エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『ジャージー・ボーイズ』大千秋楽!中川晃教から爆弾発言「CDが発売されます!」

010729.jpg

2018年11月11日(日)に神奈川・神奈川県民ホールにてミュージカル『ジャージー・ボーイズ』が大千秋楽を迎えた。日本版の再演となった今回は、主人公フランキー・ヴァリ役に中川晃教、「チームWHITE」に初演から続投となる中河内雅貴、海宝直人、福井晶一、「チームBLUE」に伊礼彼方、矢崎広(初演時はチームREDとして参加)、spiを迎え、2チームで上演。カーテンコールでは、「チームBLUE」の作品に対する熱い思いと、作品を支えた多くのファンに向けて挨拶が行われた。

また、すべての挨拶を終えてなお、鳴り止まない拍手に迎えられ、再びキャストがステージに登場した際、中川から「爆弾発言していいですか?」という言葉が飛び出した。

「CD発売されます!」

この言葉に、会場は一気に歓声に包まれた。「音楽がこの作品の主役と言っても過言ではない、皆さんもそれは十分感じてくださっていると思います」と中川。さらに「さらに作品が育っていくために、CDが発売されることは稀なことだそうです。ですので、私たち『ジャージー・ボーイズ』日本版のオリジナルカンパニーとして、誇りを持ってこのCDを発売したいと思います」と続けた。

詳細は、明日11月12日(月)以降、東宝の公式HPにて発表されるとのこと。どのようなCDになるのか、続報を楽しみに待とう。

【公式HP】https://www.tohostage.com/jersey/

なお、大千秋楽での各出演者挨拶の模様は、後日動画を公開予定。

010729_2.jpg

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全2枚)

  • 010729.jpg
  • 010729_2.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る