エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

岡本健一×川平慈英、三浦翔平×村井良大のWキャストで『ピカソとアインシュタイン』

010818.jpg

舞台『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』が、2019年4月から5月にかけて東京と大阪で上演される。本作は、映画俳優でコメディアンのスティーヴ・マーティンによる作品。日本では、1997年と2000年に岡本健一と川平慈英で公演が行われた。約19年ぶりとなる今回は、岡本&川平に加え、三浦翔平と村井良大を迎え、Wキャストで再々演される。

ピカソとアインシュタイン・・・同時代を生きながら、実際に出会うことのなかった二人が「もし、出会っていたら?」。パリ・モンマルトルに現存するバー「ラパン・アジール」を舞台に、才能、閃き、恋、友情、嫉妬、未来への予見など、そこに集う人々の人間模様を、ファンタジック・コメディに仕上げた。

翻訳は香坂隆史による新翻訳、演出は日本初演、再演と同じくランダル・アーニー手がける。出演は、岡本と川平、三浦と村井のほか、吉見一豊、間宮啓行、香寿たつき、松澤一之。

今回のWキャストは、ピカソ役とアインシュタイン役、シュメンディマン役と訪問者役を、2チーム4人の俳優が演じる。本作がこのようなパターンで上演されたケースはなく、オリジナル演出であるアーニーの創作心を刺激し、再び演出を快諾することとなった。

「ROSEチーム」では、ピカソ役を岡本、アインシュタイン役を川平慈英、シュメンディマン役を村井、訪問者役を三浦、「BLUEチーム」では、ピカソ役を三浦、アインシュタイン役を村井、シュメンディマン役を川平、訪問者役を岡本が演じる。

以下、岡本、川平、三浦、村井のコメントを紹介。

◆岡本健一
スティーヴ・マーティン脚本の『ピカソとアインシュタイン』二人がまだ若い頃にパリのラパン・アジールというバーで出会い、丁々発止のやり取りを交わしているうちに、ピカソはバラ色の時代にアインシュタインは相対性理論の発見に突入して行く。二人の姿を観劇出来るという、現代に生きる我々にしてみたら至極の時間が溢れるこの作品には、偉人たちのとんでもなくおもしろい日常が垣間見れて、たくさんの愛と笑いが至るところに散りばめられ、私たちが本当に必要としているのは、何よりも心を豊かにすることなのだと教えてくれる、遥か彼方に光り輝く星を皆で一緒に眺めてるような、時代を超越した、とても素敵な舞台です。

◆川平慈英
ついに来ました!『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』!僕が師と仰ぐスティーヴ・マーティンが書いた壮大な空想劇、19年振りの上演です!ひと癖もふた癖もある客たちが、“ラパン・アジール”という名のバーで繰り広げる人間模様。天才たちの散らすスパークに、笑ったり、考えたり、膝を打ったり!初演、再演と客席に満ちた不思議な幸福感を、19年振りにまたお届けできるのは本当に嬉しいです!
しかも今回は2役を演じます。いったい今回はどんな火花が飛び散るのか!ぜひ劇場へお運びください!

◆三浦翔平
今回は配役が二役と特殊なので、スイッチの切り替えが大変だと思いますが、どちらの役も演じきれる様に稽古に励みたいと思います。また、演出家のランダル・アーニーさんに芝居を見てもらえるということはとても貴重な体験で、今からワクワクしています。必ずいい舞台に作り上げますので楽しみにしていてください。

◆村井良大
今回この作品を知った時に「今まで観たことのないセンスを放っている作品だ」と感じました。この作品だけが持つ特別性を追求し、すべてのキャスト、スタッフの皆様と創り上げられることをとても嬉しく思いつつ、そして挑戦したいと思います。難しく複雑な戯曲ではありますが、完成した時に、まるでピカソのようにいつまでも輝き続ける作品にしたいと思います。アインシュタインのような閃きを大切にしつつ、日々の稽古に勤しんで行きたいと思います。

◆ランダル・アーニー(演出)
この台本の台詞にもありますが、ペンで描かれた絵や、五線譜の上の音符、閃きなどが、軍隊や政治などよりパワーを持つ時代が来ると素晴らしい。今この瞬間にも、劇中のピカソやアインシュタインのように、若者が未来に向かって自分のやりたいことを熱く語り、それらの夢や情熱が、一つでも多く実現して世界を変えていけばいいと思います。
ここ数ヶ月と数年の世界の様子を振り返るにつけ、私は今回の上演はとても良きことだと感じます。なぜなら、私たち皆、笑いが必要だから!そして何より、辛辣さを使わず、人間の本質的な善良さを信じる(そして期待する)スティーヴの姿勢が今の世の中に栄養になるし、それは必要で、歓迎されるはずと思うからです。

舞台『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』は、2019年4月25日(木)から5月9日(木)まで東京・よみうり大手町ホールにて、5月12日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。チケットは、2019年1月26日(土)より一般発売開始。

なお、GWには本作に関するイベントの開催も予定。詳細は、公式HPにてご確認を。

【あらすじ】
「不可能を想定してそれを可能にしようとしてるんだ!」
舞台は、1904年のパリ。灰色の19世紀が終わり、新世紀の始まり。
芸術家が集うバー「ラパン・アジール」では、刺激的な会話が繰り広げられていた。もてなすのは「ラパン・アジール」の主人フレディとジェルメーヌ。
集うのはご機嫌な老人ギャストン、物理学者を目指す青年アルベルト・アインシュタイン、美しい娘のシュザンヌ、画商サゴ、発明家シュメンディマン。特にシュザンヌはピカソに会いたがっている。
場の話題が画家ピカソで持ちきりになった頃、本人が意気揚々とやってくる。ピカソとアインシュタイン、才能に満ち溢れる二人は初めて出会い、熱く議論する。ものが生まれる瞬間やその発想、閃きについて。物理とアート、異なる視点を持つ二人が発火し、深く共感し、奇跡のような出逢いを果たす。
盛り上がる「ラパン・アジール」に、もう一人の青年が現れる。彼も若き天才だった・・・。

【公式HP】http://hpot.jp/stage/picassoeinstein2019
【公式Twitter】@picassoeinstein

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010818.jpg
  • 010818_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る