植原卓也・平間壮一・水田航生の3LDK初共演ミュージカル『ミア・ファミリア』バーでの雰囲気たっぷりなビジュアル公開


2023年11月から12月にかけて上演される、植原卓也・平間壮一・水田航生の「3LDK」が共演するミュージカル『ミア・ファミリア』より、キービジュアルが公開された。

ミュージカル『ミア・ファミリア』は、2013年韓国で初演され、2019年以降、3年連続で数ヶ月に渡り⼤学路(テハンノ)にある小劇場で上演。2020年12月には中国で初の海外公演も⾏われた。毎公演カーテンコールではライブハウス並みの⼀体感で⼤盛りする中毒性の高い作品だ。今回は、当て書きのようにぴったりとキャラクターにはまった3LDKが、日本初上陸を担う。3人がミュージカルで共演するのはこれが初めて。

3人は、それぞれが舞台を中心に活躍しながらユニット「3LDK」としても様々な創作活動を行ってきた(「3LDK」は、アミューズ所属俳優によるファン感謝祭「ハンサムライブ」をきっかけに結成された)。NY・ブロードウェイでの共同生活密着DVDや、全曲ミュージカル楽曲のみで構成されたライブイベントのほか、コロナ禍により舞台の中止も相次いだ2020年8月には、彼ら自身が企画・演出・振付に挑んだ無観客配信ライブを開催。2021年3月には初のミニアルバム「Only One」をリリースし、アルバムを引っ提げた配信ライブも行った。2023年4月7日には初のPHOTOBOOKも発売されている。

物語の舞台は、1930年のニューヨーク。イタリア労働者たちが集う「アポロニア イン&バー」。「アポロニア イン&バー」のボードビル俳優リチャード役を平間、リチャードの友人であり、同じくボードビル俳優オスカー役を水田、バーを支配するマフィアの手下スティーヴィー役を植原が演じる。ビジュアル撮影は、劇中で登場する「アポロニア イン&バー」をイメージしたセットで行われ、3人はそれぞれにウィスキーグラスを傾けるなど、落ち着いた大人の魅力を漂わせた。

訳詞は森雪之丞。日本版脚本・演出は、劇団ぼるぼっちょ主宰で、井上芳雄をはじめライブの構成・演出なども数多く手がけてきた安倍康律が担当する。

また本作の上演決定を記念し、3LDKのミニアルバム「Only One」の収録楽曲が7月25日(火)より各サブスクリプションサービスにて配信スタート。植原が作詞・作曲を手掛けたオリジナル曲を含む全6曲が配信となる。
【配信サイト一覧】https://amuse-inc.lnk.to/Only_One

ミュージカル『ミア・ファミリア』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2023年11月24日(金)~12月3日(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト
【大阪公演】2023年12月23日(土)~12月24日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

<チケット>
【東京公演一般発売】2023年9月30日(土)10:00~
【大阪公演一般発売】2023年10月28日(土)AM10:00~

スタッフ・キャスト

Original Production by MJStarfish

【出演】
植原卓也 平間壮一 水田航生

【脚本・作詞】イ・ヒジュン
【作曲】パク・ヒョンスク
【訳詞】森雪之丞
【日本版脚本・演出】安倍康律

あらすじ

1930年代、大恐慌時代のニューヨーク。明日には閉店する「アポロニア イン&バー」には、舞台が人生の全てだったリチャード(平間壮一)と金持ちの娘との結婚に気を取られているオスカー(水田航生)が、最後の公演準備をしている。その時、マフィアの手下、スティーヴィー(植原卓也)が押しかけてきて、ボスの自伝「ミア・ファミリア」を今夜上演しろと迫るが・・・。あまりにも違いすぎる3人のリハーサルが始まる。

公式サイト

【公演公式サイト】https://miafamiglia.jp/







チケットぴあ
植原卓也・平間壮一・水田航生の3LDK初共演ミュージカル『ミア・ファミリア』バーでの雰囲気たっぷりなビジュアル公開
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。