HEADLINE

ニュース

ラサール石井が告白「現場はリアル“ヘッズ・アップ”状態」だった!?ミュージカル『HEADS UP!』会見レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008645.jpg

2015年11月に初演され、第23回読売演劇大賞の演出家部門優秀賞を受賞したミュージカル『HEADS UP!』が、2017年12月14日(木)に神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場 ホールにて幕を開けた。初日前日には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、主演の哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、大空ゆうひ、中川晃教、原案・作詞・演出を手がけるラサール石井が登壇した。

ミュージカル『HEADS UP!』舞台写真_2

初演で人生初のミュージカルに挑んだ舞台監督・加賀美賢治役の哀川は「まさか2回目があるとは思わず、かなり油断していました(笑)」と笑いを取りながら、「3月まで長丁場ですが、最後まで走りきり、お客さんを(自分の演技で)納得させることを心がけていきたいです」と、意気込みを語った。

ミュージカル『HEADS UP!』舞台写真_3

劇場付き雑用係であり、同時にストーリーの進行役も務める熊川義男役の中川は、初演を「ステージに立つ者としてのドキドキ感も味わいつつ、幕が開くためにこんなにたくさんの人たちの思いがあったのか、ということに気づかされました」と振り返り、「今回もそういった部分を軸に持ちながら、劇場付き雑用係とはどういう人間なのかというところも含めて、興味深く観ていただけるように、機微を表現できたらと思っています」と、役が再演でさらにブラッシュアップされたことを伝えた。

石井から「ちゃんとやらないでくれ」と、異色の指導をされたという相葉。新人舞台監督・新藤祐介役ということで、頼りなさを出すことに務めたそうだ。「初演の時もそうだったのですが、お客様が入って初めて完成する舞台だな、というのを実感しています。だから、作品を完成させるために早く本番をやりたいです(笑)」と本番への期待を込める。

ミュージカル『HEADS UP!』舞台写真_5

初演の際は“大空祐飛”として、そして今回は“大空ゆうひ”として舞台に立った大空。2年間の時を経て、女優としても変化があったようで「より一層“真昼間ひかる”という女優の気持ちと向き合えました。この作品には、舞台に関わる人間にとって心に沁みる歌詞や台詞がありますし、深いところに入れた気がして・・・」とコメント。続けて「お客様が入って、劇場が温まり、皆で温度を作るのがすごく楽しみです」と笑顔を見せた。

制作・本庄まさこ役の青木は、自身の役どころを「スタッフさんの大変さや熱がありながら、それでいて動員数やお金のことなど現実的なところを考える役」と捉えており、「やっていても比較的冷静で、本当に舞台をキャストとしても裏方としても作っている気がします」と舞台上での心境を語った。

ミュージカル『HEADS UP!』舞台写真_4

今回、新キャストとして参加したアルバイト青年・佐野慎也役の池田。初演は観客として本作を観ていたそうで「会見の場や舞台に立てることが、不思議な感覚です」と感想をもらす。また、製作発表の時に公表していた“哀川からカブトムシをもらう”という第一目標は、稽古2日目に早々に達成できてしまったようで「なので、役を深めることに集中できました(笑)。現場はとてもおおらかで、懐の広い方ばかりでした」と、周囲を温かい笑いに包んだ。

演出部・久米長一郎役の橋本は「がんばります」と一言だけコメント。「それだけ?!」とツッコむ共演者をからかっておもしろがりながら「お客さんに早く観ていただきたいです」と笑いながら付け加えた。

石井は、本番に至るまでの衝撃の事実を告白。「初演はかなりバタバタしていたのですが、今回は再演だから大丈夫だろうと高をくくっていたら、今回もバタバタしてしまいました。何よりも、仕込みの日に大道具さんのヘルプが8人来るはずが、4人もインフルエンザで来なくなってしまいまして・・・。そこからリアル“ヘッズ・アップ”が始まったんですけど、ここからは何もトラブルがないといいです(笑)」と、無事上演が進められることを願っていた。

最後に哀川が「明日から本番が始まり、3月まで続きます。初演も皆さんに喜んでいただけた作品なので、今回もより楽しんでいただけるように、一生懸命歌って踊ろうと思います、よろしくお願いいたします」とキャスト全員の意気込みを語った。

ミュージカル『HEADS UP!』舞台写真_6

ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』は、12月14日(木)から12月17日(日)まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場にて上演され、その後、富山・長野・大阪・愛知を巡演。そして、2018年3月2日(金)から3月12日(月)までは、東京・TBS 赤坂ACTシアターにて上演される。日程の詳細は以下のとおり。

【神奈川公演】2017年12月14日(木)~12月17日(日) KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
【富山公演】2018年1月20日(土) オーバード・ホール
【長野公演】2018年1月26日(金)・1月27日(土) サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 大ホール
【大阪公演】2018年2月2日(金)~2月4日(日) 新歌舞伎座
【愛知公演】2018年2月15日(木)・2月16日(金) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【東京公演】2018年3月2日(金)~3月12日(月) TBS 赤坂ACTシアター

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』

作品情報ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』

一万人を熱くさせた奇跡のバックステージ・ミュージカル再び!

  • 公演:
  • キャスト:哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、今拓哉、芋洗坂係長、オレノグラフィティ、陰山泰、外岡えりか、大空ゆうひ、中川晃教、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP