loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ニール・サイモン×三谷幸喜『23階の笑い』に瀬戸康史、松岡茉優、吉原光夫ら

015320.jpg
画像を全て表示(2件)

2020年12月にシス・カンパニー公演『23階の笑い』の上演が決定した。『23階の笑い』は、アメリカが誇る20世紀最大の喜劇作家ニール・サイモンの作品で、今回、三谷幸喜の演出で上演する。出演は、瀬戸康史、松岡茉優、吉原光夫、小手伸也、鈴木浩介、梶原善、青木さやか、山崎一、浅野和之。

大学在学中に観た舞台『おかしな二人』(演出:福田陽一郎)が、作家人生を歩むきっかけの一つだったという三谷。敬愛の念が強いが故に、ニール・サイモン戯曲演出は長く封印してきたそうだが、2013年に初めて『ロスト・イン・ヨンカーズ』を手掛けた。それから7年、再び“恩師”とも言えるニール・サイモン作品に三谷が向き合う。

015320_2.jpg

『23階の笑い』は、1993年から1994年にかけてブロードウェイで上演された作品。1950年代のテレビ業界の裏側を舞台に、マンハッタンの高層ビル23階に構えた事務所に行き交うテレビマン、人気コメディアン、若手作家たちが織り成す人間模様、人情の機微を、笑いと共に描く。

作品に自伝的要素を多数盛り込んだと言われているニール・サイモンらしく、この作品にも、彼が実際に大物コメディアン、シド・シーザーの下で放送作家・コメディ作家として下積みの時期を過ごしていた体験がリアルに描かれているそうだ。

『23階の笑い』は、12月に東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。チケットは、11月に発売開始予定。

【公式サイト】http://www.siscompany.com/23f/
【公式Twitter】@sis_japan

この記事の画像一覧

  • 015320.jpg
  • 015320_2.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事