“奇跡の興行師”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート


2021年3月6日に東京芸術劇場で開幕した加藤和樹主演ミュージカル『BARNUM(バーナム)』。加藤和樹朝夏まなと矢田悠祐フランク莉奈綿引さやか原嘉孝内海啓貴中尾ミエらが出演する本作の公開ゲネプロの模様と開幕に向けたキャスト陣のコメントを紹介する。

本作は19世紀半ばのアメリカで大きな成功を収めた興行師、P.T.バーナムの半生を描いたブロードウェイ・オリジナルミュージカル。ブロードウェイでの上演後、ロンドンでも上演された人気作で、今回、日本初上演されることになった。日本版演出は荻田浩一が務め、翻訳・訳詞は高橋亜子が担当している。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

本作の主人公・バーナム(加藤)の興行師としての人生は、「ジョイス・ヘス」という女性を“世界最高齢の160歳”として売り出すことから始まる。ニューヨークのアメリカ博物館をエイモス・スカダー(原、内海のWキャスト)と共に経営しながら、世界で最も小さい男「トム・サム将軍」など話題性のある“見世物”を手掛け、創造力と熱意にあふれ、言葉巧みに魅惑的なショーを作り出すバーナムは有名になっていく。一方、妻のチャイリー(朝夏)は人々をだますような仕事ではなく、社会的に尊敬されるような安定した職に就くことを望んでおり、バーナムとは意見が衝突する。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

博物館を始めてから一年、バーナムたちが手掛けた建物が全焼したことから、バーナムは本格的な“ショー”をプロデュースすることを決める。そこでスウェーデン人のオペラ歌手であるジェニー・リンド(フランク莉奈、綿引のWキャスト)と契約したバーナムはすっかりジェニーに夢中になり、チャイリーを置いて彼女とともにツアーへと旅立ってしまう。公演は大成功しジェニーとの距離も縮まるが、バーナムはふと愛する妻が共にいない生活への虚しさを感じチャイリーの元に戻ることに。時計工場で働いたり、ついには市長に選ばれたりと、チャイリーが望む通りの安定した生活を送ることになるが・・・という物語が描かれる。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

明るく華やかな楽曲やダンスはもちろんの事、本作では“サーカス”を感じさせてくれる演出の数々も楽しむことが出来る。世界三大サーカスのひとつ「木下サーカス」の特別協力があることに加え、シルク・ドゥ・ソレイユ等に出演経歴のあるパフォーマーのフィリップ・エマールとラスベガスのフェスで入賞経験もあるマルチパフォーマーの石田純一のジャグリング指導、映像出演が作品を盛り上げている。メインキャストの歌声に聞き惚れつつ、その周囲でリングやクラブ、シガーボックス、ディアボロなどを華麗に操るアンサンブル達の姿も必見だ。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

歌にダンスにジャグリング・・・と見どころ満載の本作で主演を務めるのは加藤和樹。創造力と熱意にあふれ、サーカスや博物館、時計工場の経営を担ったり、市長も務めるなど、幅広いビジネスの才能を発揮するフィニアス・テイラー・バーナム。説得力を持たせるカリスマ感と“ダメ男”な部分のバランスが完璧なバーナムを作り上げた加藤の“団長感”は素晴らしかった。カーテンコールで「舞台に立てるということが当たり前ではないと感じる今、無事、初日を迎え、キャスト・スタッフの想いを一つにこの場を迎えらました。明日がどうなるか分からない日々ですが、自分たちのやってきたことを信じて、P.T.バーナム同様に人に喜びを与えられるような作品を千穐楽まで作り上げたいです」と意気込む姿もまさに“ショーマン”だった。

そんな加藤のバーナムを支える妻・チャイリーを演じているのは朝夏まなと。バーナムとは常に意見が真反対で何か起こるたびに“デスマッチ”を展開するチャイリー。しかし互いにしっかり愛し合っており、安定した仕事を願いつつ、楽しそうに興行について語るバーナムを前にするとその背中を押してしまうという強くあたたかい女性を朝夏が見事に表現している。ちょっと“ダメ”なところがあるバーナムを支えられるのはこの人しかいない、そう思わせてくれるのだ。そんな朝夏は開幕に向け、「いよいよ開幕です。サーカスというエンタメを実現させるための、くじけない心、それを支える立場。私にも通じるところもあって、 みんなのエネルギーも爆発しています!劇場でお待ちしています」とメッセージを送る。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

バーナムのサーカスで見世物となる世界中で最も小さい男性、トム・サムなどを演じるのは矢田悠祐。矢田は、喉の不調により稽古が十分に出来ず、残念ながら降板することになってしまった藤岡正明が演じる予定だったストーリーテラーであるリングマスター役も務めており、藤岡の思いも乗せて舞台上に沢山の彩を添えている。そんな矢田は、「本作はバーナムの人生のアルバムをパラパラとめくり、その中の写真1枚1枚がショーになっているようなミュージカルだと思います」と語り、「それぞれの曲に、その時代のバーナムのストーリーが込められていて、なおかつ、ハッピーで明るい曲ばかりですので、是非劇場まで足を運んでいただいて、このハッピーなオーラをどんどん持ち帰って頂ければと思います。劇場でお待ちしております」とコメントを寄せた。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

バーナムをも魅了するスウェーデン人のオペラ歌手を演じるのはフランク莉奈と綿引。フランク莉奈は「コロナ禍になってから沢山のものが世界から奪われてしまいました。私自身、気力の全てがなくなった日もありました。ですが生涯をかけて夢を追うバーナムの姿をみていると、どんな時でも希望を捨ててはいけないという勇気をもらえます。みなさまに笑顔になっていただける作品になっているので、是非お届けできたら嬉しいです。一緒に夢の世界に行きましょう!」とメッセージを送り、綿引は「早くお客様とこの舞台の幕を開けたくてワクワクしています!心躍るエネルギーに満ち溢れた音楽、パフォーマンス、そして物語。お客様に笑顔になっていただけること間違いなしの作品です。新しい春の訪れとともに、この作品が皆様の心に沢山の幸せをお届けできるよう、私たちも心を込めて舞台に立たせていただきます!」と語った。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

さらに、バーナムとともに博物館を経営するエイモス・スカダーを演じる原嘉孝、内海啓貴からも熱い想いが。原は「個人的には、本格的なミュージカルに挑戦するのは初めてです。稽古中から皆さんの熱量に圧倒され、プレッシャーを感じていますが、同時にワクワクを隠しきれません。ずっと夢見てたミュージカルの舞台。自分も作品の一部となって、キャストの皆さんと歌のパワー、エンタメの素晴らしさを客席に届けられるよう頑張ります!」と気合十分で、内海も「コロナ禍でこのミュージカル『バーナム』をお届けできる事が奇跡だと思っています。夢を追うP.Tバーナムの姿に僕自身何度も勇気づけられて救われました。『どのように人を惹きつけて、楽しませるか。』バーナムが作中ずっと思い続けている事を胸に、千秋楽まで問い続けて、観に来て下さるお客様に夢のようなグレイテストショーをお届けしたいです!」と意気込んでいる。

“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート

そして、“世界最高齢の160歳”としてサーカスで見世物となる女性、ジョイス・ヘスとブルースシンガーを演じる中尾ミエからも「このコロナ禍を吹き飛ばす元気の出るミュージカルです。若さは素晴らしい!皆さまも元気を吸い取ってお帰りくださいませ!」というメッセージが送られた。

バーナムが作り出す“グレイテスト・ショー”を堪能できるミュージカル『BARNUM』は下記の日程で上演。上演時間は第1幕1時間10分、休憩20分、第2幕50分の約2時間20分を予定している。

(取材・文=エンタステージ編集部3号)

ミュージカル『BARNUM』公演情報

上演日程

【東京公演】2021年3月6日(土)~3月23日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
【兵庫公演】2021年3月26日(金)~3月28日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
【神奈川公演】2021年4月2日(金) 相模女子大学グリーンホール

スタッフ・出演

Music by CY COLEMAN
Lyrics by MICHAEL STEWART
Book by MARK BRAMBLE

【翻訳・訳詞】高橋亜子
【演出】荻田浩一
【音楽監督】荻野清子

【出演】
加藤和樹、朝夏まなと・矢田悠祐
フランク莉奈・綿引さやか(Wキャスト)、原嘉孝・内海啓貴(Wキャスト)
章平、工藤広夢、斎藤准一郎、泰智、福田えり、咲良、米島史子、廣瀬水美
中尾ミエ

【映像出演】
フィリップ・エマール/石田純一(Performer Ai)

【公式サイト】 https://musical-barnum.jp/

©ミュージカル「BARNUM」製作委員会/岡 千里

チケットぴあ
“奇跡の興行史”加藤和樹らが“グレイテスト・ショー”!ミュージカル『BARNUM(バーナム)』公開ゲネプロレポート
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。