エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

「テニミュ」サイコロトーク&振付講座で大興奮!「ジャンフェス」ネルケトークステージをレポート

011138.jpg

2018年12月22日(土)・12月23日(日・祝)に、千葉・幕張メッセ 国際展示場にて開催された「ジャンプフェスタ2019」。ネルケプランニングブースでは、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」、ミュージカル『テニスの王子様』、『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage、『銀牙-流れ星 銀-』~絆編~、以上4タイトルのトークステージ(2日間で6ステージ)が行われた。

本記事では、その中から12月22日(土)に行われたミュージカル『テニスの王子様』トークステージの模様をお届けする。この日の登壇者は、田村升吾(氷帝 芥川慈郎役)、前田隆太朗(立海 切原赤也役)、岩城直弥(比嘉 平古場 凛役)の3名と、MCの北乃颯希(氷帝 向日岳人役)。

011138_2.jpg

冒頭から、MCの北乃が「どーもどーも!」と明るい挨拶で、会場を沸かせる。続いて北乃が3人を呼び込むと、田村は顎に手を当てながら、前田は肩にパーカーを羽織り、岩城は腕を組んで・・・とそれぞれ意味深なポーズで登場。北乃が「どういうスタンスで来たんか分かりませんけど(笑)」と笑いながら自己紹介を促せば、田村が「負けはいけないな」、前田が「苦労かける」、岩城が「たるんどる」とそれぞれ立海の柳、幸村、真田の台詞を一言。登場からファンへのサービス精神が感じられ、会場は大盛り上がり。特に前田の「苦労かける」は幸村役の立石俊樹の言い方に雰囲気が似ており、さすが打倒三強を掲げる切原役といったところ。

今回のメンバーは、全員がジャンプフェスタ初登場。ステージに立った感想を問われると、田村は幼い頃に来たことがあるそうで、「ここから降りてブースを回りたい」と無邪気に笑う。前田も「あそこでワンピースやってるよ!」と大はしゃぎで、北乃からは「打ち合わせ中も様々なジャンプ作品の名前を出していて大変」とリークが。ちなみに、岩城も幼い頃にジャンフェスに来て、迷子になったことがあるそう。

011138_8.jpg

前半は、例年通り「テニミュ式 サイコロトーク」で進められた。用意されたサイコロの目に書かれていたのは【ここだけは他のチームに負けない!というもの】【テニミュで好きな振り付け】【得意なモノマネ】【好きなおにぎりの具】【好きな鍋の種類】【当たり目】の6つのお題。当たり目が出ると、テニミュクイズが出題され、正解すれば好きな台詞をその場で言うことができるという。

011138_7.jpg

第一投の田村が出したのは、【ここだけは他のチームに負けない!というもの】の目で、田村は「楽屋のにぎやかさは負けない!」と回答した。田村が演じる芥川は東京にある氷帝に所属しているが、キャスト陣はなんとチームの過半数にあたる5人が関西出身。田村曰く「四天宝寺にも負けない関西色」「天然四天宝寺」とのこと。北乃はすかさず「DVDの特典映像を見ていただければ」とアピールしていた。

続いて、前田が【当たり目】を出し、「四天宝寺公演からテニミュに初登場した新キャラクターは?」というクイズが出題される。先日ゲネプロを観劇している前田に、北乃は「分かるよね?」と問うが、前田は「漢字何文字?」と、どことなく雲行きがあやしい・・・。

011138_3.jpg

「苗字は覚えてる」と言ったものの、「こ、こ・・・」と言いよどむ雰囲気に、ファンから救いの手が。ファンの助けを借り「小石川!」となんとか正解を導き出した前田だったが、北乃から下の名前を問われると「分かんないです」と即答。一度だけ来場者に質問する権利を得、見事「小石川健二郎」と正解を導き出し、好きな台詞を言う権利をゲットした前田。選んだのは、なんと白石蔵ノ介のあの口癖。

「んんーっ 絶頂(エクスタシー)!」

四天宝寺公演中のこの時期にぴったりな台詞に、会場に悲鳴のような歓声が響いた。

「おもしろいの出してよ」と前田から無茶ぶりされた岩城だが、出した目は【好きなおにぎりの具】。北乃が「ある意味おもしろい(笑)」というその質問に、岩城は素朴な笑顔で「からあげ」と答えた。理由は美味しいからだそう。

011138_4.jpg

サイコロトークはまだまだ続く。2巡目には、田村が【当たり目】を出し「テニミュの初演が上映されたのは2003年の何月?」というクイズに挑戦。キャスト陣が分かりますか?と集まったファンに問えば、ファンはうんうんと頷く。ファンの反応を探りながら、田村がなんとか絞り出した回答は、3月。

正解は4月で、惜しい!と悔しがる田村に、前田と岩城は知っていた風を装って「知らんとかありえんわ~(笑)」としたり顔。続いて、前田が【好きなお鍋の具】の目を出し、「もつ鍋。福岡で食べたのがおいしかった」と、地方公演経験者ならではの回答をした。

最後の岩城が出したのは【当たり目】!出題されたのは「テニミュサポーターズクラブの会報で行われたアンケートで、『無人島に必要なもの15個だけ持っていけるとします。15個目には何を持っていく?』という質問に田村は何と答えたか」という急に難易度が上がった問題。これまでのクイズは多くのファンが答えを分かっていたが、田村本人でさえ忘れていたこの問題の答えが分かる人は・・・会場中でたった一人!

011138_5.jpg

悩む岩城に、先に回答を見た田村本人から「1位は船」「15番目って微妙なところだから、ちょっと面白さを加えた」とヒントが出された。さらに、答えを知っているファンに直接お願いし、思いっきり答えを叫んでもらう。その声は司会の北乃にはしっかりと届き、「人の話は目と耳と心で聞かなあかん」とドヤ顔。しかし、肝心の岩城には届かず・・・。様子を見かねた田村が「島だと亡くなるかもしれないからこそ必要」とさらにヒント。

これらを総合した上で導き出した岩城の回答は・・・「うきわ」!しかし、正解は「レターセット」。田村曰く、「レターセットを流して助けに来てもらう」との理由からチョイスしたそう。・・・どちらも予想外!

問題には正解できなかったが、前田から「楽屋でずっと練習してたのにやらなくていいの?」との声が上がり、急遽まだ好きな台詞を言えていない田村と岩城がジャンケンで勝負し、勝者にその権利が与えられることに。

ジャンケンで勝利したのは田村!田村は、「絶対返せるんで」と、台詞の後にファンに返答してほしいとお願い。何が来るのかと思いきや、出たのは比嘉・木手永四郎のあの台詞。

「きっとわったーの、ちゅー・・・ちゅーさー!ちゅーらんねー!」

ところどころあやしい田村の言葉にも、ファンはしっかりと大きな声で「ちゅくいんまでぃやさー!」とうちなーぐちでレスポンス。たどたどしい田村のおかげで、北乃から岩城に「本物、ちょっとやったげて!」と最高の振りが!

011138_6.jpg

「きっとわったーの時代がちゅーさ!ちゅーらんねー!ちゅくいんまでぃやさー!」

最後は岩城がファンと共に美ら海パワーを炸裂し、大盛り上がりのうちにサイコロトークを終了した。

011138_9.jpg

後半は、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝のアンコールソング「スマイル・アンド・ティアズ」の振りを練習する企画が行われた。

「STILL HOT IN MY HEARTね」と別のアンコールソングの名前を出すなど、浮かない顔をしていた前田は、「俺やったことない」「俺のこと氷帝か比嘉だと思ってるでしょ、王者・立海だぞ」と未経験であることをアピール。初心者の前田は、ファンと同じく振りを教わることことに。

011138_10.jpg

まず北乃、田村、岩城の3人が見本のダンスを披露。それを見た前田は「かわいらしい振り付け」と素直な感想を述べた。
ここから、北乃がファンに向けて振り付けの説明を行っていき、前田とファンも含めた全員で踊ることに。初めての前田は周囲の様子を窺っていたり、多少不安そうな様子はあったものの、さすがの運動神経で踊りきっていた。完璧なダンスに、一同大満足。

最後に1人ずつ今日の感想を求められ、田村はジャンプフェスタで舞台に立てることに夢があると感じているそうで、「ジャンプはいつも夢を与えてくれます。そんなジャンプやアニメや漫画、そして2.5次元の作品が、これからもっともっとたくさんの人に愛され、広がっていけばいいなと思いました」と熱弁。田村のコメントのクオリティの高さに、「以下同文です」と続けて笑いを誘った前田は、次の日にも北乃がMCでテニミュのステージがあることに触れ、「四天宝寺公演も観に行ってみてください」とまとめた。岩城は「ジャンプで育ったといっても過言ではないので、夢のような時間を過ごさせていただきました」と感無量の表情。

現在上演中の四天宝寺公演について、北乃は「とにかくおもしろい」「大阪!って感じ」と大絶賛。また、ゲネプロを「前から1列目、2列目のあたりで観た!」とご満悦の様子だった。岩城も「エモい!エモいっすね」と語ったが、「言いたいだけだろ(笑)!」とツッコまれる事態に。

最後は北乃が進行役らしく「楽しくMCをさせていただきました!テニミュを知らない方も耳を傾けていただいて、本当にありがとうございました!!」と挨拶し、ステージを締めくくった。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺は、東京公演を終え、大阪公演を上演中。その後、岐阜、宮城、東京凱旋公演を行う。日程の詳細は以下のとおり。

◆ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺
【東京公演】2018年12月20日(木)~12月25日(火) 日本青年館ホール ※終了
【大阪公演】2018年12月29日(土)~2019年1月13日(日) 大阪メルパルクホール
【岐阜公演】2019年1月26日(土)~1月27日(日) バロー文化ホール(多治見市文化会館)
【宮城公演】2019年2月2日(土)~2月 3日(日) 多賀城市民会館 大ホール
【東京凱旋公演】2019年2月7日(木)~2月17日(日) TOKYO DOME CITY HALL

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト (C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs四天宝寺

作品情報ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs四天宝寺

パワーアップした青学と総勢10名となってステージを駆け巡る四天宝寺の冬の熱戦

  • 公演:
  • キャスト:阿久津仁愛、青木瞭、江副貴紀、皆木一舞、田口司、竹ノ内大輔、岩田知樹、大久保樹、中島拓人、琉翔、中三川歳輝、奥田夢叶、増子敦貴、安東秀大郎、江本光輝、森田力斗、谷津翼、千田京平、森一平、廣野凌大、平松來馬、碕理人、青木空夢、川上将大

この記事の画像一覧(全10枚)

  • 011138.jpg
  • 011138_2.jpg
  • 011138_8.jpg
  • 011138_7.jpg
  • 011138_3.jpg
  • 011138_4.jpg
  • 011138_5.jpg
  • 011138_6.jpg
  • 011138_9.jpg
  • 011138_10.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る