エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『銀牙-流れ星銀-』~絆編~佐奈宏紀演じる銀らのビジュアル初公開

011420.jpg

2019年夏に上演される舞台『銀牙 -流れ星 銀-』~絆編~ より、ビジュアルが公開された。描かれているのは、主人公・銀役の佐奈宏紀、ベン役の郷本直也、ジョン役の安里勇哉、赤目役の荒木宏文、そして銀の父・リキ役の坂元健児、5名の姿。

本作の主人公は、熊と戦う犬。その犬たちの愛、勇気、友情、正義、諦めない心などを、ストレートに描いた高橋よしひろの名作漫画をどのように舞台化するのか、また、ビジュアルをどう表現するの、舞台化と同時に注目が集まっていた。

また、赤カブト打倒を目指すマタギで、リキと銀の飼い主・竹田五兵衛/語り役として、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』や舞台『ACCA13区監察課』などにも出演した平川和宏の参加も決定した。

舞台『銀牙 -流れ星 銀-』~絆編~は、7月6日(土)から7月15日(月・祝)まで東京・ 天王洲 銀河劇場にて、7月20日(土)・21日(日)に神戸・AiiA 2.5 Theater Kobeにて上演される。

【公式HP】https://www.ginga-stage.com/
【公式Twitter】@stage_ginga

(C)高橋よしひろ/集英社・舞台「銀牙-流れ星銀-」

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 011420.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る