loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

鈴木拡樹「AERA(アエラ)」の表紙に!蜷川実花によるカラーグラビアも掲載

011297.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年2月4日(月)に発売される週刊誌「AERA(アエラ)」2月11日増大号で、鈴木拡樹が表紙を飾ることが分かった。鈴木については、表紙のほかコラム「表紙の人」、3ページにわたるカラーグラビアとインタビューも掲載される。 撮影は、蜷川実花が担当。

鈴木は、インタビューの中で公開中の「「映画刀剣乱舞」への出演に触れながら、映画と舞台の違いに言及し、「表現方法の幅がもっとほしい、 求められることに敏感でありたい」「映画でも何でも挑戦は続けたい。ただ、僕は舞台にこだわりがあるから、軸足はやっぱり舞台に置きたい」などと語っている。

大切にしているのは「向上心」。 これからの目標は「場をしっかりと締める信頼感や安心感のある大人の役者」と、どこまでもまっすぐな言葉が並ぶ。ノーブルな雰囲気漂うグラビアと共に、その言葉の中に「鈴木拡樹のいま」が垣間見える内容となっている。

「AERA(アエラ)」2019年2/11増大号は、特別定価410円(税込)で2月4日(月)発売。

この記事の画像一覧

  • 011297.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事