横原悠毅(IMPACTors /ジャニーズJr.)『ダッドシューズ』で舞台単独初主演


2023年1月から2月にかけて、LEGEND STAGE PRODUCE『ダッドシューズ』の上演が決定した。本作は、『春風外伝』『流星セブン ―暁の操り人―』『This is 大奥』『PRINCE KAGUYA』など、数々の時代劇エンターテインメントを作り続けてきた“レジェンドステージ”が初めて手掛ける現代劇。主演は横原悠毅(IMPACTors /ジャニーズJr.)が務める。横原はこれが舞台単独初主演となる。

“ダッドシューズ”と呼ばれていた古臭いデザインのシューズを、たまたま手に入れることになった主人公の若木と、そのシューズを手に入れた頃から若木の前に現れるようになった自信家の若者・マル、この2人のバディーストーリーを軸に物語は展開する。

横原が演じるのは、ダンサーを夢見てダンスチームに所属しながら、真面目でお人よしで引っ込み思案な性格が自らの夢を妨げるところもある主人公・若木役。チーム対抗による迫力のダンスバトルや、劇中に登場するフラッシュモブ、舞台に登場する歌姫の歌声に乗せて繰り出される歌&ダンスパフォーマンスなど、横原の持つパフォーマンス力に期待がかかる。

若木とは真逆の性格のうえにダンス技術も高く、ダンスを通じて若木と交流を深めていくマルの役には、俳優・ダンサーとして活躍するBOB、若木が挫けそうな時、たまたま出会うストリートミュージシャンの姫川役には、ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』、Eテレ『おとうさんといっしょ』で“うたのおねえさん“としても活躍する竹内夢が決定。さらに、バーンズ勇気、佐久間雄生、古賀雄大、宮原理子、小玉久仁子、MIKU、マツモトクラブ、秋本奈緒美が出演する。

LEGEND STAGE PRODUCE『ダッドシューズ』は、2023年1月26日(木)から1月31日(火)まで東京・シアター1010、2月4日(土)・2月5日(日)に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される。

コメント紹介

◆米山和仁(脚本・演出)

このダッドシューズは、夢を叶えようと奮闘する若者達を描いたエンターテインメント作品です。大いに笑い、大いに泣き、元気な気分で劇場を出て、明日への一歩を踏み出せる。そんな芝居を目指し脚本を書きました。
横原悠毅くんをはじめとする素晴らしいキャストの皆さん、そしてスタッフの皆さんとこの作品を作れる事を今からとても楽しみにしております。魂を込めたこの作品を、是非劇場に足を運んで楽しんでいただければ幸いです。

◆横原悠毅(IMPACTors/ジャニーズ Jr.)

今回、『ダッドシューズ』にて若木翔役として主演を務めさせていただく、IMPACTors の横原悠毅です。ダンサーを夢見る、真面目でお人よしで引っ込み思案な青年を演じるということで、普段の僕とはまた違う姿をお見せできると思います。ですがダンスが好きだと言うことは若木翔も僕も同じなので、ダンスへの情熱を芝居にぶつけられたらと思います。そしてこれを機にさらにダンスに磨きをかけ、更にダンスを好きになれたらと思っています。僕のことを知っている方にも知らない方にもぜひ見ていただきたいと思っています。

LEGEND STAGE PRODUCE『ダッドシューズ』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2023年1月26日(木)~1月31日(火) シアター1010
【大阪公演】2023年2月4日(土)~2月5日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

スタッフ・キャスト

【脚本・演出】米山和仁
【音楽】Meteor Lab Produced by miyake(mihimaru GT)
【監修・総監督】黒谷通生

【出演】
横原悠毅(IMPACTors/ジャニーズJr.)
BOB 竹内夢
バーンズ勇気 佐久間雄生 古賀雄大
宮原理子 小玉久仁子 MIKU
マツモトクラブ 秋本奈緒美

ほか

あらすじ

“若木翔”は、ダンスチーム「インビジブル」の一員として、日々練習に励むダンサー。
インビジブルはダンスチーム日本一を競うダンスリーグ「ダンスエモーションリーグ」への出場を目指すかたわら、フラッシュモブでチームの活動費を稼いでいた。
だがある日、若木はチームとの一件からダンサーを辞めようと、愛用のシューズを公園のゴミ箱に捨ててしまう。
しかし、ストリートミュージシャン”姫川舞美”の歌を聴き、もう一度挑戦しようと奮起。
シューズを取りに帰るも、すでにシューズは撤去されていた・・・。
途方にくれ、ダイナーで飲み明かす若木。見かねたダイナーのマスター“飯島史奈”は、店に長い間置き忘れられた1足のシューズを渡す。それは、ちょっとダサいシューズ・・・「ダッドシューズ」だった。
背に腹は変えられないと、“父親が休日に履くようなデザイン”の“ダッドシューズ”を履き、練習する若木。
すると、どこからかダンスのアドバイスを送る声が…声の先には“マル”と名乗る男がいた。
疎ましがる若木に、マルは「ダンスが上手くなる魔法をかけてやる」といい、指を鳴らした。
騙されたと思いながらも若木がステップを踏むと―自由に体が動くのだった!
家に帰ったあとも、ダッドシューズを履き練習する若木。やはりダンスが上達している。
喜ぶ若木は、再びダンスに向き合い始める。だが、それもつかの間・・・。

公式サイト

【公式サイト】http://legendstage.jp/dadshoes/
【公式Twitter】@LSdadshoes






チケットぴあ
横原悠毅(IMPACTors /ジャニーズJr.)『ダッドシューズ』で舞台単独初主演
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。