年2月22日(金)より東京・EXシアター六本木にて六本木歌舞伎第3弾『羅生門』が開幕した。本作は2015年から始まった六本木歌舞伎の第3弾。芥川龍之介の代表作を原作とし、演出は第1弾から引き続き三池崇史が務め、市川海老蔵、そして歌舞伎初出演となる三宅健らが出演する。

まるでSF作品かと思わせる内容の第1弾『地球投五郎宇宙荒事』。女性であり歌舞伎役者・尾上菊五郎の娘である寺島しのぶが出演した第2弾『座頭市』。今までにない新しい歌舞伎を目指して作り上げられてきた本シリーズの最新作は、生きるための悪という人間のエゴイズムを克明に描いた文学作品を三池がどう解釈して見せるのか、海老蔵と三宅の共演がどのようなシナジーを生み出しているのかが注目の一作となっている。

011448.jpg

物語は、平安時代の京都を舞台に、大きく分けて2つの流れで構成されている。一つは謡曲『羅生門』と歌舞伎『茨木』で描かれている、武士・渡辺綱(海老蔵)が羅生門の鬼である茨木童子(市川右團次)の片腕を切り落とした出来事と、その後の茨木童子の復讐。そして、もう一つが芥川が描いた羅生門での下人(三宅)と老婆(海老蔵)の物語。この二つの物語が荒廃した都を舞台にやがて交わり、歌舞伎として新たな『羅生門』を生み出している。

011448.jpg

海老蔵は渡辺綱、老婆、三升屋兵庫之助三久、本人役という4役を演じる。渡辺綱や三升屋兵庫之介三久では、成田屋のお家芸である荒事やにらみなど歌舞伎の伝統を存分に披露。また、老婆として物語の根幹に迫る演技を見せながら、本人役を楽しんで演じていた。第1弾から本シリーズを支え、挑戦を続けている歌舞伎役者・海老蔵。彼の本作へかける強い思いを感じさせる4役となっている。

三宅は下人と渡辺綱の家臣・宇源太の2役を演じる。ジャニーズによる『滝沢歌舞伎』には出演経験があるものの、歌舞伎そのものには初出演となる三宅だが、一歩踏み出す勇気と心の闇を諭されて苦悩し、葛藤する下人を熱演。宇源太役では早こしらえ、見得、立回りなど歌舞伎の技を交えながら、堂々と演じきっていた。新たなる解釈の元で生み出された本作の下人がどのような選択を取り、どのような結末を迎えるのか。舞台上の三宅から目が離せない。

011448.jpg

011448.jpg

見得、立回り、早こしらえ、毛振り、隈取りなどのメイク、拍子木・三味線・鳴物など余すこと無く歌舞伎の世界を堪能できる本作。一方で、六本木歌舞伎という“未来の歌舞伎”のらしさとして、難しい台詞について歌舞伎を知らない人にも現代的に劇中で解説するなどのメタ的な表現や、現代の出来事を扱った台詞、アドリブといったライブ感などが随所に盛り込まれている。

011448.jpg

特に、市川海老蔵役として本人が登場するシーンは、役を演じている三宅とのやり取りというメタ的な表現が単なる笑いを呼ぶものだけではなく、物語の進行と場面転換にも一役買っており、実にユニークなものとなっている。さらに、芥川の原作にも作者への言及というメタ的な表現があることから、それも含めてより一層のおもしろみを感じさせてくれる。

生きる為の悪という人間のエゴイズムを描いた芥川の『羅生門』が、若者と外国人が集う六本木という地で、歌舞伎として蘇える!“未来の歌舞伎”を目指して紡がれてきたシリーズの円熟味を感じさせる第3弾だ。なお、海老蔵と三宅から初日に向けてのコメントが届いている。

011448.jpg

◆市川海老蔵
第3弾となる六本木歌舞伎『羅生門』、本日初日の幕が開きます。演出には第1弾から続けて三池崇史監督に、そしてこの度は、三宅健さんをお迎えして、ついにこの日を迎えました。観ていただく皆さまに、『羅生門』の世界観を感じ取っていただけたらと思います。

◆三宅健
海老蔵さんをはじめとする、歌舞伎の世界の方々と御一緒させていただき身の引き締まる思いです。皆さんとお芝居をさせていただく中で、時代も空間も飛び越えた真に迫る表現力の凄さを目の当たりにしています。来る日も来る日も修練を積み重ね、歌舞伎俳優という人生を生きて来た人の凄さを今この眼で見届けられることに感動しています。

そんな方々とご一緒させていただけることに日々感謝と敬意を払い、ひと公演ひと公演を噛み締めながら大切に演じていきたいと思います。そんな厳しい荒波の中で揉まれて、この公演が終わった時には一皮も二皮もむけたタフな漢になれるよう精一杯努めたいと思います。そして、強面な見た目とは裏腹にとっても優しい人柄の三池さん。三池さんの描く独創的な羅生門の世界にこの1ヶ月どっぷりと浸かり私の身も心も捧げたいと思います。

六本木歌舞伎第3弾『羅生門』は、2月22日(金)から3月10日(日)まで東京・EXシアター六本木、3月13日(水)から3月17日(日)まで大阪・オリックス劇場、3月21日(木)から3月24日(日)まで札幌・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)にて上演される。

(取材・文・写真/櫻井宏充)

この記事の画像一覧

  • 011448.jpg
  • 011448_02.jpg
  • 011448_03.jpg
  • 011448_04.jpg
  • 011448_05.jpg
  • 011448_06.jpg
  • 011448_07.jpg
  • 011448_08.jpg
  • 011448_09.jpg
  • 011448_10.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事