loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

薮宏太、10年ぶり主演作で「体脂肪率一桁」を目指す気合い!ミュージカル『ハル』製作発表

011376.jpg
画像を全て表示(6件)

栗山民也が演出を手掛け、薮宏太(Hey!Say!JUMP)が主演を務めるミュージカル『ハル』の製作発表記者会見が、2019年2月12日(火)に行われ、薮と北乃きい、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、今井清隆が登壇した。

本作は、子供時代に患った病を乗り越え、健康な身体を手に入れたものの、人間関係に悩み、充実した毎日を送れないでいる主人公・ハルが、一人の少女との出会いによってボクシングに目覚めていく姿を描くもの。高橋亜子がオリジナル脚本を書き下ろし、音楽は甲斐正人が担当する。

011376_2.jpg

主人公・ハル役を演じる薮は、2009年のミュージカル『SHE LOVES ME』以来、約10年ぶりの主演舞台。劇中ではボクシング姿も披露するとあって、すでに練習をスタートしたと言い、「ボクシングは初めての経験でしたが、身体を動かすのは好きなので、本格的にやらせていただいています。普段はダンスや歌のトレーニングはしても、身体を作るトレーニングはしないので、スッキリします」と楽しそうに語った。開幕までには「体脂肪が今は13%くらいなので、一桁にしたい」と目標を掲げる。

現在は週1でボクシング、週2、3回ジムでのパーソナルトレーニングを続けているという薮に対し、Hey!Say!JUMPのメンバーからも「身体が締まったね」「腕が太くなった」という声がかかるそうで、薮は「モチベーションになります。特に、八乙女光くんは僕のことが大好きみたいで、身体の変化に一番に反応して、褒めてくれる」と話して、メンバー同士の仲の良さをうかがわせた。

011376_3.jpg

一方、ハルの生き方に大きな影響を与える少女・真由役を演じる北乃は、本作がミュージカル初挑戦。北乃は「初めてのミュージカルにボクシングの練習と、日々いろいろなトレーニングに励んでいます。一生懸命演じていきたいと思います」と挨拶し、「台本を読ませていただいた時に、強いつながりを感じて、何が何でも真由を演じたいと思ったんです。そう思うことは初めてだったので、今回、すごく力が入ってます」と力強く語った。その言葉通り、現在は薮同様かなり身体を作り込んでいるそうで、トレーニングが1日5時間に及ぶこともあるという。

011376_4.jpg

また、ハルの幼馴染・修一役を演じる七五三掛は「(ジャニーズ)事務所に入る前から拝見させていただいているので、こういう形で共演できることを嬉しく思います」と恐縮しきりで、「本当に幼馴染に見えるのかという不安がありました」と本音を明かす。

011376_6.jpg

そんな七五三掛に、見かねた薮から「少しずつ、ご飯でも食べながら(仲良くなれたら)・・・」と声がかけられると、「毎日、ご飯よろしくお願いします!」と満面の笑み。

011376_5.jpg

ハルの母親が働く会社の社長・高野役を演じる今井は「仮台本を流し読みしていたら、滂沱の涙で、こんなにも感動する作品だったんだと自分でも驚きました。これに栗山さんの演出が入ったら素晴らしいものになると思います」とコメント。栗山の演出作品にも多数出演してきた今井だが、2017年上演の『フェードル』では「稽古中、栗山さんのダメ出しが毎日私に集中して、心が折れそうになった時は(役者に)向いてないんじゃないかと悩みました」と意外なエピソードも。

しかし「最後の稽古の日に、栗山さんが『この役を日本で演じられるのはお前しかいない』って一言おっしゃって・・・その時、涙が出るぐらい嬉しかったんです。潜在能力を引き出すのが上手な演出家だと思います。今も、早くダメ出しを受けて演じたい」と期待を寄せた。

なお会見には、この日の出席できなかった栗山と、ハルの母親役を演じる安蘭けいからコメントが届けられていた。

◆栗山民也コメント
いつも新しい世界と出会いたいという気持ちばかりがあって、海外ですでに成功した作品を日本でリメイクといった仕事の依頼にはあまり心動かず、とにかくゼロから皆でガヤガヤと話し合い、闘いながら、徐々にカタチが見え、立ち上がっていくオリジナル作品に昔から拘ってきました。
この『ハル』という作品も全くの新作で、何もかも真っ白なキャンバスを前に、すべてが始まりました。だからこそ、集まったスタッフには、相当な情熱と覚悟が必要となるでしょう。そして、俳優たちとのこれからの共同作業も、大変な厳しさを承知で、大いに楽しみたいと思うのです。ちょっと演劇の原点に立ち戻り、俳優たちのその前身と言葉を中心に、「歌」という一つのユートピアの時間がそこに立ち上がっていくような、そんな暖かな作品になればと願っています。

◆安蘭けいコメント
今回のミュージカル『ハル』では、女手一つで息子を育てている母親ということで、また新たな役どころにチャレンジします。親としての責任感と愛情で、ハルを包み込める母性豊かな母親になりたいと思っています。
また、演出は栗山民也さん、音楽を甲斐正人さんという最強タッグで創られるオリジナルミュージカルということで、私もとても楽しみです!皆さんのご期待に添えるよう、それ以上に素晴らしい作品にしたいと思っています!ぜひご期待ください。

そして、息子・ハル役の薮宏太さんへ
薮くん、初めまして。久々の舞台ということなので、意気込みもかなりのものじゃないかな、と想像しています。薮くんに負けないくらい、私もフレッシュな気持ちで取り組みたいと思っていますので、共に楽しみながらがんばりましょう!よろしくお願いします。

ミュージカル『ハル』は、4月1日(月)から4月14日(日)まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて、4月22日(月)から4月28日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演される。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

 

この記事の画像一覧

  • 011376.jpg
  • 011376_2.jpg
  • 011376_3.jpg
  • 011376_4.jpg
  • 011376_5.jpg
  • 011376_6.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事