loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『デルフィニア戦記』続編決定!「獅子王と妃将軍」でふぉ~ゆ~松崎祐介「お待ちして松」

011403.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年6月に、舞台『デルフィニア戦記』の続編上演が決定した。2017年1月に『デルフィニア戦記~第一章~」として初舞台化、そして翌2018年12月には第2弾となる「動乱の序章」を上演した本シリーズ。今回は、タイトルを『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』とし、「動乱の序章」直後の物語を描く。

国王ウォル役は松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、その妃のリィ役は佃井皆美、元暗殺者であり今はリィの侍女を務めるシェラ役は林翔太(ジャニーズJr.)が続投することが決定。演出・脚本も、児玉明子が全作に続いて担当する。

「デルフィニア戦記」は、昨年デビュー25周年を迎えたライトノベル作家・茅田砂胡の代表作。1993年に刊行されたシリーズの第1巻「放浪の戦士」以後、シリーズ累計は335万部を突破する人気冒険ファンタジー小説となった。

「獅子王と妃将軍」は、国王ウォルとリィの婚礼のただ中、隣国タンガから宣戦布告が届くところから始まる。戦場となった砦に駆けつけたウォルとリィたちの奮戦。しかし戦火はさらに広がっていき・・・。

発表にあたり、演出・脚本の児玉、出演者の松崎、佃井、林よりコメントが届いている。

◆児玉明子
前回の「動乱の序章」のお話をいただいた時もそうだったのですが、また大好きな『デルフィニア戦記』の世界で、大好きなウォルやリィたちに再び会える喜びと共に、再びこの壮大なストーリーを舞台化していくという緊張を感じております。ですが、前回から続投のキャストやスタッフも多く、作品の世界観とキャラクターを理解している頼もしいメンバーばかりです。今回もキャストは茅田先生の膨大な美しい台詞に苦戦するかもしれませんが、カンパニー一同力を合わせて精一杯がんばります!

◆松崎祐介
前作に引き続き、またウォルとしてデルフィニアの世界を生きられることが嬉しい松崎祐介です。今すでにワクワクしてます。誰かこのトキメキを止めてください状態です。前回観ていただいた方はもちろん、今回初めての方でも楽しめる作品になっています!戦うシーンが多いと思うので身体をパンプアップしていきたいと思ってます。前回の稽古場ではオカキを差し入れすることが多かったので、今回はぬれ煎餅にレベルアップしたいと思います。皆さん王国でお待ちして松。

◆佃井皆美
こんなに早くデルフィニアの世界に帰ってこれるなんて!!すっごく嬉しくて、今からわくわくしています!!前回より、さらにパワーアップした舞台をお見せできるよう、皆で力を合わせてがんばりたいと思います!また皆さんにお会いできることを心から楽しみにしています♪♪

◆林翔太
また『デルフィニア戦記』の世界で生きられること、すごくすごく嬉しいです!前回出演させていただいてからすっかり原作ファンになってしまった僕ですが、それ以上にこの作品を愛しているファンの皆さんに感動を再びお届けできるようにがんばります!そして今回の物語では、前回よりも成長したシェラをお見せできるように、たくさん研究したいと思います!シェラとしては、また国王やリィに会えるのが楽しみです!がんばります!

舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』は、6月19日(水)から6月23日(日)まで東京・シアターGロッソにて上演される。

【公式HP】https://www.delfinianwar.com
【公式Twitter】@delfinianwar

 

この記事の画像一覧

  • 011403.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事