新海誠の『言の葉の庭』が日英連携企画として初舞台化!日本版は岡宮来夢・谷村美月で


新海誠監督によるアニメーション映画『言の葉の庭』の舞台化が発表された。本作は、イギリスと日本で異なる2つのカンパニーがそれぞれ制作する英日連携企画となっており、日本版では岡宮来夢・谷村美月が主演を務める。

新海誠の『言の葉の庭』が日英連携企画として初舞台化!日本版は岡宮来夢・谷村美月で

社会現象を巻き起こした『君の名は。』に続き、『天気の子』『すずめの戸締まり』と次々に記録的な大ヒット作を生み出し続ける新海誠監督が、2013年に公開した『言の葉の庭』。シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞するなど、高い評価を得た本作が、10周年となる今年、初の舞台化を果たす。

演出を手掛けるのは、ロンドン公演・東京公演とも、イギリスの新進気鋭の演出家であり、日本のアニメーション作品を原作とした舞台化の実績と日本文化への深い造詣を持つアレクサンドラ・ラター。

ラターは、英国のシアターカンパニー Whole Hog Theatreのアートディレクター・創設者で、初演出作品『Five Kinds of Silence』は、The Festgoers Awardの最優秀作品賞を受賞。2013年の『Princess Mononoke~もののけ姫~』は、宮崎駿が彼女の創造性と才能に触れて、自作の舞台化を初めて許諾したことでも注目を集めた。また、今年Bunkamura シアターコクーンにて上演された『ロミオ&ジュリエット』も手掛けている。

東京公演は、11月に岡宮・谷村の主演により上演。ロンドン公演はこれに先駆け、8月・9 月に現地キャストで上演されるとのこと。詳細は、続報を待とう。

 

舞台『言の葉の庭〜The Garden of Words〜』公演情報

【原作】新海誠監督作品『言の葉の庭』
【演出】アレクサンドラ・ラター(Whole Hog Theatre)

【ロンドン公演】2023年8月・9月 Park Theatre
【ロンドン公演 劇場公式サイト】https://parktheatre.co.uk/whats-on/the-garden-of-words

【東京公演】2023年11月
【出演】
岡宮来夢 谷村美月 ほか
【東京公演 公式サイト】http://gardenofwords-stage.jp/
【公式Twitter】@tgow_stage

(C) 舞台『言の葉の庭~The Garden of Words~』 2023
(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films







チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。