エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー「この“豪華すぎる”メンバーでディズニーの世界を体感してもらいたい」

本場・NYブロードウェイの“ディズニーミュージカル”で主要キャストを務めた豪華ブロードウェイスターが大集結し、ディズニーの名曲の数々をお届けする夢のコンサート『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』が、日本初上陸として2019年1月31日(木)と2月1日(金)に開催される。

今回、来日するのは『メリー・ポピンズ』メリー・ポピンズ役(オリジナルキャスト)、『美女と野獣』ベル役を務め、数々のヒロインを演じてきたアシュリー・ブラウン、『ターザン』ターザン役のオリジナルキャストを務めたジョシュ・ストリックランド、『ライオンキング』ムファサ役でブロードウェイ最多となる4,300回以上もの出演回数を誇るアルトン・フィッツジェラルド・ホワイト、『ライオンキング』ナラ役を務めたキシー・シモンズの4名。

さらに、ゲストシンガーとして日本国内で数々のディズニーミュージカルの主演を演じてきた海宝直人が参加。本インタビューでは、海宝に本コンサートの見どころや出演への意気込み、ディズニーミュージカルへの思いなどを語ってもらった。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー

――出演が決まった時はどんな気持ちでしたか?

このメンバーで、しかもすべてをディズニーの楽曲でお届けするコンサートということで、ディズニー作品で育ってきた身としては、ぜひ参加したいと思いました。僕もこの皆さんの歌を生で聴きたいと思いますし、一緒に同じステージで歌えるというのもすごく楽しみです。

――今回のコンサートの見どころは?

とにかく、ディズニーミュージカルのオリジナルキャストの方がこれだけ揃うというのは、すごいことなんです。しかも、今となっては海外でも上演していない作品もあるので、生では聴けない曲もあるんですよね。それを一堂に会して、一夜で聴けるということは、本当に贅沢な時間だと思いますので、そこをぜひ楽しみにしていただきたいです。

それから、ミュージカルの中でしか聴けない曲があるんです。例えば『アラジン』の「Proud of Your Boy」といった楽曲も披露されるんじゃないでしょうか。アニメしか知らない方もぜひ来ていただいて「ミュージカル版ではこんな素敵な曲があるんだ!」と感じてほしいです。ディズニーミュージカルから、ディズニーの新しい世界をたくさん知っていただきたいですね。そういう意味でもミュージカルが好きの方、ディズニーが好きという方、どちらにもこの“豪華すぎる”メンバーでディズニーの世界を体感してもらいたいなと思います。

――来日する4人に対してどのようなところが楽しみでしょうか?

映像で見せていただいたんですが、アシュリーさんは『メリー・ポピンズ』での楽曲の力強い声、ジュシュさんはすごいハイトーン。このお二人で歌っている映像があったんですが、ジョシュさんも女性キーがスパーンと出て、すごいなと思いました。アルトンさんはムファサの「They Live in You」を聴いた時は、日本人の声帯にはないサウンドで、深みとか厚みがすごいと感じたので、実際に生で聴くのが楽しみですね。キシーさんは『ライオンキング』のナラ役を9年も演じているそうなので、ナラの曲を歌うんじゃないかな。すごく楽しみです。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_2

――個人的に聴きたい曲はありますか?

『ライオンキング』の「Shadowland」、「They Live in You」も聴きたいし、それぞれの作品の代表曲は聴きたいですね。

――海宝さんにもデュエットがあるという噂があるそうですが・・・。

僕も今日、噂を聞きました(笑)。もう楽しみです!ロンドンのウェストエンドでの舞台出演(※2018年5月の『TRIOPERAS』)の経験も活かして、素敵なデュエットに出来たらいいなと思います。

――歌いたいと企んでいる曲はありますか(笑)?

なんでしょう・・・(笑)。やっぱり自分の出演したディズニーミュージカル作品から歌いたいというのはあります。

――ディズニーミュージカルに出演してきたことは、ご自身にとってどのような経験になりましたか?

『美女と野獣』のチップ役でデビューして、すぐ次に『ライオンキング』のヤングシンバ役での出演と、演劇やミュージカルの基礎を学んだ場所が劇団四季のディズニー作品だったんです。それで大人になってから『アラジン』のアラジン役、『ライオンキング』のシンバ役、『ノートルダムの鐘』のカジモド役と、それぞれの作品で色々なことを学んできました。

『アラジン』だったらエンターテインメントとしてお客様を楽しませるところですね。『ライオンキング』だったら前衛的な演出があって、ライオンを演じるという身体表現というのも今まで経験したことがありませんでした。『ノートルダムの鐘』では特殊な姿をした役で特殊な発声をしなければならかったので、ノドの管理や、その中でどう表現をしていくという難しさがありました。それに、演劇的にもすごくよく出来た作品なので、それを噛み砕いて理解して表現していく難しさというのもすごく勉強になりました。それぞれの作品でいろんなことを勉強させてもらいましたね。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_3

――今まで出演したディズニーミュージカルの中で思い入れがある作品は何ですか?

思い入れという意味では『ライオンキング』は特別なものがあります。小学生の時代から3年間ヤングシンバを演じて、大人として戻ってきてシンバを演じることが出来たということで、役者としてもすごく思い入れがありますね。もちろんアニメも好きでしたが、やっぱりミュージカル『ライオンキング』に宿るものって、本当に特別だと思うんですよ。例えば、オリジナルのムファサのお面のたてがみも実際にマサイの方たちから集めたもので、そういうものがすごく宿っている作品なんです。アフロアメリカンたちの戦ってきた歴史とか、何かそういうものをすごく感じるんですよ。

大人になって、久しぶりに楽屋に入った時に、何か他の作品とは違うものをすごく感じる作品でした。濱田めぐみさんや吉原光夫さんと久々にお会いした時も、「あの作品は特別だよね」と話すんですよ。皆、そう感じているんだなというのを改めて感じた作品ということで、すごく思い入れがあります。

――将来的に出演してみたいディズニーミュージカル作品はありますか?

『アラジン』は子どもの時にアニメが本当に好きで、『ジャファーの逆襲』とか続編も観ていました。ディズニー作品の中でずっと好きなキャラクターはジーニーなんです。子供の頃から「Friend Like Me」が好きすぎて、ビデオテープを何度も巻き戻して「Friend Like Me」だけをずっと見ていました(笑)。ジーニーという役はやりがいのある役だと思います。会場を巻き込む、混じり気のないエンターテイナーそのものという役ですよね。やってみたい役を挙げると、『美女と野獣』のビーストはぜひいつか演じてみたいですね。

――ミュージカルとコンサートで、ミュージカルナンバーを歌うことにどのような違いを考えていますか?

演劇的な流れの中でこそ魅力が伝わる曲はミュージカル本編で観てもらいたいので、コンサートでミュージカルの曲を歌う時には1曲単体としてドラマが成立するような楽曲を構成時に考えますね。もちろん、そういう1曲で取り出して成立する曲もミュージカル本編で観ていただくと、また違った印象があると思いますが。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_4

――他のミュージカルの楽曲と比べて、ディズニーミュージカルの楽曲の魅力はどんなところでしょうか?

アラン・メンケンさんの楽曲もそうですし、シャーマン兄弟の楽曲もそうなんですが、すごくキャッチーでシンプルなんです。『美女と野獣』の「Beauty and the Beast」でも5音がずっと続いていくというシンプルな構成の中で、すごくドラマ性を表現していたり、キャラクターの感情を表現していたりするんです。年代を問わず、男女も問わず、耳にも心にも残るというのはディズニー作品の普遍的なもので、愛される理由はなんだろうなと歌っていながら思いますね。

――海外キャストと共演することが最近多くなっていると思いますが、そこで感じることはありますか?

日本と海外のキャストはカラーが本当に違うのでおもしろいですね。日本人のキャストは稽古とかもそうですが、手の角度が揃っているとかすごく繊細なんです。その細かさや繊細さはすごいですね。その一方で、ブロードウェイとかの作品を見るとすごくダイナミックで、個々が立っているんですよ。アンサンブルでも、それぞれがダイナミックでパワフルなんです。その両方に触れる機会が増えてきて、学ぶところもそれぞれあっておもしろいです。日本人にとって言語的な壁は大きいですが、そこの意識を一つ変えるだけで決して遠い世界ではないんだなと、海外で作品を観て思いました。

――ディズニーミュージカルのナンバーはもともと英語ですが、日本語と英語で歌うことによる違いはありますか?

海外ミュージカルの楽曲を歌う時は、原語というのは通らなきゃ行けない道ですよね。メロディーラインの音域的に上がっているところで、原語の歌詞だと重要な単語がそこにあるとか。そういうのはオリジナルだからこそですよね。

日本語に翻訳すると、その音が上がるところで助詞がきてしまうこともあるんですよね。その時にはまた違ったアプローチが絶対に必要だと思っているんです。駆け上がった先が助詞かもしれないですが、その前の単語からどうやって上手くするかという作業が重要ですね。そういうところからも、日本語も大事にしつつ、音楽も大事にするというのが翻訳物をやる中で自分が大事にしたいところです。

原語で歌うということは、それがある意味で必要なくて、言葉通りにメロディーが進行していくので「ここでこの言葉だからこそ、このメロディーは駆け上がっていて、すごく音圧が上がるんだ」のような新しい発見がたくさんありますね。

――公式ホームページに「たった一夜で、音楽の魔法にかかる」というメッセージがありますが、観客の皆さんにどんな魔法をかけたいですか?

何もかもを忘れて、旅をしているような気持ちを味わってほしいですね。『美女と野獣』はフランスの地方、『ノートルダムの鐘』はパリ、『メリー・ポピンズ』はロンドン、『ライオンキング』はサバンナ、『ターザン』はジャングル、『アラジン』はアラビアンな世界と、世界観が本当に幅広いんです。1曲1曲でその世界観に浸ってもらって、旅しているような気持ちで、現実を忘れて、時間も忘れて、没頭出来るような時間に出来たらいいなと思います。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_5

◆公演情報
『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』
2019年1月31日(木)・2月1日(金) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

【キャスト】
アシュリー・ブラウン
ジョシュ・ストリックランド
アルトン・フィッツジェラルド・ホワイト
キシー・シモンズ

【ホスト】関根麻里
【ゲストシンガー】海宝直人

【特設HP】http://www.disneybroadwayhits.com

(文/櫻井宏充)

ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ

作品情報ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ

本場・NYブロードウェイの“ディズニーミュージカル”からオリジナルキャストが豪華来日!

  • 公演:
  • キャスト:アシュリー・ブラウン、ジョシュ・ストリックランドアルトン・フィッツジェラルド・ホワイト、キシー・シモンズ、関根麻里、海宝直人

この記事の画像一覧(全5枚)

  • 『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー
  • 『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_2
  • 『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_3
  • 『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_4
  • 『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』海宝直人インタビュー_5

関連タグ

関連記事

トップへ戻る