loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

カフカ第4の長編?KERAがKAATに書き下ろす最新作に多部未華子、瀬戸康史ら

011425.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年11月に上演が予定されているケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の『ドクター・ホフマンのサナトリウム ~カフカ第4の長編~』(仮)に出演する全キャストが発表された。本作は、KAATとKERAの初タッグ作品。KERAが敬愛する作家フランツ・カフカの「失踪者」「審判」、そして遺作長編「城」に続く“第4の長編小説が発見されたら?”そして“舞台化されたら?”という二つのフェイク設定のもと、KERAが新作を書き下ろす。

出演者には、KERA作品初登場の多部未華子、KERA作品初参加『陥没』での好演が記憶に残る瀬戸康史をはじめ、TEAM NACSの音尾琢真、渡辺いっけい、麻実れい、村川絵梨、谷川昭一朗、武谷公雄、緒川たまき、ナイロン100℃から犬山イヌコ、大倉孝二、吉増裕士、菊池明明、伊与勢我無が名を連ねた。

発表にあたり、KERAから以下のコメントが届いている。

◆ケラリーノ・サンドロヴィッチ(作・演出)
フランツ・カフカは生涯で4つの長編小説を書き、40歳で死んだ。3作はどれも未完で、途中が欠落しているか、途中で終わっている。出版されたのは彼の死後だ。
『ドクター・ホフマンのサナトリウム』(仮)は、先ごろ発見されて世界の文学界を騒然とさせた、カフカの4番目の長編小説の遺稿の舞台化だ。もちろんそんなものは発見されていないのだが。
KAATホールという、極めて自由度の高い空間での初めての書き下ろし公演で一体どんなものが創り出せるのか。せめて遺稿が発見されていれば、少しは予想もつくが、そうもいかない。世の中は不条理だ。

『ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜』(仮)は2019年11月に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホールにて上演される。地方公演(兵庫・兵庫県立芸術文化センター、福岡・北九州芸術劇場、愛知・穂の国とよはし芸術劇場)の予定あり。チケットは、2019年8月に一般発売予定。

 

この記事の画像一覧

  • 011425.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事