川平慈英・長野博・松岡充・鈴木壮麻らの『Forever Plaid』ファイナル公演開幕


2022年5月14日(土)にオフ・ブロードウェイ・ミュージカル『Forever Plaid(フォーエヴァープラッド)』2022年公演が東京・よみうり大手町ホールにて開幕した。初日前日に公開ゲネプロと取材会が行われ、川平慈英・長野博・松岡充・鈴木壮麻が登壇した。

本作は、スチュワート・ロス脚本によるオフ・ブロードウェイのミュージカルコメディで、1990年の初演以来、アメリカ各地で上演され、日本では2013年に翻訳版が初演。大好評を得て2016年に再演。さらに、2020年に通算100ステージを目指してファイナル公演へと準備を進めていたものの、コロナ禍により全公演の中止となってしまったが、ついに丸2年の期間を経て上演となる。

川平・長野・松岡・鈴木は、初演から代わらずの顔ぶれ。演出も、ミュージカルからストレートプレイまで多彩な作品を手掛ける板垣恭一が初演から務める。

物語の舞台は1964年のアメリカ。フランシス、ジンクス、スパーキー、スマッジの4人は高校時代に出会い、アメリカンドリームを夢見て男性4声によるコーラススタイルのグループを結成する。恋をする暇も遊ぶ暇もなく、大スターになることを夢見て奮闘する彼らに、ビックショーに出演できるというチャンスが巡ってきた。そんな彼らに思いもよらぬ悲劇が訪れる。自身初のビッグ・ショーの会場に向かう途中、4人を乗せた車とカソリックのティーンエイジャーで満員のバスが激突!4人は全員即死してしまう・・・。しかし今、果たせなかった想いと様々な天空の条件が奇跡を起こし、実現できなかった自分達のライブステージを成功させるべく、再び4人が地上に舞い戻る――。

取材会では、公演中止から丸2年を経ての初日を迎えた登壇者たちがそれぞれ挨拶を行った。川平が「中止を知らされた時も、絶対に再演があると確信してしました。絶対にまた一緒になれる間違いないと思っていたので、初日が現実になるのが本当に心からありがたく嬉しいです」と感謝を述べた。

長野は「こういう状況下なので、このタイミングでできるとは思っていませんでした。無事に初日を迎えられるんですけど、そういう中でこの会場に皆さんが来てくださるのが嬉しいですし、この舞台を見てもらって、楽しいエンタメって必要だなと思ってもらいたいです」と期待を寄せた。

松岡は「僕たちのForever Plaidも一瞬失いかけたものなんですが、それを取り戻すんだという強い気持ちがあれば、取り戻すことができるんだという思いのもとに、ずっと稽古も重ねてきました。この先も何が起こるか分からないということは覚悟しながら、だけどそれでも諦めないという思いでステージに立っていきたいと思います」と気を引き締めた。

鈴木は「稽古を重ねていく中で、この4人でしか紡ぎ出せない色、音、そうしたものをすごく感じて、この再々演にたどり着けたことをとても感謝しています。稽古も一回一回、今日で終わるかもしれないと思いながら、稽古をしてきているので、感慨深いです。今日が千秋楽がじゃないかというぐらい気持ちが高ぶっています。今も・・・」と途中から口ごもり、感極まって涙ぐんだ。さらに川平が稽古で4人が再会したことを振り返る中で鈴木が涙を見せると、川平たちが鈴木をハグするという4人の心のつながりの強さを見せるシーンも。

そして、ファイナルとなる本公演。そのことについて川平は「泣いても笑ってもラストです。“ファイナル2”ってのがもあるかもしれませんが(笑)。でもファイナルなので有終の美をしっかり飾りたいです」と冗談を交えながら意気込んだ。

演出面や稽古についても、コロナ禍の影響を受けたと話す登壇者たち。川平は「演出の板垣さんと考えて、以前にお客さんと遊んでいたコーナーも変更しています。1番キツかったのは、稽古中はマスクだったので、高地トレーニングのような酸欠状態になっていました。でもマスクのおかげで逆に鍛えられたと、ポジティブに捉えています」と打ち明けつつ、初演と比べて「ハーモニーのレベルは確実に上がりました。リピーターの方も初めての方も、このハーモニーが心地良いというのを間違いなくお届けできます」と自信を覗かせた。

長野は「マスクしていると声がこもるので、音を取るのに全然違うんです。劇場に来て、マスクを取って併せたんですけど、それが日常だったじゃないですか。そこであらためて日常って本当に素敵なんだなとなりますよね」と思いを明かした。松岡も長野の言葉に同調しながら「稽古場でマスクをしているので、音楽監督からダメ出しがくるんですけど、本当は絶対に合っているんですよ。それで腹が立って。こっちは何年歌っていると思っているんだって(笑)」と稽古を振り返った。

鈴木は「台本を読み込みながら9年間やってきたつもりだったのに、読み込んでみると、気づきとかがいっぱいあって、そこのところ、演劇的に演出の板垣さんにいろいろと導いていただきました。前回とは違うテイストでポイントがくっきりしてきて、いい感じになっています」とアピールした。

会場からタイトルにちなんで、フォーエバーなものを尋ねられると、川平は「今、人と人との距離が縮まるところが離れていって、人のために動くとか献身するとか、なかなか寛容になれない時代なので、お互いに寛容である素晴らしさがフォーエバーになればいいなと思います」と回答。長野は4人の関係性と答え、「例えば僕が還暦迎えても、同じような関係性でいられると思います。少年だと思いますよ、ずっとこの4人は」と4人の絆の強さを訴えた。

松岡は「諦めない気持ち、それこそForever Plaidの4人のように魂が帰ってこられるかもしれない。そんなことも期待しながらフォーエバーでいたいと思います」とコメント。鈴木は「美しさでしょうか。絆にしても音にしても、舞台そのものにしても美を追究するということが、永遠のアグレッシブな力となって、人間って前に進んでいっているような気がします」と語った。

取材会の最後に、川平は「本当に楽しくてお面白くて、格好良くて、やんちゃで、憎めなくて、本当にオモチャ箱をひっくり返したような素晴らしい作品で、最後にはほっっこりできるすばらしいショーです。それを皆さんと最高のレベルで共有できるはずなので、劇場でお待ちしております」と呼びかけた。

情熱的に輝かしく歌い上げる川平、ハートフルに優しげな歌声で魅せる長野、ロックにアグレッシブにキメる松岡、確かな歌唱力でグレイトフルなパフォーマンスを披露する鈴木と、それぞれ持ち味の違う魅力が、珍しい男性の四部合唱という形で見事な化学反応を起こす。

“プラッド”の名が示す格子縞の衣装に身を包んだフォーエバーな4人が、様々なジャンルの20曲以上のミュージカル・ナンバーでステージを極彩色で彩り、彼らを演じる4人の絆の強さを存分に感じられる本作。4人の織りなす極上のハーモニーが本当に心地良く、ゴージャスにエンタメしている楽しいミュージカル作品だ。

初演から変わらぬゴールデンメンバーが再々集結した奇跡のハーモニーグループ“Forever Plaid”。4人の絶妙で極上なハーモニーを心ゆくまで堪能できるファイナルにふさわしい公演が幕を開ける。

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『Forever Plaid(フォーエバープラッド)』は、5月14日(土)から5月31日(火)まで東京・よみうり大手町ホールにて上演。その後、神奈川・宮城・山形・大阪・広島・久留米・金沢・愛知・東京凱旋公演を行う。

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『Forever Plaid(フォーエバープラッド)』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2022年5月14日(土)~5月31日(火) よみうり大手町ホール
【神奈川公演】2022年6月2日(木) やまと芸術文化ホール メインホール
【宮城公演】2022年6月5日(日) 名取市文化会館 大ホール
【山形公演】2022年6月7日(火) やまぎん県民ホール 大ホール
【大阪公演】2022年6月11日(土)~6月13日(月) サンケイホールブリーゼ
【広島公演】2022年6月16日(木) 広島JMSアステールプラザ 大ホール
【久留米公演】2022年6月18日(土)~6月19日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【金沢公演】2022年6月23日(木) 本多の森ホール
【愛知公演】2022年6月25日(土)~6月26日(日) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【東京凱旋公演】2022年6月30日(木) 有楽町よみうりホール

スタッフ・キャスト

【作】スチュワート・ロス
【翻訳】小田島恒志
【訳詞】高橋亜子
【演出】板垣恭一
【音楽監督】岩崎廉
【振付】本間憲一

【出演】
フランシス:川平慈英
ジンクス:長野博
スパーキー:松岡充
スマッジ:鈴木壮麻

Narration:ジョン・カビラ

<Band>
Piano:阿部篤志 Bass:三枝俊治 Percussion:大嶋吾郎/大山桂佑

【公式サイト】https://www.forever-plaid.com/
【公式Twitter】@foreverplaid_jp




チケットぴあ
川平慈英・長野博・松岡充・鈴木壮麻らの『Forever Plaid』ファイナル公演開幕
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。