エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

竹中凌平主演でTVアニメ「W'z《ウィズ》」が舞台化!TVアニメの主題歌も担当

010718.jpg

2019年1月よりMBS、TOKYO MX、TVQ、BS11ほかで放送が始まる、音楽と映像の新たな融合を生む新アニメプロジェクト「W'z《ウィズ》」がStage Project ILLUMINUSによって、2019年4月に舞台化されることが明らかになった。

Stage Project ILLUMINUSは「インパクトのあるステージを世の中へ」をモットーに先進的な舞台の企画を行っていくプロジェクト。舞台版では主演のユキヤ役を竹中凌平が担当し、アニメ版では主題歌を歌うことも決定している。上演決定に伴い竹中からコメントが届いている。

◆竹中凌平(ユキヤ役)
この度、舞台版『W'z《ウィズ》』での主演を務めさせていただくとともに、TVアニメ「W'z《ウィズ》」の主題歌を担当させていただくことになりました。ドキドキワクワク、初のアニメ主題歌、責任重大ですね。「Reason(リーズン)」を聞いた皆様の目の前に「W'z《ウィズ》」の世界が広がったらとても嬉しいです。少しでも多くの方にこの作品に触れていただき、更に大きな作品として羽ばたけるよう、精一杯貢献させていただきます。アニメ、舞台ともに楽しんでいただけるようがんばります。お楽しみに。

SPECTACLE STAGE『W'z《ウィズ》』は2019年4月10日(水)から4月14日(日)まで、東京・シアターサンモールにて上演される。

【公式Twitter】https://twitter.com/Wz_stage

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全3枚)

  • 010718.jpg
  • 010718_02.jpg
  • 010718_03.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る