HEADLINE

ニュース

呪文のような暗唱が響き渡る・・・佐野瑞樹×味方良介×猪塚健太の3人芝居『ウエアハウス』稽古場レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008070.jpg

2017年10月8日(日)より、東京・アトリエファンファーレ高円寺にて舞台『ウエアハウス~Small Room~』が上演される。脚本・演出を務める鈴木勝秀が一番影響を受けた作品というエドワード・オールビーの『動物園物語』を繰り返しリライトすることで、別個の作品として生まれたのがこの「ウエアハウス」シリーズ。この最新作に佐野瑞樹、味方良介、猪塚健太の3人が出演する。本作の稽古場の模様を佐野、味方、猪塚のコメントを交えつつレポートする。

(以下、物語の一部に触れています)

取り壊しが決まった教会の地下にある“憩いの部屋”で、地域サークル「暗唱の会」のメンバーが活動を行っている。活動の内容は、各自がそれぞれ好きな詩や小説、戯曲などを暗記してきて、メンバーの前で暗唱するというもの。近くの出版会社で働く男・エノモト(佐野)もそのメンバーの一人だった。

だが、エノモトはこれまで一度も暗唱を披露したことがない。アメリカを代表するビート派詩人、アレン・ギンズバーグの長編詩「吠える」をただひたすら練習しているだけである。一人になると、ぶつぶつと「吠える」をつぶやく。そこへ、若い男・シタラ(味方)が現れる。いきなり英語で話しかけてきたシタラに興味を引かれ、二人は話し始める。

質問ばかりするシタラに戸惑いながらも、いつしかシタラのペースに巻き込まれていくエノモト。さらに新たな男、テヅカ(猪塚)が現れる。エノモトとテヅカは顔見知りのようだが、シタラとテヅカのやり取りはなかなか噛み合わず―。

『ウエアハウス』稽古場写真_9

まず目に、いや、耳に入ってきたのは「3. 1415926535 897・・・」と空を見つめながら円周率をひたすらつぶやく味方の姿。その横でストレッチしていた猪塚は、時折言葉に詰まる味方をフォローしていた。そして着替えをしながら現れた佐野は、エノモトの台詞にある「吠える」の一節を繰り返している。

味方が円周率を言い続けていたのは、シタラの台詞にあるため。「本当は小数点以下100桁まで覚えればいいんですが、あえて120桁を目指そうかなって思っています(笑)」と強気の味方。しかし、その呪文のようなつぶやきは周囲に多大な影響を及ぼすようで、佐野は「これをずっと聞いていると、演出指示とか大事なことを思い出せなくなってしまうんです(笑)」とぼやく。一方、「おもしろいから」という理由で、自分の台詞にはないのに味方と共に円周率を唱えていた猪塚。稽古前のウォーミングアップ姿からもそれぞれの個性が垣間見えた。

『ウエアハウス』稽古場写真_8

="『ウエアハウス』稽古場写真_4

舞台が教会ということで、稽古場にはアンティーク調の椅子が並べられる。その配置を演出卓から眺めていた鈴木は、やおら立ち上がり、客席からの見え方をイメージしつつ、自ら配置の調整を行っていた。

「では、始めます」鈴木の合図で、味方、佐野、猪塚、そして、味方と猪塚のコンビでそれぞれの役が持つ暗唱部分を順番に唱え出した。暗唱の仕方は三者三様。まっすぐ前を見つめて唱える味方、目をつぶって記憶の引き出しから言葉を引き出すような佐野、やや手を動かしリズムを感じながら口ずさむ猪塚。・・・続いて、味方と猪塚による円周率の暗唱へと続く。どうやら、これは稽古に入る前の準備運動のようだ。

『ウエアハウス』稽古場写真_6

佐野は、鈴木の稽古について「スズカツさん(鈴木)は、ひたすら通し稽古をする方なんです。だから『台詞をまずは頭に入れてほしい、覚えた瞬間から通し稽古が始まるので』とおっしゃっていました。その結果、どういうことになるのか楽しみですし、稽古がおもしろくなりそうです」と語った。

『ウエアハウス』稽古場写真_3

暗唱が終わるといよいよ「通し稽古」が始まる。役者陣は、まずは自分で思い描いたとおりに動き、台詞を口にしていく。その様子を観ながら、鈴木は本番で使うと思われるBGMやザーッというラジオのノイズのようなSEを収録したiPadをタイミングよくタップ。さらに味方と佐野がステージ上に出入りするタイミングや、佐野が話している時に味方がどう動けばいいのかなどを細かく指示していた。

="『ウエアハウス』稽古場写真_7

鈴木からの指示が一つ加わるたびに、味方演じるシタラが、周りをイラつかせる度数がじわりと上がる。例えば、話の途中に細かく座る場所を変える、シタラが話す時はエノモトを見ているがエノモトが話そうとするとすっと視線を外す・・・など。演出指示が飛んでいる間、3人は鈴木の意図をくみ取ろうとその言葉に真剣に聞き入っていた。

味方は、鈴木から「観ているお客さんに嫌われるほど、嫌なヤツになってくれと言われたんです。そうしたら、多分シタラを演じる上では“勝ち”。今は悪者が少ない時代、いい人、好かれようとしている人ばかりなので、その逆を行ってほしいって」と明かした。

『ウエアハウス』稽古場写真_5

テヅカを演じる猪塚には「相手が分かっていようと分かってなかろうと、テヅカは知識をひけらかすキャラだからマイペースでいてくれ」とオーダーがあったそう。稽古の中で、猪塚は鈴木から“テヅカらしい”とある動きを指示され、すぐにそれを実行。その出来がイメージ以上だったのか、鈴木はたまらず「ウハハハハ」と笑いだす。緊張感ただよう稽古場の空気が、ふっとほぐれた瞬間だった。

エノモト、シタラ、テヅカの関係性は、物語が進むに連れ徐々に変化し、予想もしない結末へと展開していく。ぜひ劇場でその結末を確認してほしい。

『ウエアハウス ~Small Room~』は、10月8日(日)から11月7日(火)まで、東京・アトリエファンファーレ高円寺にて上演される。

【公式HP】http://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2017/warehouse/index.html

『ウエアハウス』稽古場写真_2

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

ウエアハウス~Small Room~

作品情報ウエアハウス~Small Room~

「暗唱の会」に現れた若い男とは・・・

  • 公演:
  • キャスト:佐野瑞樹、味方良介、猪塚健太

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP