『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」


京都・南座での公演を終えた『虎者 NINJAPAN 2021』の東京公演がスタートした。2021年11月3日(水)の初日前には公開ゲネプロと会見が東京・新橋演舞場にて行われ、Travis Japan(ジャニーズJr.)の宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也、松田元太、松倉海斗が登壇した。

『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」

『虎者 NINJAPAN』はTravis Japan初の単独主演で忍者をモチーフとした和のエンターテイメントとして2019年11月に初演。2020年10月に行われた『虎者 NINJAPAN 2020』は、新橋演舞場のコロナ禍での演劇公演再開後、初舞台として配信公演も行い話題を集めた。

3回目となる今回も、演出を滝沢秀明が、SHOWTIMEの振付は屋良朝幸が引き続き担当。さらにジャニーズJr.のIMPACTors(佐藤新、基俊介、鈴木大河、影山拓也、松井奏、横原悠毅、椿泰我)に加え、松田リマ、長谷川純らが出演している。

『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」

ゲネプロでは、忍者をモチーフにしたスタイリッシュな衣装に身を包んだメンバーがキレのあるダンスやアクロバティックな殺陣、迫真に迫る演技で観客を一気に引き込んでいった。また、お馴染みのトランポリンは昨年の公演より高さも迫力もパワーアップしておりパフォーマンススキルの高さを見せつける。さらに、SHOWTIMEでは本作品のテーマソングにもなっているダンスフルな「BIG BANG BOY」を歌いエンターテイメント性に富んだステージを展開した。

『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」

会見では、宮近が「このような状況下でも感染対策をばっちりして“生でお届けできる”という事が感謝。それは7人だけではできない事でお客さんやスタッフ、1人1人がこのショ―のためにつらいことを乗り越えて来てくれたから。初日を迎えられて嬉しいです。僕たちのパフォーマンスを色々な人たちに届けて勇気を与えて、日本・世界が元気になればいいなと。躍進します!」と公演への意気込みを語った。

今回、本作序盤にメンバーが赤と青のチームに分かれ、それぞれパフォーマンスを披露するのだが、青忍者が躍る「Bring Back」がセクシーな振りとなっていた。振付は七五三掛が担当したそうで、「サビ部分の踊りを曲名と英語のBADにちなんで“BBダンス”と名付けた」そう。しかし、メンバーたちにはその話をしていなかったようで、会見で初公開となり周囲を驚かせていた。

『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」

テーマソングである新曲「BIG BANG BOYS」については滝沢から「BIGなBIG BANG BOYSになれ!」と言われたと明かし、全編英語の歌詞ということからも“世界に通用するグループになれ”という想いを感じたと語った。

昨年よりもパワーアップしているパフォーマンスに関しては、自分たちのYouTubeチャンネル「+81 DANCE STUDIO」で培われたダンスの技術と想いをメンバー間で共有出来ていたことが大きかった様子。川島は「舞台のリハーサルや本番に対してダンスで疲れた!となることが減り、その分の体力を立ち回りやトランポリンに活かせました」とコメント。

『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」

昨年よりもぐんっと高くなった本公演の見どころの1つでもあるトランポリン(本公演では5.5mの高さ)について難しさを問われたメンバーたちは「高さよりも精神的な方が怖いんです。失敗するとメンタル的に響くので、どれだけカバー出来るかが重要。メンバーが袖で待って見守ってくれていて、メンバーの温かさに助けられていますね」とメンバー間の信頼関係の強さをアピールした。

また、来年の干支が寅年という事もあり“トラ”に縁のあるメンバーたちは「Travis Japanの年にしたい」と来年の抱負を掲げ、川島が「目標は大きくデビューしたいです!」と言うとメンバー全員で「来年は寅年!デビューするぞー!」と笑顔で高らかに腕を上げた。

『虎者 NINJAPAN 2021』東京公演スタート!寅年に向けTravis Japan「躍進します!」

最後に宮近が「今回3年目という事で、僕らも色々な人に見て欲しいという想いに対してファンの方々が僕らに愛をくれていて、そのサポートがあったからこそ無事京都公演や地方公演が叶いました。再演が出来ることはあたり前ではないので、何回も続けられるのはファンの皆さんのサポートと愛があったから。その感謝を口だけではなくステージ上で返せたらなと思っています。本日が初日ですが、最後までファンの皆さんの愛に恩返しできるようにがんばります!」とファンにメッセージを贈り、会見を締めくくった。

『虎者 NINJAPAN 2021』は、11月3日(水)から11月16日(日)まで東京・新橋演舞場、12月1日(水)から12月8日(日)まで愛知・御園座、12月11日(土)から12月12日(日)まで広島・広島文化学園HBGホールで上演。

(取材・文・撮影/カヤシマヒデミ)

『虎者 NINJAPAN 2021』

上演スケジュール

【東京公演】2021年11月3日(水)~11月27日(木) 新橋演舞場
【愛知公演】2021年12月1日(水)~12月8日(水) 御園座
【広島公演】2021年12月11日(土)~12月12日(日) 広島文化学園HBGホール

スタッフ・キャスト

【出演】
<Travis Japan>宮近海斗 中村海人 七五三掛龍也 川島如恵留 吉澤閑也 松田元太 松倉海斗

<IMPACTors>佐藤新 基俊介 鈴木大河 影山拓也 松井奏 横原悠毅 椿泰我
松田マリ
長谷川純

【Eternal Producer】ジャニー喜多川
【演出】滝沢秀明

【公式サイト】https://www.ninja-pan.jp/

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。