loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

KERA&緒川たまきの新ユニット・ケムリ研究室公演第1弾!『ベイジルタウンの女神』が開幕

015352.jpg
画像を全て表示(8件)

2020年9月13日(日)に東京・世田谷パブリックシアターにて、ケムリ研究室no1『ベイジルタウンの女神』が開幕。ケムリ研究室は、劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と女優・緒川たまきが新たに立ち上げたユニットで、第一回公演となる今回、仲村トオル、水野美紀、山内圭哉、吉岡里帆、松下洸平、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一、犬山イヌコ、高田聖子らが出演している。また、ステージングに小野寺修二、映像に上田大樹、音楽に鈴木光介ら演劇界のトップクリエイターが集結している。

015352_02.jpg

KERAは、今年既にコロナ禍により『桜の園』『欲望のみ』という2つの公演中止を経験し、ようやく演劇公演で観客と対峙できる日を迎えた。今回の公演では、新型コロナウイルスの感染予防対策上、客席数を制限し、劇場入口でも消毒、サーモグラフィ検査、入場時の直接接触を避ける自動発券機導入など、カンパニーは多方面に渡る感染症対策を施し、上演を実施。来場客も、観劇前の来場者事前登録や「感染症対策のお願い事項」、劇場入口での感染症対策など、通常の観劇では求められない手間や手順に協力し、開演のつつがない進行をサポートしている。

015352_03.jpg

今回の作風は、近年の『グッドバイ』や『キネマと恋人』といったKERA作品にみられるような、幅広い層が楽しめるロマンティック・コメディで、物語は、大企業ロイド社の社長であるマーガレット(緒川たまき)と、ライバル企業のソニック社の社長タチアナ(高田聖子)という因縁めいた旧知の二人が、通称「ベイジルタウン」と呼ばれる貧民街の再開発を巡って火花を散らすことから端を発する。

そこである賭けをすることになり、マーガレットはベイジルタウンにやって来た。そこでマーガレットを待ち受けていたのは、不思議なあだ名で呼び合う貧民街の住人たち、王様(仲村トオル)、ハム(水野美紀)、サーカス(犬山イヌコ)ドクター(温水洋一)、ヤング(松下洸平)、そして彼らと交流を持つ娘スージー(吉岡里帆)ら。マーガレットとベイジルタウンの人々、ロイド社の社員、タチアナ率いるソニック社などの思惑を巡り、思いも寄らない出来事が巻き起こってゆく・・・。

015352_04.jpg

個性豊かな登場人物たちの生き生きとしたセリフの応酬と、緒川たまき演じるマーガレットやそれぞれのキャラクターのなんとも愛おしい様子に目が離せない贅沢な饗宴だ。久しぶりの劇場での笑いの感覚が染み渡ってくるようだ。

015352_05.jpg

初日開幕に際し、主宰のKERAと緒川たまきからコメントも到着した。ケラリーノ・サンドロヴィッチは「胸を張ってエンゲキだと言える公演を、緒川さんとのユニットの旗揚げで開幕することが出来ました。今年3本目のはずだったのに、1本目になってしまいました。それでも幕を開けられて、本当に、本当に良かった。カンパニーの皆さんの尽力とお客さんのおかげです」と感謝の思いを語り「カーテンコールでの盛大な拍手には感無量でありました。客席と舞台で3時間半を共有できることの幸せ」としみじみ。

015352_08.jpg

さらに、「『ベイジルタウンの女神』は間口の広い作品です。今日観劇してくださったある演劇ライターの方は早速『海外の長編児童文学を読むような、ドキドキワクワクが詰まった、夢と希望に溢れた、大人も子どもも一緒に楽しめる物語。』とツイートしてくださいました。こんなに誰でも楽しめる作品を、次回いつ書くかわかりません。マスクだ消毒だとご不便をおかけしますが、そして定員半減に伴い入場料も割高ですが、どうぞ観に来てください。お待ちしてます」とメッセージを送る。

そして、緒川は「この作品のために集まってくださったキャスト、スタッフの愛情がこの作品にはたっぷりと詰まっています。完成するまでの過程はすでに感動の連続でしたが、初日を迎え、劇場にいらしゃって下さったお客様に更なるお力をいただきました。これからは、観てくださる方それぞれの無数の『ベイジルタウンの女神』が誕生していくのだと思います。ぜひ『ベイジルタウンの女神』に会いに来てください。劇場でお待ちしております」とコメントした。

015352_06.jpg

015352_07.jpg

今回は「来場できない状況の方にもご観劇頂ける機会を」というKERAの思いもあり、9月22日(火・祝)18時開演の追加公演回が生中継配信されることも決定している。

配信は「PIA LIVE STREAM」と「WOWOWオンデマンド」で視聴可能で、チケットは発売中。「PIA LIVE STREAM」はチケットぴあで視聴チケット購入でき、「PIA LIVE STREAM」配信では、公演生配信に加え、キャスト座談会映像を収録配信予定だという。「WOWOWオンデマンド」は本編配信のみ、WOWOWの加入者対象の配信になるという。

なお、「ケムリ研究室」は、来年2021年夏に、第二回公演『砂の女』(原作:安部公房 上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)を上演することも決まっている。

ケムリ研究室no1『ベイジルタウンの女神』は下記の日程で上演。上演時間は3時間30分(休憩15分を含む)。

【東京公演】9月13日(日)〜9月27日(日) 世田谷パブリックシアター
【兵庫公演】10月1日(木)〜10月4日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【北九州公演】10月9日(金)〜10月10日(土) 北九州芸術劇場 中劇場

【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【振付】小野寺修二
【映像】上田大樹
【音楽】鈴木光介

【キャスト】
緒川たまき、仲村トオル、水野美紀、山内圭哉、吉岡里帆、松下洸平、
望月綾乃、大場みなみ、斉藤悠、渡邊絵理、荒悠平、髙橋美帆、
尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一、犬山イヌコ、高田聖子
(※髙橋美帆の「髙」は、はしご高)

【オンライン配信チケット購入】https://w.pia.jp/t/kemuri-no1/
【公式サイト】https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/kemuri_no1

舞台写真/撮影:引地信彦

この記事の画像一覧

  • 015352.jpg
  • 015352_02.jpg
  • 015352_05.jpg
  • 015352_03.jpg
  • 015352_04.jpg
  • 015352_08.jpg
  • 015352_06.jpg
  • 015352_07.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事