エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

植田圭輔に橋本祥平が手紙でぶつけた熱い想い!劇場版『王室教師ハイネ』初日舞台挨拶レポート

011396.jpg

2019年2月16日(土)に公開を迎えた劇場版『王室教師ハイネ』。その初日舞台挨拶が、東京・新宿バルト9にて行われた。初回上映後には、ハイネ役の植田圭輔、カイ役の安里勇哉、ブルーノ役の安達勇人、レオンハルト役の廣瀬大介、イヴァン役の橋本祥平、ユージン役の阪本奨悟が登壇。アフレコエピソードや、作品への思いなどが語られた。

王子を教育する専属家庭教師=王室教師としてグランツライヒ王国に招かれたハイネ・ヴィトゲンシュタインが、 美形だが曲者揃いの4兄弟王子を立派な次期国王候補に育て上げるべく奮闘する姿を描いた「王室教師ハイネ」(原作:赤井ヒガサ、月刊「Gファンタジー」にて連載中)。2017年春のTVアニメ化、同年秋の舞台化に続き、劇場版では、TVシリーズのその後を描いたオリジナルストーリーを展開する。

011396_5.jpg

舞台挨拶では、阪本の歌う劇場版オープニング主題歌「パラレルな関係」のBGMにのり、の6名が登場。朝一の上映だったため、植田は「眠たい人~?いっぱいいる(笑)?」と呼びかけつつ、「朝早くからありがとうございます」と感謝を述べた。

011396_8.jpg

公開を迎えた心境を「ついにこの日が来たなという感じです」と感慨深げに口にした植田。廣瀬は、植田と登壇前に“10人ぐらいしか来てくれていなかったらどうしよう・・・”と心配していたそうで、満員の会場を見渡し「感無量です」と噛み締める。

011396_6.jpg

011396_7.jpg

安里は、まだ大きなスクリーンで観ることができていないそうで「皆さんがうらやましいです(笑)」と自身も映画館で観ることを楽しみにしている様子。安達も「最高ですね!この大きなスクリーンで今日を迎えられたのも、皆さんの応援のおかげだと思っています」と続いた。

011396_9.jpg

011396_10.jpg

オリジナルキャラクターとして双子の王子役を演じた橋本と阪本。二人は、これがアニメの声優初挑戦だったという。橋本は「初めてのアフレコが劇場版で、こんな素敵な場所で、しかもたくさんの方に見ていただけて、幸せな気持ちでいっぱいです」と素直な気持ちを吐露。橋本も「これだけ大きな作品に携われたんだということを、今実感しています」と目を輝かせていた。

この劇場版の見どころについて、植田は「4人の王子と双子王子の成長」を挙げ、「ハイネ先生としては一歩引いて見守る側ですが、見終わった後、優しい気持ちになれる作品になっています」と語った。

011396_3.jpg

物語では“歌”が王子たちの絆をつなぐキーとなっている。歌と言えば、本作のオープニング主題歌も歌っている阪本だが、その歌唱力はやはり折り紙付きだったようで、「奨悟くんは、鼻歌すら良かった!耳が癒やされました」と安里。それに対し、阪本は「本当ですか?実は、めちゃめちゃ緊張していました・・・(笑)」と照れ笑いしながら恐縮していた。

ここで安里は、スケジュールの都合で途中退室。残る5名に「頼んだ!」と託すと、廣瀬は「カイの声で一言なんか言って!」とおねだり。安里は「何言おう?」と考えた末に、カイボイスで「みんな、バイバイ・・・」囁き会場を盛り上げると、大きな拍手に見送られながら会場をあとにした。

011396_2.jpg

続くトークテーマは、原作者の赤井から届いた「もしも皆さんが、グランツライヒ王国のヴァイスブルク宮殿に招待されて、丸1日過ごせるとしたら何をしたいですか?」という質問に答えることに。「シャドーと遊びたい!」という廣瀬に、植田は「シャドーの上にアデルと乗って遊びたい!」と重ねる。すると、安達が「一緒に釣りしたい(笑)」と続き、徐々に大喜利合戦のような空気が・・・。「王宮だから美味しいごはんが食べたい」という阪本に対し、最後は橋本が「(王宮の)広さ活かした鬼ごっこしたい!!」と子どものような発想で、夢を広げた。

そして、MCより“ある王子がハイネ先生にサプライズレターを書いてきた”との情報がもたらされると、ざわつく会場。本日不在のリヒト役の蒼井翔太からかと思いきや、名乗り出たのは橋本!「え?!」と驚きを隠せない植田の前で、白い紙を広げ「今にも溢れそうな植田くんへの愛をお手紙を通してお伝えします!」と熱く読み上げ始まる(紙には文字がぎっしり)。

011396_4.jpg

手紙には、本作が初アフレコとなった自分に対し、植田が“一緒に準備をしよう”と声をかけてくれたなどと植田の人柄がにじむエピソードがしたためられており、橋本は「役者として、人間として尊敬していますし、漢(おとこ)として惚れています!」と大告白。

そして「改めて思いました。漢(おとこ)は身長ではなく、懐の大きさんなのだと!!」と、熱い気持ちをほとばしらせながら締めくくった。聞き終えた植田は「感動して涙が出るのかなと思っていたら、笑いすぎて涙が・・・」大爆笑。さらに、その手紙を手渡され「これ、持って帰るの(笑)?」ともう一笑い。二人の仲の良さが感じられる、やりとりが繰り広げられた。

最後に、植田は「ハイネという作品は、皆様の心を豊かにし、何か残せる作品だと思います。そして、今日こんな素敵な景色を見させていただいたのは、応援してくださる皆さんがあってこそです。またどこかでお会いできる機会があったら、よろしくお願いいたします」と改めて感謝を述べ、舞台挨拶を締めくくった。

劇場版『王室教師ハイネ』は、全国公開中。なお新宿バルト9では、本作の「アトラクション上映会」が以下のスケジュールで開催される(「少しだけおしゃれを」というドレスコードが付き)。

また、本作の鑑賞者だけが購入できる劇場限定版Blu-rayも発売。こちらには4月に上演される『王室教師ハイネ-THE MUSICAL II-』の東京楽日・兵庫楽日の優先抽選応募券シリルルコードが封入されている(※シリアルコード付Blu-rayの販売は2月24日23:59まで)。

◆アトラクション上映
【実施劇場】新宿バルト9
【上映スケジュール】
2月16日(土)19:50~(19:35開場)/21:50~(21:35開場)
2月22日(金)19:50~(19:35開場)/21:50~(21:35開場)
2月23日(土)9:00~(8:45開場)/22:30~(22:15開場)
2月24日(日)19:50~(19:35開場)/21:50~(21:35開場)
【料金】2,500円(税込/全席指定)
※特別興行のため各種割引サービスは適用外
※前売券は使用不可
※2月23日(土)22:30の上映回は18歳未満の方は終映が23:00を過ぎるため入場不可
※作品のCVキャストの出演はなし

◆劇場版『王室教師ハイネ』Blu-ray 劇場限定版
【価格】10,000円(税込)
【内容】DISC1枚、本編映像(約60分)+特典映像
【特典】
劇場版『王室教師ハイネ』エンディング主題歌「“友達以上×敵未満”」ミュージックビデオフルver.
「“友達以上×敵未満”」メイキングムービー
『王室教師ハイネ-THE MUSICAL II-』東京楽日・兵庫楽日優先抽選応募券シリルルコード(※シリアルコード付Blu-rayの販売は2月24日23:59まで)
先付映像(全5種)
キャラクターデザイン・総作画監督 奥山鈴奈の描き下ろしジャケット
特製ブックレット

【劇場版「王室教師ハイネ」公式HP】https://heine-movie.com
【アトラクション上映会PV】https://youtu.be/9MA2831g5_o

(C)赤井ヒガサ/SQUARE ENIX・劇場版「王室教師ハイネ」製作委員会

 

(取材・文・複数カット撮影/エンタステージ編集部、ソロカット/オフィシャル提供)

(文/エンタステージ編集部)

王室教師ハイネ-THE MUSICALII-

作品情報王室教師ハイネ-THE MUSICALII-

  • 公演:
  • キャスト:植田圭輔、安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太、橋本祥平、阪本奨悟、君沢ユウキ、藤重政孝、星達磨、宇田川宰、青木鉄仁、上杉輝、水谷あつし、酒井翔子、下村彩、熊田愛里、太田有美、頼経遥、さいとうえりな、山﨑紫生、元榮菜摘、甲斐祐次、新垣ケビン、稲田京也、松村凌太郎、柳原凛、村松享、高嶺ともき、山口渓、安久真修、R-NE

この記事の画像一覧(全10枚)

  • 011396.jpg
  • 011396_5.jpg
  • 011396_8.jpg
  • 011396_6.jpg
  • 011396_7.jpg
  • 011396_9.jpg
  • 011396_10.jpg
  • 011396_3.jpg
  • 011396_2.jpg
  • 011396_4.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る