loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

小池徹平・三浦春馬らの歌声を多くの方へ届けたい『キンキーブーツ』CD再販&特別映像の公開も

015293.jpg
画像を全て表示(1件)

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』日本版のライブ録音CDが、再販されることが決まった。このCDは、2016年に行われた日本初演版で、故・三浦春馬さんをはじめ、小池徹平、ソニンらが歌ったライブ音源を使用したもので、2017年3月に限定販売されていた。

この度、たくさんの熱い要望を受け、一人でも多くの方に「ORIGINAL JAPAN CAST」の歌声を届けるべく、ブロードウェイチームと相談の上、今回の再販が決まった。取り扱いは、アミューズのオンラインショップ「アスマート」にて。現在、予約受付が開始されている。

また『キンキーブーツ』日本版の公式Twitterでは、特別映像が後日公開されることも明らかにされた。公式Twitterには「多くの方にご要望頂いております全編DVD化、映像化に関しましては権利の問題で叶いませんでしたが、BWチームのご厚意で、15分程度の特別映像を後日アップさせていただくこととなりました。詳細は決定次第お知らせいたします」と綴られている。

2005年に公開された映画『キンキーブーツ』をミュージカル化した本作は、2016年に日本初演を迎え、2019年に再演された。初演・再演共に、美しくしなやかにローラを演じきった三浦さんの素晴らしいパフォーマンスは、いつまでも私たちの脳裏で輝き続ける。

なお、三浦さんの所属事務所アミューズの公式サイトには、今後、三浦さんに関する弊社の全ての利益は、「三浦春馬基金(仮称)」を2020年内に立ち上げ、本人の遺志を継ぎ、これまで携わってきた「Act Against AIDS(現ACT AGAINST ANYTHING)」の活動を通し、ラオフレンズ小児病院を始めとする、あらゆる困難に立ち向かう人々への寄付・支援に充てると記載されている。

三浦さんの「お別れの会」についても、2020年内の実施を予定しており、新型コロナウイルス感染の拡大状況を見ながら、実施の日程や方法を検討しているとのこと。

【取扱】アスマート

関連記事:ありのままを受け入れる――小池徹平、三浦春馬らに見える3年の成熟『キンキーブーツ』レポート

この記事の画像一覧

  • 015293.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事