高畑充希主演でミュージカル『ウェイトレス』悩める現代女性を全力応援する名作が日本初上陸


2021年3月に高畑充希を主演に迎え、ミュージカル『ウェイトレス』の上演が決定した。本作は、アメリカ映画『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』(2007年)をベースに製作されたブロードウェイミュージカル。日本で上演されるのはこれが初めて。

015437_2.jpg

本作は、2016年3月にブロードウェイにて幕を開けると、瞬く間に記録的な興行成績を上げ、全米ツアー公演、および、ロンドン・ウェストエンド公演も大盛況となった。また、楽曲を手掛けたグラミー賞ノミネート歴を持つサラ・バレリスを始め、脚本・作曲・演出・振付の主要クリエイティヴをすべて女性クリエイターが担当したことがブロードウェイ史上初の出来事として注目を集めた。

高畑は現地に赴き何度も同作を観劇しており、主演を快諾。2020年5・6月に帝国劇場『ミス・サイゴン』ヒロインのキム役でミュージカルに3年ぶりに出演することが決定していたものの、新型コロナウィルス感染拡大のため公演自体が中止となったため、これが約4年ぶりのミュージカル出演となる。

015437_3.jpg

高畑充希演じるジェナは、アメリカ南部の田舎町にあるレストランのウェイトレスで、束縛の激しい夫のアールと縁を切り、自立したいと思っていた矢先に、アールの子を妊娠していることに気付き、さらに、診察を担当する産婦人科医のジムとの出会いで、人生が大きく動いていくという難しい役どころ。

妊娠・出産・離婚・自立・養育など、一人の女性の人生の岐路を、キャッチーな楽曲に乗せ、同僚女子との仲良しトークと、レストランに集う一風変わった客との交流を通して、とびっきりキュートかつポップに、ユーモアを交えて描く本作。奇しくも2021年は高畑にとって20代最後の年。ここまで培ったものを存分に発揮し、新境地を開拓する高畑に注目だ。

015437_4.jpg

ミュージカル 『WAITRESSウェイトレス』は、2021年3月に東京・日生劇場にて上演される。

コメント紹介

◆高畑充希(ジェナ役)
数年前、ブロードウェイでこの『ウェイトレス』という作品に出会いました。
劇場の中には、お客さんみんなの作品に対するワクワクとした気持ちと、売り子さんが売り歩く本物のパイの甘い香りが充満し、夢のような空間でした。そんな中でたっぷり味わった『ウェイトレス』。女性のパワーを存分に感じられるストーリーはもちろん、サラ・バレリスさんが手掛けられた楽曲たちが素晴らしく、終演後猛ダッシュでサントラCDを買いに行ったのを覚えています。
すっかり作品のファンになってしまった私は、その後もロンドンとNYでおかわり観劇。そして今回、ご縁があって日本版に出演させていただくことになりました。
こんな時代だけれど。こんな時代だからこそ。
観た後にとっても元気になれるこの作品を皆さんにお届けできる幸せを噛みしめながら、がんばりたいと思います。皆さんと、どうか健康で、劇場でお会いできますように!

ストーリー

アメリカ南部の田舎町。そこにとびきりのパイを出すと評判のレストランがある。ジェナ(高畑充希)は自分の頭にひらめくパイを作っている時が一番幸せで、いつかパイのコンテストに出て賞金を稼ぎ、ダメ男の夫・アールと別れ、人生をやり直すのが夢。しかし、そんなある日、アールの子を妊娠していることに気付く。訪れた産婦人科で若い男性医師・ジムと出会い、互いの人生について話し合ううちに、いつしか二人は惹かれ合い、ジェナの人生は大きく動き出すのだった――。

【公式サイト】https://www.tohostage.com/waitress/

WAITRESS US Touring productions photo by Philicia Endelman

チケットぴあ
最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。