loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

佐藤アツヒロ×鈴木勝秀の代表作『hymns(ヒムス)』11年ぶりに

011293.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年4月に鈴木勝秀の脚本・演出による、佐藤アツヒロ主演舞台『hymns(ヒムス)』の上演が決定した。本作は、鈴木(スズカツ)の『LYNX(リンクス)』(1990年、1998年、2004年)、『MYTH(ミス)』(2006年)に次ぐオリジナル3部作の最後の作品として2008年に上演。

2004年の『LYNX』再々演で主演を務めた佐藤と出会ったことで、インスピレーションを得て生まれたのが『MYTH』と『HYMNS』ということもあり、スズカツにとっても、佐藤にとっても思い入れの深い作品となっている。

【あらすじ】
若くして名のある美術展で大賞を受賞するも、今では自己表現として真黒な絵ばかりを描く画家オガワ(佐藤)。そんなオガワと、彼を取り巻く画商、友人、そしてギャンブルで生計を立てる謎の男のやりとりがフラッシュバックのように描かれ、思いもよらない展開を見せる。謎の男とは一体、何者なのか・・・。

5人のミステリアスな男たちによる心理ドラマを、2019年版では鈴木自身の手でリライトし、新演出で上演する。佐藤は、繊細な心と強い自我をもつ人物として作りあげた画商オガワ役に、約11年ぶりに再び挑む。共演には、中山祐一朗、陰山泰、山岸門人、新納慎也が名を連ねた。

◆鈴木勝秀(脚本・演出)
2008年に上演した『HYMNS(ヒムス)』は、佐藤アツヒロをメインに据えた『LYNX(リンクス)』『MYTH(ミス)』に続く3部作の最後の作品である。あの3部作は、僕のオリジナル作品の中でも、かなり充実した時期のものだったと思っている。なかでも『HYMNS』は、表現者としての決意表明的ニュアンスの強い作品で、非常にポジティヴな芝居だった。
僕はオリジナル作品を書くとき、カットアップとサンプリングを多用するのだが、『HYMNS』のベース・テキストは、それまで書いたオリジナル作品であった。つまり、自分の過去の作品をサンプリングして、それをカットアップの手法で、より自分のエッセンスが濃くなることを目指したのだ。要するに『HYMNS』には、スズカツが凝縮されている。
舞台上の佐藤アツヒロは、『LYNX』で出会った当初から、驚くほど内省的な役者だった。主役であるにもかかわらず、そのほとんどを「受け」を主体とした演技で芝居を構築する。だが見終わった時、アツヒロの印象が誰よりも強く残っている──それは僕の目指している“自己主張をしない表現”にとても近い感覚である。僕はそんなアツヒロに託して、『MYTH』『HYMNS』を書いた。
僕の中で『HYMNS』は、「再演したいリスト」の上位に常にあった。初演から10年が経過し、アツヒロが『HYMNS』を書いた時の僕の年令に近づいてきた。そこで、若手画家だったオガワを中年画家にすることで、現在進行系の『HYMNS』を提示しようと考えた。タイトルを『HYMNS』を『hymns』とすることで、2作品の差別化を図った。
新納慎也、中山祐一朗、山岸門人と、僕の世界観を理解し体現してくれる役者も揃った。さらに『HYMNS』には登場しなかった「ある男」役に陰山泰も加わえて、最強の布陣で臨む。
この企画は、間違いなく僕にとって新たなステップになる。そう確信している。

◆佐藤アツヒロ
スズカツさんは、僕に内在する心の揺れや葛藤を引き出してくださる。静と動で言うならば、「静」の芝居を導いてくれる作家であり、演出家です。特別な役作りをせずとも、そこに書かれている台詞とその裏にある感情、それを自分の中に流し込んで表現をすることで生まれる芝居を、いつも受け入れてくださいます。
今回、久しぶりにご一緒するにあたり、スズカツさんから「まずは、もう一度『HYMNS』をやる。その先に新しい世界が広がるのではないか」とのご提案をいただき、僕は、その思いに身を委ねることにしました。
そうして、11年の時を経て、『hymns』のオガワを演じることになりましたが、今は、新作に臨むような心境です。そこでは、以前とは台詞の捉え方も変わるだろうし、今の“佐藤アツヒロ”を通してオガワを表現することになります。これまで通り、構えずにやってみようと思います。あくまでも自然に。スズカツさんも、それを望んでいると思うのです。
スズカツ作品では、そこに集う役者も芝居巧者揃いです。稽古でも日々芝居を変え、どこから何が飛んでくるかわからない。だから僕は、ひたすらそれを受ける芝居をします。そして、本番では稽古で共通認識を持った振り幅の中で、お互いに自由に芝居をする。スズカツさんの芝居は予定調和とは無縁のセッションのようです。
その場に居合わせた人だけが感じ、共有することができる芝居。記録に残すのではなく、記憶に残るもの。それが “スズカツワールド”です。こうして、また、その世界に身を置くことができることを、光栄に、幸せに思います。
今回の『hymns』は、いわばエピソード・ゼロ。その先に何が待っているのか、僕自身、楽しみでなりません。皆さんも、ぜひ劇場で、僕らのセッションを楽しんでください。 

『hymns(ヒムス)』は、4月11日(木)から4月21日(日)まで東京・博品館劇場にて、4月22日(月)に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。チケットは、3月9日(土)より一般発売開始。

【公式HP】https://www.hymns-stage.com/

この記事の画像一覧

  • 011293.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事