『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」


2024年7月9日(火)に東京・THEATER MILANO-Zaにて、COCOON PRODUCTION 2024『ふくすけ2024-歌舞伎町黙示録-』が開幕した。

本作は、松尾スズキ作・演出により、1991年に悪人会議プロデュースとして初演、1998年には松尾が悲劇をテーマに作品を創り上げる「日本総合悲劇協会」公演で再演、そして2012年にBunkamura シアターコクーンで再々演された。

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」

薬剤被害によって障がいを持った少年“フクスケ”をめぐり、様々な境遇の登場人物たちが、底なき悪意と情愛に突き動かされながら、必死にもがき生きる姿を毒々しくも力強く描いた壮大な人間ドラマ。

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」

かつてのインタビューで松尾が「生まれてきたこと、そして時世に付きまとう不平等や不条理に対する怒りをバネに厄介な作品を進化させる」と語った通り、ゆるいヒューマニズムを揶揄し、“悪”もまた人の姿であることを圧倒的な筆力で描き出した傑作戯曲だ。

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」

12年ぶり4度目の上演となる今回は、サブタイトルを“歌舞伎町黙示録”と題し、台本をリニューアル。フクスケが入院する病院の警備員コオロギと、盲目のその妻サカエの夫婦を軸に、物語が展開する。

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」

初演から33年経っても色褪せず、上演の度にその時代に突き刺さる普遍的な物語が、今を生きる観客を狂騒の世界に引き込む。哀しくも美しい、怒涛のダークエンタテインメントの開演だ。

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』コメント紹介

◆作・演出、ミスミミツヒコ役:松尾スズキ
セットや衣装も豪華なのですが、なにより俳優たちがエネルギッシュで魅力的です。
俳優の魅力なしにして演劇の未来はないと思っているので、そのあたり、頼もしく思っています。
20代のときに書いた戯曲ゆえ、荒削りな点を60代のわたしが直した部分、あえて手をつけず20代のまま、放り投げた部分。
両方が渾然一体となって客席に降り注ぐ、そんな舞台になるのじゃないかと期待しています。まだ松尾にもかろうじてあるパワーを全開放で挑んでおります。これを成し遂げなければ死んでも死にきれません。
舞台上の力を直(じか)に感じられるのが演劇。
直(じか)に浸る3時間、お楽しみに。

◆コオロギ役:阿部サダヲ
『ふくすけ 2024』は台本の書き換えや配役の入れ替え、松尾さんの演出で、どんどん進化しています。
初めて松尾さんの演出舞台に出る方も多いですし、自分も初めてやる役なので、4回目の再演ではありますが、新作のような気持ちで頑張っています。
そして『ふくすけ』は再演する度に劇場が変わって育っていく不気味な芝居です。歌舞伎町が舞台の話を歌舞伎町の劇場でやるので、観たことがある方も、初めての方も劇場への行き帰りまでたっぷり楽しめると思います。
今回も歌舞伎町、京都、博多と劇場を変え、さらに脚本、キャスト、演出も変化して育っています。お楽しみに!

◆サカエ役:黒木華
稽古場で何度か通しを見ていてとても面白い、見応えのあるものになっていると思います。
ダンスや歌もそうですし、何より皆さんのお芝居から目が離せません。
歌舞伎町という場所で、この作品を観ていただけるのが、私もとても楽しみです。
是非、ふくすけの世界にどっぷりと浸かってください。

◆エスダヒデイチ役:荒川良々
『ふくすけ 2024』が始まります。初演は1991年で、劇場は下北沢のスズナリだったとのことです。
当時自分は生で観れてなくて、劇団員に成り立ての頃に大人計画の事務所にあった画像の荒いビデオテープを借りて観ました。それはそれはオモシロくてカッコよくて衝撃を受けたのを思い出します。
そりゃ初演に敵わないのは重々承知してます!がTHEATER MILANO-Zaという歌舞伎町にあるヘンテコな劇場で、一生懸命に抗いお客さんの心を震わせられるような芝居が出来ればと思っております!
それでは劇場でお待ちしております。

◆フクスケ役:岸井ゆきの
素晴らしい舞台美術とともに『ふくすけ 2024』は幕を開けますが、先日、テープで位置を取っただけの稽古場で、通し稽古をしました。Tシャツで、小道具もなくて、転換もセルフで。身ひとつなのに、物語の持つエネルギーに刺されて、みぞおちが重くて、えも言われぬ感情になりました。同時に、みんなでここまで来たのだと、物語と共に育ってきたのだと感じました。
今日からは、ひとりひとり、あなたの物語として届きますように。

◆タムラタモツ役:皆川猿時
奥さん『ふくすけ2024』開幕ですってよ!いやー、ケータリングのお菓子ポリポリつまんでゲラゲラ笑ってたら、あっちゅうまに稽古期間が終わって、なーんか劇場入りしてたんですよに!初のTHEATER MILANO-Za!“劇場見知り”なんかするわけないじゃーん!がっぷり四つからの、こちょこちょ攻撃を経て、往復ビンタ!もしくはディープキス!みたいなテンションでお送りします!ちょっと何言ってるか分かりませんが、とにかく頑張りまーす!

◆フタバ役:松本穂香
お芝居って面白いな~と難しいな~を行き来する稽古の日々でしたが、本番を迎えてまた違う景色が見られることを楽しみにしています。ドキドキしていますが松尾さんが創り出す強烈な世界観と、凄まじいキャストの皆さまに飲み込まれないよう、頑張りたいと思います!
この時代だからこそ考えさせられるメッセージが詰まりまくった舞台になっております。ぜひ、各々自由に楽しんでいただけたら幸いです!

◆エスダマス役:秋山菜津子
とにかく活気に溢れた楽しい稽古場でした。
“楽しい”というのはスタッフ・キャスト全員が必死にこの作品に取り組んでいるという証です。
全部が見どころのような作品になっていると思いますので、是非、楽しみに劇場にいらしてください。

COCOON PRODUCTION 2024
『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』公演情報

<上演スケジュール>
【東京公演】2024年7月9日(火)~8月4日(日) THEATER MILANO-Za
【京都公演】2024年8月9日(金)~8月15日(木) ロームシアター京都メインホール
【福岡公演】2024年8月23日(金)~8月26日(月) キャナルシティ劇場

<スタッフ・キャスト>
【作・演出】松尾スズキ

【出演】
阿部サダヲ、黒木華、荒川良々、岸井ゆきの、皆川猿時、松本穂香、
伊勢志摩、猫背椿、宍戸美和公、内田慈、町田水城、河井克夫、
菅原永二、オクイシュージ、松尾スズキ、秋山菜津子
加賀谷一肇、石井千賀、石田彩夏、江原パジャマ、大野明香音、久具巨林、橘花梨、友野翔太、永石千尋、
松本祐華、米良まさひろ、山森大輔

ミュージシャン:山中信人(三味線)

【公式サイト】https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/24_fukusuke/

『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』あらすじ

とある病院の怪しい警備員コオロギ(阿部サダヲ)は盲目の妻サカエ(黒木華)に歪んだ愛情を抱き、サカエはコオロギを献身的に愛していた。そんなある日、コオロギの勤める病院に、薬剤被害で身体障がい児として生まれ、長い間監禁されていたフクスケ(岸井ゆきの)が保護される。彼を監禁していた製薬会社の御曹司ミスミミツヒコ(松尾スズキ)は逃走し行方不明。

エスダヒデイチ(荒川良々)は、精神のバランスを崩してある日行方不明になった妻マス(秋山菜津子)を、14 年も探し続けている。知人からマスは歌舞伎町にいるらしい、と情報を得たヒデイチは上京し、歌舞伎町で出会ったホテトル嬢のフタバ(松本穂香)と自称ルポライターのタムラタモツ(皆川猿時)の協力のもと、マスの行方を追う。

裏社会で暗躍するコズマ三姉妹(伊勢志摩・猫背 椿・宍戸美和公)は、食うや食わずの境遇から歌舞伎町の風俗産業で一発当てて、飛ぶ鳥を落とす勢い。ひょんなきっかけでマスと出会い、生み出した<一度死んで生まれなおすゲーム>輪廻転生プレイが大ヒット。裏社会に影響力を持ち、政界にまで進出しようと企んでいる。彼らの渦巻く情念は、やがて多くの人々と歌舞伎町自体を巻き込み、とんでもない方向に動き出す・・・。

(撮影/細野晋司)



チケットぴあ
『ふくすけ 2024-歌舞伎町黙示録-』12年ぶり4度目の開幕!阿部サダヲ「劇場が変わって育っていく不気味な芝居」
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。