「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート


2021年10月9日に東京・日生劇場で京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』が開幕した。ディズニーの大ヒットミュージカルで、小池修一郎による新演出で昨年5月から6月にかけて日本初演される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止に。ようやく初日を迎えることができた本作には、京本の他、咲妃みゆ、松岡広大、加藤清史郎、霧矢大夢、松平健らが出演している。今回、開幕を前に行われた公開ゲネプロの模様をお伝えする。

ボブ・ツディカーとノニ・ホワイトが脚本を手掛けた同名映画を原作に、ブロードウェイではディズニー・シアトリカル・プロダクションズの製作により初演された本作。1899年のニューヨークを舞台に、新聞販売の少年たち“ニュージーズ”の奮闘を描いており、『美女と野獣』、『アラジン』、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』など数々のヒット作を生み出しているアラン・メンケンが音楽を、ジャック・フェルドマンが作詞を、そしてハーヴェイ・ファイアスタインが脚本を務め、美しいメロディーと躍動感溢れるダンス・ナンバーが盛りだくさんのミュージカルとなっている。そして、今回、演出/日本語訳/訳詞を小池が手掛け、新演出版として日本初演される。

“ニュージーズ”のリーダー的存在であるジャックは京本が演じており、若き女性記者で、“ニュージーズ”を応援するキャサリン役を咲妃、ジャックの弟的存在で足の不自由な孤児クラッチー役を松岡、“ニュージーズ”の一員でありながら少し他の少年たちとは異なるバックグラウンドを持つデイヴィ役を加藤が務めている。また、バーレスクのスターでジャックの絵の才能や人柄を認める人物メッダ役で霧矢、そして利益のために“ニュージーズ”への新聞の卸値を引き上げようと画策する新聞社オーナー・ピュリツァー役を松平が演じ、フレッシュな若手とベテラン勢が“小さな商人”たちの物語を描き出している。

「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート

物語は、足の不自由な友人クラッチーと行動を共にする少年・ジャックが、いつかニューヨークを出てサンタフェへ行くという夢を抱き、その心情を語り、歌う場面から始まる。冒頭から京本と松岡による美しく清らかな歌声を堪能することができ、貧しい生活の中での“みすぼらしさ”など感じさせない爽やかな風が吹き抜けていく。ニュージーズの面々が揃い、歌い踊る姿はさらに眩しいほどの輝きを見せ、息のあったバネのあるしなやかな踊りと快活さのある歌声で会場を包みこんだ。新人としてデイヴィとその弟・レスが加わってからは“キュート”さも増し、観客の心を掴んでいく。本作は何と言ってもニュージーズたちの色鮮やかな群舞が一番の見所となっているだろう。

そんな貧しくも懸命に生きていく少年たちの前に立ちはだかるのは、「ワールド」紙のオーナーであるピュリツァーたちだ。他社より儲けようと、販売価格は据え置きでニュージーズへの新聞卸値を引き上げることを企て、新聞100部あたり50セントの卸値が、60セントに値上がりしてしまったことで、ジャックが自分たちの生活と権利を守るべく、ニュージーズを率いストライキを決行することに。そして、新聞記者キャサリンはジャックの姿に心を動かされ、ストライキを追いかけ取材することを決意する・・・という権力者とニュージーズたちの“戦い”の模様が描かれていく。

「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート

主演を務める京本が演じるのは、仲間を守る優しさと仲間のために決断ができる強さを持つジャック。大人が仕掛けてくるさまざまな障壁を乗り越え、ニュージーズを引っ張っていく姿は頼もしく、力強く、ディズニーの主人公にぴったりな特別なオーラを纏っているように見え、説得力のある主人公像を見事に体現。少年のきらめきに溢れたニュージーズの中でもより強い光を放っていた。

京本は今作について「人生最大のチャレンジと言っても過言ではない程、高く大きな壁を目の前に感じながら日々稽古してきました。『ニュージーズ』を知っている方からすれば、ジャックと僕のイメージはかけ離れていると思いますが、僕だからこそ演じられるジャックを必ず皆様にお届けしたいです」と語り、「これから長丁場になりますが、エネルギッシュでパワフルなカンパニーと共に、最後まで駆け抜けたいと思います」と意気込んでいる。

「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート

また、自分の信念を貫き、ジャックたちの“戦い”を支え、後押ししていくことになる女性新聞記者・キャサリンを演じる咲妃は「昨年4月に涙を飲んでから今日まで開幕を願いに願い続けて1年以上。多くの方々のご尽力あってこそ、ようやくここまで辿り着けたのだと感謝の気持ちでいっぱいです」と、やっと「怯むことなく立ち向かう勇気、支え合い助け合う中で育まれる強い絆・・・胸が熱くなるシーンに溢れた素晴らしいミュージカルだと感じています。ご覧くださる皆さまに笑顔と心の栄養をお届け出来ますように・・・。劇場でお待ちしております!」とメッセージを送る。

さらに、片足の不自由なクラッチーを違和感なく演じる松岡は「遂に幕が上がります。感に堪えないとはまさにこのことです。苦節の月日が流れました。お客様と共に辛抱をしました。これまでの皆様の憂色をどうにかして晴らしたいと思っています」と語り、ニュージーズの“ブレーン”のような役割も持つデイヴィ役の加藤は「こうしてようやく皆さんの元へ『ニュージーズ』をお届けできると思うと、「この日のために、これまでの涙や汗があったのかもしれない」なんて思ったりして。ワクワクとドキドキが止まりません。『ニュージーズ』を通して、少しでも多くの方が元気になってくれたら、それ以上に幸せなことはありません。大我ジャックの”FOREVER NEWSIES”という言葉を信じてきて本当に良かった。最後まで突っ走らせて下さい!!」と力強く語っている。

「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート

そして、ジャックの才能を認め、ニュージーズの活動を応援する劇場支配人のメッダを妖艶に演じている霧矢は「昨年の中止という雪辱から、パワーアップしていよいよ『ニュージーズ』日本版が開幕します。私が演じるメッダは、ジャック、キャサリン、ニュージーズ達を支え、見守る立場ですが、親心の如く、自慢の若者達を早く皆さまの前にお披露目したくてウズウズしています。メッダの劇場シーンでは、華やかに、貫禄たっぷりに『That’s Rich』を歌わせて頂きます」とコメント。

「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート

今作では“敵役”として描かれるピュリツァーを貫禄たっぷりに演じる松平は「ピュリツァーは若きパワーのニュージーズたちに立ちはだかる権力者の象徴です。少年たちのリーダー・ジャックとの対決では、底知れぬ若いエネルギーと底の厚い老巧なエネルギーのぶつかり合いをお楽しみいただきたいと思います。挑み来る少年たちとの熱い戦いを通して、近代アメリカのニューヨークという未成熟な街の魅力、そこで生きる者たちの未完成ながらも果てしない情熱も併せてご覧いただけたらうれしいです」とメッセージを送っている。

日本初演となる京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』は下記の日程で上演。上演時間は、第1幕1時間15分、休憩25分、第2幕1時間10分の計2時間50分を予定している。

(写真提供=東宝演劇部)

ミュージカル『ニュージーズ』公演情報

公演スケジュール

【東京公演】2021年10月9日(土)~10月30日(土)
【大阪公演】2021年11月11日(木)~11月17日(水)

キャスト

【出演】
京本大我(SixTONES)、咲妃みゆ、松岡広大、加藤清史郎、霧矢大夢、松平健

増澤ノゾム、桜⼀花、⽯川新太、松澤重雄、

平野亙、瀬野和紀、⽥村雄⼀、鮫島拓⾺、栗⼭絵美、遠⼭さやか、
新井智貴、⼤井新⽣、鯨井未呼⽃、酒井航、清⽔錬、白石拓也、
扇国遼、髙橋慈⽣、⽥中隆雅、中桐聖弥、新原泰佑、畑中竜也、
早川一矢、廣瀬喜一、廣瀬孝輔、廣⽥佳樹、本⽥⼤河、松平和希、
吉⽥倭⼤、⽶澤賢⼈、脇卓史、渡辺崇⼈、鈴木大菜
※早川一矢は怪我のため休演。

生出真太郎、西田理人 、ポピエルマレック健太朗

スタッフ

【作曲】アラン・メンケン
【作詞】ジャック・フェルドマン
【脚本】ハーヴェイ・ファイアスタイン

【演出/日本語訳/訳詞】小池修一郎

【公式サイト】https://www.tohostage.com/newsies/

チケットぴあ
「人生最大のチャレンジ」京本大我主演ミュージカル『ニュージーズ』ついに開幕!公開ゲネプロレポート
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。