Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ


2022年4月6日に東京・新橋演舞場でSnow Manの岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介が主演を務める『滝沢歌舞伎ZERO 2022』が開幕した。同日に初日前会見と公開ゲネプロが行われ、Snow Manが開幕に向けての意気込みや稽古場での様子などを語った。

2006年に誕生した『滝沢演舞城』として誕生し、2019年にSnow Manに受け継がれた『滝沢歌舞伎ZERO 2022』。2020年には映画化も果たし、興行収入20億円を超える大ヒットに。新作となる今回。Snow Manの他、次世代を担うジャニーズJr.のIMPACTorsの佐藤新、基俊介、鈴木大河、影山拓也、松井奏、横原悠毅、椿泰我らも出演、これまで2010年の『滝沢歌舞伎』より演出を担い、2016年には「鼠小僧」の脚本を担当してきた滝沢秀明が今回も演出を務めている。

Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ

新曲も含めた歌やダンス、見応えたっぷりの腹筋太鼓も健在。さらにアクロバティックな殺陣や「連獅子」に挑戦した歌舞伎など、1つの舞台でさまざまなエンターテインメントが堪能できる舞台となっている。他にも、腹筋太鼓や殺陣などで舞台にさらなる彩りを加えているIMPACTorsが、目黒がスタイリングした衣装を着て、岩本の振り付けしたパフォーマンスを披露する姿にも注目だ。

Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ

Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ

公開ゲネプロのあとに行われた会見はSnow Manが登壇し、岩本の「無事初日が迎えられること、本当に嬉しく思います」というあいさつから始まった。見どころ盛り沢山の本公演だが、その中でも特に注目なのが「連獅子」。阿部は「歌舞伎界でもこの演目をやれるのはすごい光栄なことだから、9人でできてうれしいです。毛の振り方にもコツがあって、習得するのが大変でした」と喜びつつ大変さも明かす。そして、重さ約3kgのカツラで行っているということで、渡辺は「今もちょっと首が痛い。でも僕らが頭を回すことで換気ができて良いと思いました(笑)」とその大変さを明かしつつ笑いを誘った。

また、9人が息を合わせて20回以上の「毛振り」は圧巻だが、佐久間は「これだけの人数で連獅子を踊るのは、なかなかないことだと聞きました。人間の限界に挑戦し、命を削りながら頭を振っています!」と笑顔で語った。そして、サイズに合っているものを回さないと意味がないということで特注したものが出来上がったのがギリギリだったこともあり、本番までに「毛振り」を揃って練習できたのは数回だったとか。また、身長に合わせて髪の長さが変わるということで、ラウールが「僕一番ロン毛でした」と、その分重さに苦労した様子。そんなラウールに対し佐久間が「いやでも、頑張ってたよ」と言うと、深澤から「佐久間、一番短いもんな」とツッコミが入る一幕も。

Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ

「連獅子」や腹筋太鼓など体力的に大変な演目が続くが、そのためにそれぞれ鍛えているようで、特に「楽屋とかで、ダンベルでめちゃめちゃ筋トレしてる」と佐久間に明かされた渡辺は「ジムのトレーナーさんに楽屋でできる筋トレのメニューを考えてもらって、それを楽屋でやるように。だから今楽屋にダンベルとか置いてあります」と明かす。そんな渡辺に佐久間は「腹筋太鼓のときに横の面が見えるじゃないですか。ここ(肩から腕まわり)の厚みが全然違うんですよ! すごく分厚いんです」と褒めちぎり、渡辺は「でも岩本っていう最強のパーソナルトレーナーがいるので、何かあったら照に頼ります」と照れたようにコメントした。

そんな中、渡辺も他メンバーの楽屋での様子について「僕、見かけたんですけど、ラウールとめめ(目黒)は楽屋に布団購入してました」と暴露。ラウールは「リラックスを極めようってことで。ここにもう家を作っちゃうみたいな感じで(笑)」と、これまた『滝沢歌舞伎』を最後まで駆け抜けるための秘策を明かした。

ジャニーズJr.時代から『滝沢歌舞伎』に参加している目黒は「『滝沢歌舞伎』に帰ってくると、本当にジュニアの頃からお世話になっていた場所なので、いろんなことを思い出しますし、ここに戻ってくるといろいろなことを思い出します。IMPACTorsもいるので、後輩たちに良い背中を見せられれば」と意気込み。深澤も「今回(演出の)滝沢くんは、僕らに任せてくれた部分が多かったので、Snow Manに託してくれたものを、今度は後輩に伝えたい」と力強くコメントした。

そして最後に、岩本が「過去と未来が交錯する、特別な時間が流れているのがこの『滝沢歌舞伎ZERO』です。新橋演舞場で交差するエネルギーを受け取って、そのパワーを周りの方に分けてあげてください」とメッセージを送り、会見を締めくくった。

Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ

『滝沢歌舞伎ZERO』は5月16日(月)まで新橋演舞場で上演。上演時間は第一幕が70分、休憩30分、第二幕が60分の計約2時間30分の予定だ。

(取材・文・撮影:エンタステージ編集部3号)

公演情報

上演スケジュール

2021年4月6日(水)~5月16日(月)
新橋演舞場

出演

<Snow Man>
岩本照
深澤辰哉
ラウール
渡辺翔太
向井康二
阿部亮平
目黒蓮
宮舘涼太
佐久間大介

<IMPACTors>
佐藤新
基俊介
鈴木大河
影山拓也
松井奏
横原悠毅
椿泰我

スタッフ

Eternal Producer:ジャニー喜多川
演出:滝沢秀明

ほか

主催

© SHOCHIKU Co.,Ltd. All Rights Reserved.

公式リンク

公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/takizawakabuki-zero-2022_enbujo/



チケットぴあ
Snow Manが命を賭けた圧巻のパフォーマンスを披露!『滝沢歌舞伎』公開ゲネ&会見レポ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。