岡宮来夢×松崎史也で『ハムレット』シェイクスピア四大悲劇の一つを男性5人のミュージカルに


2020年11月に、ウィリアム・シェイクスピア四大悲劇の一つ『ハムレット』を男性5名でミュージカルにアレンジする5 Guys Shakespeare Act1:[HAMLET]の上演が決定した。脚本・演出は松崎史也。ハムレット役は岡宮来夢が務める。

本作では、シェイクスピア四大悲劇の一つ『ハムレット』を、ミュージカルへと大胆にアレンジ。ヒロイン・オフィーリアをはじめとした女性役もすべて、男性キャストが演じ、さらに1人のキャストが数々の登場人物を演じ分ける形での上演となる。

岡宮と共に本作に臨むのは、立花裕大、橋本真一、法月康平、中村誠治郎。

「生きるべきか、死ぬべきか」――新生『ハムレット』で、制限下の多い中、新しい演劇の試みが始まる。

5Guys Shakespeare Act1:[HAMLET]は、11月19日(木)から11月23日(月・祝)まで東京・品川プリンスホテル ステラボールにて上演される。チケットは、11月1日(日)10:00より一般発売開始。

【公式サイト】https://www.nelke.co.jp/stage/5guys_hamlet/
【公式Twitter】@HamletGuys

コメント紹介

◆岡宮来夢
この度、ハムレット役を演じさせていただきます、岡宮来夢です。
久しぶりの舞台、率直にすごく楽しみです!
そして、舞台に立てることがすごく嬉しいです!
ハムレットは、誰もが知るシェイクスピアの代表作とも言える戯曲で、四大悲劇の内の一つです。
背負わせていただけることに感謝して誇りを持って精一杯演じたいと思います。
また、ハムレットの世界をたった5人でどれだけ熱く繊細に作り上げられるかがとても楽しみです。
そして自分自身が少しでも成長できる日々になるように精進します。
皆様、応援よろしくお願いします!

◆松崎史也(脚本・演出)
時代、劇場、役者、出資者。
シェイクスピアの頃から、それ以前からずっと
演劇は制限と共に存在する。そして、台詞と想像力が制限を突破していく。
照明や音響がない頃であれば
「なんと静かで暗い夜なのだ。早くこの森から出なければ」
と誰かが言えば、俳優と観客にとってそこは真っ暗な夜の森になる。
制限下の表現を探りながら、演劇は更新され続けてきた。
令和、コロナ、ソーシャルディスタンス。
今この制限下で、新しい演劇を試みる。
5Gのミュージカルシェイクスピア。
偉大過ぎる先輩の胸を借りながら
制限を突破し更新する為に。

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。