荒木宏文、40歳の誕生日を機に「新木宏典」へと改名


2023年6月14日(水)、俳優の荒木宏文が40歳の誕生日を機に「新木宏典」へと改名することを発表した。読みはこれまでと変わらず「あらきひろふみ」のまま。本情報は、本日開催されている荒木(新木)のバースデーイベント HIROFUMI ARAKI BIRTHDAY EVENT「Really 40? Ready Go!」内で公表され、以後、「新木宏典」名義で活動していくという。

新木宏典(あらきひろふみ)は、1983年6月14日生まれ、兵庫県丹波市出身。2007年『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の理央役で注目を集める。2021年から2022年にかけて上演されたミュージカル『刀剣乱舞』にっかり青江 単騎出陣では、一人芝居で全国47都道府県を巡業した。

このほか、明治座創業150周年記念前月祭『大逆転!大江戸桜誉賑』、舞台『モノノ怪~化猫~』、ムビ×ステ『漆黒天』、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stageシリーズなどで精力的に俳優活動を行うほか、舞台『幽☆遊☆白書』(共同演出兼出演)、ドラマチック・ライブステージ『アイドルマスターsideM』(演出)では演出も担当。

7月8日(土)よりパルテノン多摩リニューアルオープン1周年記念公演『オイディプス王』にクレオン役での出演が控える。また、7月31日(月)には、新木宏典としてフォトブック「“新”発見 丹波ガイド」発売する。







チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。