HEADLINE

ニュース

佐藤隆太「本気で笑えて、本気で泣ける、極上のエンターテイメント」『ダブリンの鐘つきカビ人間』公開ゲネプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダブリンの鐘つきカビ人間』

1996年の初演から二度にわたり再演されてきた名作、『ダブリンの鐘つきカビ人間』が、2015年10月3日(土)、東京・パルコ劇場にて10年ぶりの幕を開けた。本作は、劇団「遊気舎」で初演のされた後、G2(演出)×後藤ひろひと(脚本)のタッグによるプロデュース公演で、2002年(大倉孝二主演)、2005年(片桐仁主演)と再演を重ね、今年は主演に佐藤隆太を迎える。過去に水野真紀や中越典子が演じてきたヒロインは、東京パフォーマンスドールの上西星来が演じる。
長年演劇ファンに愛され、笑いと恐怖と悲しみに包まれたダークファンタジーの魅力を、観劇レポートとともにお伝えしよう。

佐藤隆太『ダブリンの鐘つきカビ人間』

関連記事:『ダブリンの鐘つきカビ人間』佐藤隆太インタビュー!「今までとは違う作品になる予感がしています」

舞台は、中世アイルランドを思わせる山の中。旅行中の聡(白洲迅)と真奈美(大塚千弘)は、霧が立ちこめる中、不思議な子供の歌声と鐘の音を聞く。「みーたぞみたぞ、紙人形がみーつけた、僕らの教会みーつけた・・・」。
霧のために立ち往生した二人は、老人の済む山小屋に泊めてもらう。そこで二人は老人から、昔この土地で起こった悲しい物語を聞くことになる・・・。

白洲迅、大塚千弘『ダブリンの鐘つきカビ人間』

ずっとずっと昔、この土地に奇病が蔓延した。病の症状は人により異なり、ある者は指に鳥がとまり(中村昌也)、ある者は目玉が肥大化して遠くしか見えなくなり(明樂哲典)、ある者は天使の羽根が生えてしまった(木戸邑弥)。

木戸邑弥『ダブリンの鐘つきカビ人間』

なかでも病によって大きく人生が変わってしまったのが、鐘つきカビ人間(佐藤隆太)。病気にかかる前はとても美しい青年だったが、悪戯ばかりしており人々に嫌われていた。しかし、心と体が入れ替わる病により、心は水晶のように美しいが、誰からも嫌われる醜いカビ人間になってしまった。

佐藤隆太『ダブリンの鐘つきカビ人間』

ある日カビ人間は、村人たちに騙されて教会に閉じ込められてしまう。そこで偶然、美しい少女おさえ(上西星来)という少女に出会う。「あなたは美しい・・・来て!触って!」と訴えるおさえにおそるおそる触れ、カビ人間はおさえに恋をしてしまう。しかしおさえは、「思ったことと反対の言葉しか言えない病」にかかっていた。

上西星来『ダブリンの鐘つきカビ人間』

関連記事:『ダブリンの鐘つきカビ人間』小西遼生インタビュー!「独特な世界観だけど、ピュアなものが伝わる作品になると思います」

この病を治すには、伝説の魔剣・ポーグマホーンを手に入れるしかない。おさえの婚約者である村の戦士(小西遼生)はポーグマホーンを探す旅に出る。一方、いつしか聡と真奈美もこの不思議な世界に入り込んでしまい、ポーグマホーンを手に入れようとするのだった。

小西遼生『ダブリンの鐘つきカビ人間』

初めはカビ人間に対し怯えていたおさえだったが、彼の優しさに触れるうちに心を開いていく。しかし二人が惹かれ合うほどに、その恋は残酷な奇跡へと向かっていくことになる……。

『ダブリンの鐘つきカビ人間』

コミカルなシーンのなかにちりばめられる、舞台の奥行きを利用した激しい殺陣など見ごたえ十分で、観客を飽きさせないシーンの連続だ。
佐藤が演じるカビ人間の、ピュアでせつない存在感は心に迫る。上西は初舞台とは思えない堂々とした立ち居振る舞いを見せ、戦士である小西はイケメンでありながらも全身で笑いをとっていた。

吉野圭吾、篠井英介『ダブリンの鐘つきカビ人間』

市長(吉野圭吾)と尼僧(篠井英介)の二人組のやりとりにはギャグがちりばめられていて、悪役といえども憎めないキャラクターを演じていた。
また、脚本の後藤ひろひとも出演し、いくつもの役を演じながら観客を沸かせていた。村井國夫やマギーなどのベテラン俳優もしっかりと脇を固める。

『ダブリンの鐘つきカビ人間』

初日前の会見で主演の佐藤は、「過去の『ダブリンの鐘つきカビ人間』とは違うものができた。本気で笑えて、本気で泣ける、極上のエンターテイメントです。切なく、じわーっと心の変化を観ていただけるんじゃないかな」と作品を評した。
初舞台の上西は、過去大女優が演じてきたヒロイン役に「私は私なので、プレッシャーはありません」と笑顔で応えた。実際に舞台でも緊張や戸惑いは一切感じられず、強い存在感を放っていた。
ベテランである篠井は、「現実のつらいことを忘れさせてくれる、演劇ならではのファンタジーです。(何度も再演を経ているので)日本の演劇の歴史が見れますよ。演劇でしか味わえない感動を、ぜひ劇場で」と呼びかけた。

◇『ダブリンの鐘つきカビ人間』公演スケジュール◇
2015年10月3日(土)~25日(日) 東京・パルコ劇場
2015年11月4日(水) 福岡・福岡市民会館
2015年11月6日(金) 広島・JMSアステールプラザ 大ホール
2015年11月13日(金)~15(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール
2015年11月17日(火) 宮城・仙台電力ホール
2015年11月20日(金) 北海道・札幌市教育文化会館

(文/エンタステージ編集部)

ダブリンの鐘つきカビ人間

作品情報ダブリンの鐘つきカビ人間

  • 公演:
  • キャスト:佐藤隆太、上西星来、白洲迅、大塚千弘、小西遼生、中村昌也、木戸邑弥、明樂哲典、マギー、後藤ひろひと、吉野圭吾、篠井英介、村井國夫、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP