安田章大が架空の浮世絵師に『あのよこのよ』で青木豪と5年ぶり2度目のタッグ


2024年4月より東京と大阪にて、PARCO PRODUCE 2024『あのよこのよ』が上演されることが決定した。本作は、緻密な人間描写と卓越した発想力で、ジャンルにとらわれず、常に演劇界の第一線を走り続けている青木豪が新たに書き下ろす爽快エンターテインメント。

物語の舞台は江戸の幕末から大転換期を迎えた明治黎明期。とある浮世絵師とそれを取り巻く人々が、ひょんなことから事件に巻き込まれ珍道中に繰り出すことに。先行き不透明でどこへ向かっているのかさえ分からないご時世に、足が地に着かない人々が戸惑い彷徨うさまを、青木特有の作風で爽快感あるエンターテインメントへと昇華させる。

主演を務めるのは、『マニアック』以来、青木と5年ぶり2度目のタッグを組む安田章大。今作では明治初期を生きる架空の浮世絵師・刺爪秋斎(サシヅメシュウサイ)を演じる。

本作は、前作を経て安田をよく知る青木による当て書き。安田演じる浮世絵師が劇中で何を見て、何を描き出すのか。これまでになく大暴れする安田を目撃できるとのこと。

PARCO PRODUCE 2024『あのよこのよ』公演情報は2024年4月8日(月)から4月29日(月・祝)まで東京・PARCO 劇場にて、5月3日(金・祝)から5月10日(金)まで大阪・東大阪市文化創造館 Dream House 大ホールにて上演される。

コメント紹介

青木豪(作・演出)

おそらく震災のあとぐらいから、現実感のない日々が続いている。一度も降りたことのない駅に寝過ごして来てしまったような、途方に暮れる日々が続いている。

こういう感覚を芝居に出来ないものか、と朧げに考えていたらパルコさんから「安田くんと痛快な時代劇をやりませんか?」とお誘いをいただいて。それで思い出したのは「マニアック」という芝居でご一緒して以来、安田くんの芝居にしろバラエティにしろドキュメンタリーにしろ音楽にしろ、とにかく安田くんの活動を見ていると、僕は意味もなくポジティブになれるということで。

だからこの「あのよこのよ」という作品は「こんな時代になると思わなかった、な明治初期」の「なぜだかポジティブになれる痛快時代劇」になるはずであります。
グチャグチャな気分をポジティブに変えたいという方々、ぜひお越しくださいませ。

安田章大(主演)

「マニアック」以来5年ぶりに青木豪さんとご一緒させていただきます。5年前の自分とは芝居に対する感じ方や考え方、取り組み方が大きく変わり、これからまた一緒に1つの作品を創り上げていく時間が楽しみです。

青木豪さんが作るエンターテインメントは真面目とおふざけの振り幅がすごく広くて、その行ったり来たりするおもしろささに加えて、「あのよこのよ」というタイトルの通り、物語を見ていただくと浮遊している自分をどこかで感じてもらえたり、どこの世が事実で、自分がいる本当の世界なのか…こういうちょっとした不思議さを感じられる作品になっていると思います。

僕自身久しぶりの時代物です。髪の毛を伸ばしていた理由はここにありました(笑)江戸が終わり明治維新、この時代を生きている僕を楽しんでもらえたら嬉しいです。そして、登場人物たちが青木さんの描く世界の中でどのようにうねっていくのかというところにもぜひご注目ください。眼鏡にちなんだエピソードもお楽しみに。

PARCO PRODUCE 2024『あのよこのよ』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2024年4月8日(月)~4月29日(月・祝) PARCO 劇場
【大阪公演】2024年5月3日(金・祝)~5月10日(金)

キャスト・スタッフ

主演:安田章大

作・演出:青木豪

あらすじ

舞台は明治初期。
浮世絵師・刺爪秋斎(安田章大)は、新政府を批判したとして番屋に入れられていたが、初犯ということもあり解放され、迎えに来た弟の喜三郎と、居酒屋で宴を共にしていた。そこで秋斎は喜三郎から出所祝いとして眼鏡をプレゼントされ喜んでかける。

さらに秋斎は居酒屋に居合わせた、未来が見えるという能力のある常連・フサに占ってもらうと、「女に出会う」と告げられる。「その女が秋斎の未来を決めるだろう」と。

そこに美しい女が男と共にやってくる。秋斎が出会う女性は彼女なのではないかと話していると、突如、刀や銃を持った男たちが現れる。

そして男たちは秋斎たちに襲いかかって来るのだった……。

公式サイト

https://stage.parco.jp/program/anoyokonoyo

[PR]






チケットぴあ
青木豪新作『あのよこのよ』上演!安田章大「ちょっとした不思議さを感じられる作品」
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。