マーダーミステリーシアターって?『演技の代償』Replayシステムを解説


2021年7月17日(土)・7月18日(日)・7月19日(月)に生配信される、マーダーミステリーシアター『演技の代償』Replayより、スポット映像が到着した。本作は、総勢36名の出演者が、各回まったく違う組み合わせで全編アドリブの「一発本番の即興演劇」に挑むオンライン体験型ステージ。

マーダーミステリーシアターとは、「人狼ゲーム」「脱出ゲーム」に続く体験型推理ゲームのこと。プレイヤーにはそれぞれの役と“使命”が与えられ、その人物を演じながら殺人事件の真相を解き明かしながら、先の読めない心理戦を繰り広げていく。

出演者のアドリブ演技によって、毎回、物語の進行は激変。犯人だと疑う人物を投票で決定。鑑賞する際に視聴ページを選択することでき、登場人物6名のうち1名と運命共同体として「秘密」も共有しながら、同じ目線で推理を楽しむこともできる。もちろん、登場人物たちの「秘密」を事前に一切知ることなく、全体を俯瞰した鑑賞も可能だ。

公開されたスポット映像では、本作のゲームシステムを解説し、作品の楽しみ方や魅力がナビゲートされている。また、今年2月に行われた公演の魅力が詰まった海外向けプロモーション動画も併せてチェックしておくと、より理解を深めることができるので、要チェック。

【7月17日(土)14:00生配信】
大原優乃 小野塚勇人 綺咲愛里 佐野瑞樹 津田健次郎 ゆうたろう
【7月17日(土)19:00生配信】
伊藤あさひ 稲葉友 竹中直人 松田岳 宮地真緒 優希美青
【7月18日(日)14:00生配信】
秋山ゆずき 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) 坂井真紀 高野洸 塚地武雅 森田甘路
【7月18日(日)19:00生配信】
筧美和子 北園涼 京典和玖 釈由美子 西村和彦 水野勝
【7月19日(月)14:00生配信】
小林顕作 小松利昌 佐藤江梨子 高橋健介 綱啓永 横山由依
【7月19日(月)19:00生配信】
浅川梨奈 尾上右近 笠原秀幸 花乃まりあ 立花裕大 中村米吉

※制作上の都合により、7月18日(日)19:00生配信に出演を予定だった暁零士役の岐洲匠は京典和玖に変更

なお、7月31日(土)23:59までの期間限定でアーカイブ配信も行われる。チケットは、本公演の視聴チケットのほか、出演者のトークセッションも視聴できる「感想戦」付きチケットもあり。

「感想戦」とは、本公演終了後に出演者同士で自分達の戦いを振り返るトークセッションで、それぞれのキャラクターの背景など本公演だけでは見えなかった部分を掘り下げることで、より本公演を楽しむことができる。

【チケット種類・金額(税込)・公演時間】
本公演:3,800円/公演時間:約90分
本公演+感想戦:5,800円/公演時間:約110分
<早割>本公演+感想戦:5,200円/公演時間:約110分
感想戦のみ(当日):2,300円/公演時間:約20分

◆チケット発売期間:7月31日(土)21:00まで
【早割】チケットのみ7月10日(土)23:59まで

◆アーカイブ配信期間:7月31日(土)23:59まで(予定)

◆プラットフォーム: SPWN(https://spwn.jp/)
※今後、イープラスでも販売予定

あらすじ

演劇『鈍色のチョーカー』のプロデューサー・豊島万里は異例のロングランとなった東京公演の慰安も兼ねて、舞台の主要メンバーを北軽井沢の山中にある別荘へ招待する。集まったのは、主演女優の朝霧サキ、共演の京本まひる、同じく共演した暁零士、脚本・演出家の辻岡恭子、朝霧と京本のマネージャー・梅崎歩、豊島が経営する劇場の管理人・桃谷雄一郎、そして豊島の7人。二日目の夜、大雪に見舞われ孤立した別荘で主演女優が殺害された。外部への連絡手段も遮断され、取り残された6人は全員が容疑者となり、真犯人を探しはじめる――。

【公式サイト】http://murdermysterytheater.jp
【公式Twitter】@mmtheater2021

チケットぴあ
マーダーミステリーシアターって?『演技の代償』Replayシステムを解説
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。