HEADLINE

ニュース

グランプリは13歳の中学1年生!『ワタナベ関西&劇団Patch 次世代スター発掘オーディション』開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ワタナベ関西&劇団Patch 次世代スター発掘オーディション』

城田優、瀬戸康史、志尊淳などを輩出するワタナベエンターテインメントが主催した、関西発のスターを発掘する『ワタナベ関西&劇団Patch 次世代スター発掘オーディション』の最終審査が、8月19日(土)に大阪市内にて行われ、応募者約1000人の中から大阪府出身の中学1年生、奥本智海(おくもと ともみ)13歳がグランプリに輝いた。また、審査員特別賞には、滋賀県出身の高校3年生、久保晴渡(くぼ はると)17歳が選ばれた。

ワタナベエンターテインメント代表取締役社長・渡辺ミキ、奥本智海

今回、最終審査に勝ち進んだファイナリストは18名。あらかじめA~Dの4チームに分けられ、個人での特技披露のほか、チームでの芝居とダンスを披露。グランプリの奥本は、特技披露の際、得意のバスケットボールを披露し観客を魅了。結果発表では名前を呼ばれた瞬間、驚きの表情を見せ、声を震わせた。審査員を代表して、ワタナベエンターテインメント代表取締役社長の渡辺ミキは「進化の具合がとてもよかった。応募してから1次面接・最終審査まで日々、成長がみられた。これからの将来性に輝くものがあると思い、満場一致でグランプリに選んだ。」とコメントしている。

劇団Patchは、2012年4月に「演劇で関西を元気にしたい!」という志のもとに結成され、同年10月より演劇公演“Patch stage”がスタート。第7回公演『幽悲伝』(2015年12月/森ノ宮ピロティホール)では2500人の観客を集め、在阪劇団の動員数記録を樹立。2016年には、週刊少年ジャンプ(集英社)連載中の人気ギャグ漫画「磯部磯兵衛物語」を舞台化した「浮世戯言歌劇『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』高尾山地獄修業編」を上演し話題となった。さらに今秋には、Patch stage vol.11『JOURNEY -浪花忍法帖-』での東京初進出が控えている。

結成6年目を迎え、新しい仲間が加わった新生劇団Patchの活躍にこれからも目が離せない。

受賞者コメントは以下のとおり。

奥本智海、久保晴渡

◆グランプリ受賞 奥本智海(おくもと ともみ)
名前を呼ばれた瞬間語尾におもわず返事に「?」が付いてしまうぐらいびっくりしました。今後はどんな小さな舞台であっても皆を喜ばせられる俳優になりたいです。

◆審査員特別賞 久保晴渡(くぼ はると)
やっと自分のやりたいことのスタートラインに立てました。今後は演技だけじゃな
くトーク力も身につけて色んなジャンルで活躍したいです!!

★Patch stage vol.11『JOURNEY -浪花忍法帖-』公演情報
9月29日(金)~10月8日(日) 大阪・in→dependent theatre 2nd
10月21日(土)・10月22日(日) 東京・新宿シアターモリエール

(文/エンタステージ編集部)

Patch stage vol.11『JOURNEY -浪花忍法帖-』

作品情報Patch stage vol.11『JOURNEY -浪花忍法帖-』

初の役替わり公演でお届けする、クレイジー忍者旅物語

  • 公演:
  • キャスト:松井勇歩、三好大貴、納谷健、尾形大悟、藤戸佑飛、田中亨、吉本考志、星璃、納谷健、星璃、松井勇歩、尾形大悟、藤戸佑飛、田中亨、吉本考志、三好大貴

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP