loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ジョー・クリフォード版『アンナ・カレーニナ』劇団スタジオライフにより日本初上演

009318.jpg
画像を全て表示(1件)

2005年にイギリスで初演され、その後も上演を重ねているジョー・クリフォード版『アンナ・カレーニナ』が、2018年5月より劇団スタジオライフによって日本初上演される。

本作は、1870年代のロシア帝国を舞台に、政府高官カレーニンの妻であるアンナ・カレーニナの生きる道を描いた、レフ・トルストイによる同名小説が原作の舞台。翻訳を、クリフォードに師事していた阿部のぞみが、演出をスタジオライフの創立メンバーである倉田淳が務める。

出演は、アンナ・カレーニナ役の岩﨑大と曽世海司(Wキャスト)、アレクセイ・カレーニン役の船戸慎士、アンナの恋人であるアレクセイ・ヴロンスキー役の笠原浩夫ら。さらに、楢原秀佳、石飛幸治、関戸博一、久保優二、仲原裕之、山本芳樹などが名を連ねている。

ジョー・クリフォード版『アンナ・カレーニナ』は、5月26日(土)から6月10日(日)まで、東京・あうるすぽっとにて上演される。

【公式サイト】http://www.studio-life.com/stage/anna-karenina2018/

この記事の画像一覧

  • 009318.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事