エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

三浦春馬が挑む『罪と罰』ついに開幕!初めての殺人犯役に「消えていくんじゃないかというほど消耗」

011148.jpg

ロシアの文豪ドストエフスキーの傑作長編小説を、フィリップ・ブリーン演出、三浦春馬主演で上演する『罪と罰』。ブリーン自身が2016年に書き下ろした戯曲をベースに、日本公演のために再構築し、罪を犯した青年の正義と救いを描く。初日前日となる2019年1月8日(火)には公開フォトコールと初日会見が行われ、三浦のほか、大島優子、勝村政信、麻実れいが登壇し、公演への思いを語った。

011148_2.jpg

本作は、帝政ロシアの首都、夏のサンクトペテルブルクを舞台に、“正義”のためなら人を殺す権利があると考え、殺人を犯す頭脳明晰な貧乏青年ラスコリニコフ(三浦)が罪の意識に苛まれ、翻弄されていく姿を描いたヒューマニズム大作。ラスコリニコフと心を通わせる娼婦ソーニャを大島、その義理の母親を麻実、主人公を追い詰める捜査官ポルフィーリを勝村が演じる。

011148_3.jpg

フォトコールでは、舞台冒頭シーンを公開。ガラクタが敷き詰められ、いくつもの蛍光灯が吊るされたステージセットの中、ポルフィーリ(勝村)が舞台上に登場する。そして、タバコの火をつけたのを合図に、ベルが鳴り、出演者たちが一斉に現れ、物語が始まった・・・。

011148_4.jpg

そこは貧民街。薄汚れた服装に無精ヒゲを生やした三浦が、ステージを右往左往しながら独白を披露する。驚くべきはその台詞量。冒頭シーンだけでも圧倒されるほどだ。さらに、出演者は民衆(アンサンブル)として終始ステージ上に立っており、それゆえに場面転換をすることなく、まるで流れるようにストーリーが進んでいく。三浦の熱演と相まって、観客は一瞬にして作品世界に引き込まれることだろう。

011148_8.jpg

『地獄のオルフェウス』以来、フィリップとは2度目のタッグとなる三浦は「彼がこの日まで10年以上考え、温めてきた作品が日本の皆さまに届けられることがすごく嬉しいです」と挨拶。初めて“殺人を犯す”役を演じるという三浦は「すごくエネルギーを使う役どころなんだと、体感して改めて思いました。日々の稽古終わりは、心地よい疲労感ではあるのですが、かなり憔悴し、このまま消えていくんじゃないかというほど、エネルギーの消耗を感じました」と苦笑いで明かした。

011148_12.jpg

一方、海外留学から帰国後、初めての舞台出演となる大島は、演出のフィリップをはじめ、海外クリエイターが多い現場において、会話が「7割ぐらいしか分かりませんでした(笑)」と謙遜気味に話す。自身の役柄については「自分の心を殺しても、信じるもののために強く生きる女性。信じるものがあるということがこれだけ人間を強くさせるということを強く感じました」と語った。

011148_7.jpg

そして、勝村は「(原作は)芝居をはじめた頃に読ませていただき、これが舞台になると聞いて大丈夫かなと思いましたが、台本を読んだら、フィリップさんが娯楽作品として書き上げてくださっていました。非常にスリリングで、観ている方に楽しんでいただける作品です」と自信をのぞかせた。

011148_13.jpg

芸歴50年にして、「極貧の中に生きる女」という初めての役どころに挑戦する麻実は「不安でいっぱいでした。初めての出会いはとても怖いものですが、楽しんで、日々大切に仲間たちとがんばりたいと思います」と真摯に話した。

011148_5.jpg

三浦と大島は本作が初共演。互いの印象について聞かれると、三浦は「稽古の中盤あたりで、(大島が)演出家が求めていることがなかなかうまくできなかった時に、感極まってしまったことがあって、こんなに真っ直ぐに(物事と)向き合う方なんだなと思いました。彼女の悔しい思いや、やる気に、カンパニー全体に前を向かせてくれた。彼女ががんばっているんだから僕たちも、と思わせてくれました」と絶賛。この言葉に照れまくった大島は、その時に三浦からメモに書かれた手紙を渡され、そこには「一緒にがんばろう、味方だよ」と書いてあったことを暴露すると、今度は三浦が「言わなくていい(笑)!」と大慌て。三浦の良い座長っぷりが分かるエピソードだった。

011148_15.jpg

シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.5 Bunkamura30周年記念『罪と罰』は1月9日(水)から2月1日(金)まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、2月9日(土)から2月17日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

   

(文/エンタステージ編集部)

罪と罰

作品情報罪と罰

英国人演出家フィリップ・ブリーンが理想のキャストとともに舞台化に挑みます

  • 公演:
  • キャスト:三浦春馬、大島優子、南沢奈央、松田慎也、真那胡敬二、冨岡弘、塩田朋子、粟野史浩、瑞木健太郎、深見由真、奥田一平、山路和弘、立石涼子、勝村政信、麻実れい、高本晴香、碓井彩音

この記事の画像一覧(全15枚)

  • 011148.jpg
  • 011148_2.jpg
  • 011148_3.jpg
  • 011148_4.jpg
  • 011148_8.jpg
  • 011148_12.jpg
  • 011148_7.jpg
  • 011148_13.jpg
  • 011148_5.jpg
  • 011148_6.jpg
  • 011148_9.jpg
  • 011148_10.jpg
  • 011148_11.jpg
  • 011148_14.jpg
  • 011148_15.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る