エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

市川海老蔵、三宅健の第一印象は「モテるんだろうな」六本木歌舞伎第3弾『羅生門』製作発表会見

011317.jpg

2019年2月22日(金)より東京・EXシアター六本木にて上演される六本木歌舞伎第3弾『羅生門』。その製作発表会見が、2月4日(月)に都内で行われ、市川海老蔵、三宅健、演出の三池崇史、松竹株式会社副社長/演劇本部長の安孫子正が登壇した。

2015年2月に海老蔵、中村獅童の熱い想いから始まった六本木歌舞伎。第1弾『地球投五郎宇宙荒事』は、脚本に宮藤官九郎、演出に三池が参戦。2017年の第2弾『座頭市』では、演出は前作に引き続き三池、脚本はリリー・フランキーが務め、出演には海老蔵に加え、寺島しのぶが登場。そして、第3弾となる今回は芥川龍之介の代表作『羅生門』を取り上げ、演出は引き続き三池が担当。出演は海老蔵、そして共演には歌舞伎初出演となる三宅健が決定した。

011317_02.jpg

会見に先立って、安孫子が「今までにない歌舞伎を作ろうということで始まったのがこの六本木歌舞伎でございます。三宅さんは3年前から滝沢歌舞伎にご出演いただいていました。本作を上演するにあたって、海老蔵さんと三宅さんの共演というものは素晴らしいものになるのではないかと夢の共演が実現いたしました」と挨拶。

011317_02.jpg

六本木歌舞伎について、全作で演出を務めてきた三池は「僕の歌舞伎というのは、映画で知り合った市川海老蔵さんそのもの。自分なりに感じるのは、伝統を守ることは守って、守った上に何を満たせるのかという、そこに自分自身も興味を持っているし、使命も感じている。歌舞伎の中に閉じこもるのではなく、歌舞伎役者として蓄えたエネルギーを増幅して、お客さんに伝えられればいいなと思っています」と思いを明かし、今作について「観て頂くお客さんに新たな気づきというものを感じて頂ける舞台に仕上がっていくと確信しております」と自信を見せた。

011317_02.jpg

海老蔵は「三宅さんと三池監督とご一緒することでどんな変化が起こるのか。自分の気づいていないことに気づけるような時間を稽古の中で過ごして、初日を迎えるにあたって、具体的に具現化をして多くの方々に何かを感じていただけるような作品になると思います」と期待を寄せた。

続いて、三宅は「人生でまさか歌舞伎に出演させていただくことになるとは考えてもいなかったことです」と驚きを明かすと、「歌舞伎役者の方と、ずぶの素人の私が同じ舞台に立たせて頂けるというのが、生涯のうちで一度あるかないかと思っています。それぐらい無我夢中の境地で稽古に挑みたいです」と意気込んだ。

011317_02.jpg

本作が初共演となる海老蔵と三宅。三宅の印象について、海老蔵の「デビュー時にV6の中で一番カッコイイなと思ったのが三宅さんでした。この人はモテるんだろうなというのが第一印象でした(笑)」との言葉に、三宅が「大変恐縮です。ありがとうございます」と照れ笑いする一幕も。

今回の役について、海老蔵が老婆役と発表すると会場からどよめきが上がった。さらに、海老蔵は「カットとなるかもしれませんが、茨木童子の腕を切り落とした渡辺綱も演じます。そして、もう一役として“市川海老蔵”本人の役です」と説明し、「皆さんの中で“市川海老蔵”というものをどう捉えているかによって違うので、“市川海老蔵”を演じることに全力を傾けたいです」と意気込むと、会場が笑いに包まれた。

下人役など2役を務める三宅は「何も分からない状態で歌舞伎に出演させていただくことになるので、下人は何者か分からないという意味では、今の自分の境遇と似ているかなと思います」と役への思いを明かした。

すでに台本を読んだという海老蔵は「『羅生門』というのはエゴイズムが一つのテーマになっております。エゴイズムというものに対しての三池ワールドを咀嚼して、我々に表現してほしいという風に感じました」と感想を述べた。三宅も「人間のエゴイズム、生と死そういったものが描かれている作品です。僕たちの中にも生と死が常に隣合わせにあるものなので、観に来てくれた方々に普段では感じられないようなことを持ち帰っていただける作品になると思います」と語った。

011317_06.jpg

また、歌舞伎を初めて観る三宅ファンたちに、海老蔵が「基本的に“三宅健”を見ていればいいんじゃないでしょうか(笑)」と呼びかけると、会場は爆笑。三宅は「いえいえ、ダメです。海老蔵さんを観ていただかないと・・・」と思わず恐縮。続けて、海老蔵は「三宅健さんという人を見ていて『歌舞伎ってこういう風にやるんだな』という興味を持っていただけたらいいと思います」と会見を締めた。

六本木歌舞伎第3弾『羅生門』は、2月22日(金)から3月10日(日)まで東京・EXシアター六本木にて、3月13日(水)から3月17日(日)まで大阪・オリックス劇場にて、3月21日(木)から3月24日(日)まで北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)にて上演される。

【公式HP】http://www.roppongikabuki3.com/

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

 

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全6枚)

  • 011317.jpg
  • 011317_02.jpg
  • 011317_06.jpg
  • 011317_03.jpg
  • 011317_04.jpg
  • 011317_05.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る