舞台『両国花錦闘士』より伊藤健太郎が降板、公演は予定どおり実施


舞台『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』より、伊藤健太郎の降板が発表された。公演は予定どおり上演される。代役やチケットの払い戻し対応については、後日改めて発表があるとのこと。

公式サイトには、「この度、『両国花錦闘士』に昇龍役として出演を予定しておりました伊藤健太郎は、諸般の事情により、降板する運びとなりました。出演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます。なお、公演は予定通り上演いたします。代役やチケットの払い戻し対応につきましては、改めて公演公式サイト、公式Twitterにてご案内申し上げます。誠に恐縮ですが、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。出演者・スタッフ一同、より良い作品をお届けできるよう努めてまいりますので、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます」とお知らせが掲載されている。

本作は、1989年から1990年にかけて「ビッグコミック スピリッツ」(小学館)にて連載された岡野玲子による漫画の初舞台化作品。明治座、東宝、ヴィレッヂの3社のプロデューサー3名が集う“三銃士企画”の第1弾として打ち出され、12日5日に東京・明治座にて開幕を予定している。その後、大阪・福岡公演あり。

【東京公演】2020年12月5日(土)~12月23日(水) 明治座
【大阪公演】2021年1月5日(火)~1月13日(水) 新歌舞伎座
【福岡公演】2021年1月17日(日)~1月28日(木) 博多座

【公式サイト】https://www.ryogoku-oshare-rikishi.com/

チケットぴあ
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。