竹中凌平が自身の”ロック”を体現した1stアルバム「Juvenile」をリリース


俳優の竹中凌平が、2021年1月20日(水)に、1stアルバム「Juvenile」を配信先行でリリースする(フィジカル盤は2月17日発売)。

アニメーション制作会社「GoHands」が手がけたTVアニメ『W’z《ウィズ》』のオープニングテーマを担当し、歌手デビューを飾った竹中。アルバムには、アニメ『W’z』のオープニング曲「Reason」のシングル盤収録曲「Reason」(Northern19のVo&Gt.笠原健太郎が作詞・作曲を担当)も収録。

アルバムに収録される全11曲のうち、10曲においては竹中が作詞を担当している。今回、新たに9曲を書き下ろし、自身の”ロック”を体現。作曲は、今年再始動したLOCAL SOUND STYLEのギタリスト・後藤裕亮、サウンドプロデュースをStill CaravanのRyosuke Kojimaが手掛けている。

なお、2月17日(水)に発売されるフィジカル盤には、デジタル配信と同内容の通常盤に加え、24ページの写真集が同梱された初回プレス限定盤も発売。また各販売店において数量限定で店舗ごとの個別特典も用意されている。

商品情報

竹中凌平「Juvenile」

【デジタル】2021年1月20日発売
【フィジカル】2021年2月17日発売
【価格】初回限定盤:4,000円+税、通常盤:価格:2,500円+税

<収録曲>
01.Campanella
02.Yar Bluesに沈む
03.虫の夢
04.螢
05.インナーチャイルド
06.浴槽と抜け殻
07.夏風メランコリー
08.ミサイル
09.ひだまり
10.バッドエンドと知りながら
11.Reason (Acoustic Version) ※アニメ『W’z《ウィズ》』オープニングテーマ
※初回限定版のみ24P写真集ブックレット付

 

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。