「これがモルック!」植田圭輔、高崎翔太が虜になったあのスポーツがついに番組化


植田圭輔、高崎翔太らが出演するスポーツバラエティ番組『あつまれっ!炎のモルックリーグ!』の制作が決定した。植田は、6月14日に日本モルック協会の公式アンバサダーに就任。番組内では、「植田圭輔&上田堪大」「高崎翔太&小野健斗」「小南光司&田口涼」の3チームでリーグ戦が行われる。

モルックとは、プレイヤーが「モルック」と呼ばれる木製の棒を投げて、スキットルと呼ばれる木製のピンを倒すゲーム。スキットルの倒れた本数と、そこに書かれた数字により点数を競い、得点の合計がちょうど50点になったプレイヤー(チーム)の勝利となる。最近ではテレビや雑誌で取り上げられる機会が増え、注目を集めるスポーツとなっているほか、2.5次元作品などで活躍する俳優たちの間でもプレーする人が続出している。

3チーム6名の総当たり戦で行われるリーグ戦では、各チーム4戦ずつ合計6戦を戦い、優勝チームを決める。個人の技術も大事だが、チーム戦では戦略も勝利のカギ。また、ミニコーナーには柏木佑介も登場し、番組を盛り上げる。

昨年からモルックを好きになったという植田は、「もっともっと仲間が増えますようにと思っていたので、番組ができたこと、この番組を多くの人に楽しんでもらえることはとっても嬉しいです!もちろん番組として面白く仕上がることを考えつつ、でもゲームになると全員超ホンキになりました(笑)。『これがモルックです!』収録中にみんなが何度も口にした台詞ですが、これが観ている皆さんにも伝わりますように!」と喜びのコメントを寄せた。

すでに撮影を開始されており、公式サイト・公式Twitterもオープン。今後の動向に注目だ。視聴方法は、近日発表予定とのこと。

コメント紹介

◆上田堪大
僕は、実はみんなとより仲良くなることや、みんなに会えるという理由からやってみたモルックだったんです。そんなきっかけで始めたモルックも、今では単純にモルックをやりたい!という気持ちが強くて、出演させていただけることを知り、めちゃくちゃ嬉しかったです。モルックはやってみるとわかるのですが、本当に奥が深いんです!誰にでもできるので、 多くの人に興味を持っていただけるよう、モルックの楽しさをお伝えしたいです。

◆植田圭輔
昨年からモルックを好きになって、自分で楽しみつつ「もっともっと仲間が増えますように」と思っていたので、番組ができたこと、この番組を多くの人に楽しんでもらえることはとっても嬉しいです!もちろん番組として面白く仕上がることを考えつつ、でもゲームになると全員超ホンキになりました(笑)。
そんな僕たちの本気姿を見せること、 そしてモルック楽しさを多くの人にお伝えできるような、そんな番組になるよう願いを込めて収録に参加しました。「これがモルックです!」収録中にみんなが何度も口にした台詞ですが、これが観ている皆さんにも伝わりますように!

◆小野健斗
「え、 俺でいいの?」とまずはじめに思いました。未経験ではなかったし、モルックの面白さを知っていたので、参加する事ができて本当に嬉しかったです。そして誘ってくれた圭輔に感謝しています!モルック経験でいうと1番浅いとは思うのですが、自分でいうのも変だけど、この手の競技にはセンスある方だとは思うので、何故か負ける気がしません(笑)。大口叩いてるけどお気になさらずご覧になってほしいです。さぁ、どんな勝負になるのか、 お楽しみに!

◆柏木佑介
モルック番組出演のお話にテンションが上がりました!!大好きな仲間と大好きなモルックを真剣にやれる機会を頂けてすごく嬉しかったです。レギュラーの座を狙っていますので、 たくさんの方に観て頂けたら嬉しいです!

◆小南光司
純粋に先輩方とモルックが出来ることが嬉しかったです。植ちゃんに誘って頂いて始めたモルック。かなりどっぷりとハマってしまい、さらにはそれをお仕事で出来る。こんな喜びありません。ありがとうございます!植ちゃん!モルックを知ってる君も、知らない君も、 きっと楽しめる番組!!これを見ればモルックのルールや楽しさを知ることができると思います。そして見終わった頃にはきっとモルックセットをポチっていることでしょう。少年のような大人たちの本気のモルック。ぜひお楽しみください。

◆高崎翔太
ちょうど一年前くらいに、植田圭輔が木の箱に入った、たくさんの木の棒のようなものを持ってきて「コレは仕事になるから、みんなでやろう!青田買いだ!」と言いました。半信半疑ながら、いく日か、木の棒を木の棒に向かって投げる日々が続き、気付くと夢中になっていました。負けた時の悔しさ、勝った時の嬉しさ。仲間との信頼関係。そして、敵へのリスペクト。人生の縮図の様なスポーツ。それが、 モルックでした。そして、マジで仕事になりました。

◆田口涼
僕が出演できることはもちろん嬉しいです。でもそのことよりも植ちゃんの夢が1つ叶ったことが本当に嬉しかったです。これからも続けていくためにお力添えできたらなと思っています。僕は小南くんとも翔太くんとも健斗くんとも共演したことがないのですが、モルックを通して仲良くなって、こんな素敵な俳優さんがいるんだなと知ることができました。 モルックはそういう素敵なスポーツです!ぜひみなさんもやってみてください!!

【公式サイト】https://atsu-mol.com
【公式Twitter】@atsu_mol

(C) 2021AMGエンタテインメント

チケットぴあ
「これがモルック!」植田圭輔、高崎翔太が虜になったあのスポーツがついに番組化
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。