エンタステージ

menu
  

鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」で「巡」アレンジverを披露

009938.jpg

太鼓芸能集団「鼓童」が、2018年7月29日(日)に「FUJI ROCK FESTIVAL’18」に出演した。フジロックは、1997年夏に誕生した国内最大級の野外ロック・フェスティバル。鼓童は、11月から始まる「巡-MEGURU-」日本ツアーに先駆け、世界中から集まるアーティストたちと共に特別編成で登場。「巡」FUJI ROCKアレンジも披露した。以下、オフィシャルレポートを紹介。

鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」舞台写真_2

会場を苗場に移して今年で20周年となる、夏の代表的野外フェス、フジロック・フェスティバル。今回は2016年にノーベル文学賞まで受賞したレジェンド、ボブ・ディランが出演するというビッグ・ニュースもあり、例年以上に注目が集まった。12年ぶりにこのフェスに参加した鼓童は、ディランと同じ7月29日(日)に、メインステージ(グリーンステージ)のトップバッターとして登場。

夏の日差しと強い風、ときに横なぐりの雨と、めまぐるしく天候が変わる中、ワクワクする和太鼓の音色に誘われるように、徐々に観客が集まり始めた。最新曲「巡」のようにポップで多様なバリエーションが楽しいリズミカルな曲から、求心的な和太鼓の真髄を伝える“大太鼓”、民謡を美しくシンプルなソロとハーモニーの歌唱で聴かせる“貝殻節”など、鼓童の若いメンバーが新たにアレンジした楽曲の数々は、いずれも現代的で洗練され、古い和太鼓のイメージを払拭するもの。耳の肥えた老舗ロック・フェスの観客は、その音楽性の高さと奏者の気魄を即座に感じ取り、熱い歓声を送っていた。フジロックらしい荒天も、舞台を劇的に盛り上げるのに一役買っていた(執筆:伊達なつめ/演劇ジャーナリスト)

鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」舞台写真_3

11月より日本ツアーが始まる『巡-MEGURU-』とは、鼓童メンバーで弱冠26歳の住吉佑太が初めて演出を担う作品。住吉は2010年に鼓童研修所に入所した当初より、演出として参加していた坂東玉三郎の指導を受け、2013年から鼓童のメンバーとして「大太鼓」やソリストに抜擢された。また、演奏だけではなく作曲やアレンジなどでも才能を発揮。鼓童のサウンドメーカーと称されている。

楽曲もすべて新作となり、住吉が生まれ育った香川に伝わる獅子舞や徳島の阿波踊り、栃木や群馬に伝わる八木節や岩手に伝わる鬼剣舞など、多くの郷土芸能をさりげなく織り込み再創造。住吉特有の音楽世界が鼓童の太鼓音楽をさらに広げた。ほかにも、鼓童が長年演奏してきた「三宅」をさらに昇華させた楽曲や、西洋音楽的なアプローチで作り上げたリズムアンサンブル、即興曲など、すべて本作のために作曲され、今までにない試みが凝縮された作品となっている。

鼓童 『巡-MEGURU-』は、2018年11月より日本全国ツアーを開始。東京公演は、12月19日(水)から12月23日(日・祝)まで東京・文京シビックホール 大ホールにて上演する。ツアー日程の詳細は、公式HPにてご確認を。

【MV URL】https://youtu.be/3_vDafgrXTk
【公演特設ページ】http://www.kodo.or.jp/meguru

鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」舞台写真_13

(撮影/岡本隆史)

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全18枚)

  • 009938.jpg
  • 鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」舞台写真_2
  • 鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」舞台写真_3
  • 鼓童「FUJI ROCK FESTIVAL’18」舞台写真_13
  • 009938_4.jpg
  • 009938_5.jpg
  • 009938_6.jpg
  • 009938_7.jpg
  • 009938_8.jpg
  • 009938_9.jpg
  • 009938_10.jpg
  • 009938_11.jpg
  • 009938_12.jpg
  • 009938_14.jpg
  • 009938_15.jpg
  • 009938_16.jpg
  • 009938_17.jpg
  • 009938_18.jpg

関連タグ

関連記事

トップへ戻る