坂本昌行・海宝直人で13人を演じ分け『マーダー・フォー・トゥー』6年ぶりの再演決まる


2022年1月に、オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『MURDER for Two マーダー・フォー・トゥー』の再演が決定した。本作は、2人のキャストで13役を演じ、同時にピアノの弾き語りが披露されるという、今までにないミュージカルスタイルを取った作品。日本での上演は約6年ぶりとなり、初演時に第24回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞した坂本昌行と、海宝直人の組み合わせで上演される。

2013年にオフ・ブロードウェイのニュー・ワールド・シアターで公演された本作は、ニューヨーク・タイムズ紙に「この傑作ミュージカルコメディを見逃すな!とにかく巧い!Murder For Two は“粋”で、抜群の楽曲に彩られたコメディミステリー!!」と称賛され、2016年には日本人キャスト版を公演。第24回読売演劇大賞では優秀男優賞及び優秀スタッフ賞を受賞した。

音楽と騒乱と殺人事件が、完璧な配分でブレンドしたミュージカル。シンプルなセットの中で存在感を放つ1台のピアノを中心に、時に語り、時に演奏し、時に歌いながら、職業も性別も違う13人のキャラクターを坂本・海宝のたった2人で演じきることとなる。

6年ぶりのカムバックに向け、坂本は「初演から6年経って、再演のお話をいただき、嬉しさよりも当時の辛さや怖さが蘇ってきました(笑)。ですが、だからこそ乗り越えた時、また最高の気分が味わえると思っています。今までに観たことのないミュージカル、そして、一度観たら癖になる作品をお届けします。僕と海宝くん2人ですべてこなすミュージカルを、お楽しみに」とコメント。

海宝も「坂本さんと二人だけでつくるミュージカルと聞いただけで、絶対楽しいと思いました。演出のスコットさんとも以前別の作品でご一緒していたのでとても幸せです。様々な役を演じられる坂本さんの演技を受けて、自分もどう返せるかが楽しみです。皆様にぜひ観に来ていただき、思い切り笑っていただき、最高に楽しんでもらえる舞台にできるようがんばります!」と意気込みを寄せた。

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『MURDER for Two マーダー・フォー・トゥー』は、2022年1月8日(土)から1月23日(日)まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演後、大阪・仙台・松本を巡演する。

あらすじ

偉大なアメリカ人作家のアーサー・ホイットニーが、自らのバースデーパーティーの席で銃に撃たれ、致命傷を負って殺された。現場から1時間と、最も近い町にいた新米刑事マーカスは、寡黙な相棒のルーを引き連れ現場に向かう。個性豊かな容疑者たちが立ちはだかる。

犯人はアーサーの有名女優の妻ダリアか?それとも第一容疑者として疑われている、プリマドンナのバレットか?はたまた馴れ馴れしい態度で接してくる、精神科医のグリフか?ベテラン刑事が到着するまでの限られた時間の中で、事件を翻弄する容疑者たち。

果たしてマーカスは真犯人を見つけることができるのか?時間は限られている、急げマーカス!逃げ切れるか真犯人!

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『MURDER for Two マーダー・フォー・トゥー』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2022年1月8日(土)~1月23日(日) Bunkamuraシアターコクーン
【大阪公演】2022年1月26日(水)~2月1日(火) 森ノ宮ピロティホール
【仙台公演】2月8日(火)、9日(水)仙台電力ホール
【松本公演】2月12日(土)、13日(日)キッセイ文化ホール 長野県松本文化会館 大ホール

スタッフ・キャスト

【出演】
坂本昌行 海宝直人

【作】KELLEN BLAIR
【音楽】JOE KINOSIAN
【演出】SCOTT SCHWARTZ&J.SCOTT LAPP
【翻訳】北丸雄二 
【訳詞】高橋亜子
【音楽監督】岩崎廉
【振付】本間憲一

【公式サイト】https://www.murderfortwo.jp/
【公式Twitter】@murder_JP_2022

チケットぴあ
坂本昌行・海宝直人で13人を演じ分け『マーダー・フォー・トゥー』6年ぶりの再演決まる
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。