loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

宝塚歌劇団娘役・星蘭ひとみ出演決定!松岡茉優主演ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』追加キャスト発表

015188.jpg
画像を全て表示(3件)

2020年9月15日(火)22:00からTBSで松岡茉優主演の火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』。追加キャストが発表され、草刈正雄、キムラ緑子、南果歩、大友花恋、八木優希、稲田直樹、河井ゆずる、中村里帆、ファーストサマーウイカ、池田成志らと共に、現役の宝塚歌劇団娘役・星蘭ひとみが連続ドラマ初出演することが分かった。

本作は、ドラマ『凪のお暇』(2019年)を手掛けた大島里美の完全オリジナル脚本で、主人公はとある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー⼥⼦・九⻤玲⼦(松岡)。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する"モノ"の本質を大切にして暮らしている。そんな玲⼦と、玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)という⾦銭感覚が両極端な2人が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになるという、おカネ修⾏を通してひと夏の恋物語が繰り広げられる"じれキュン"ラブコメディ。

015188_02.jpg

今回、11名の追加キャストが明らかになり、現役の宝塚歌劇団娘役であり連続ドラマ初出演となる星蘭ひとみが慶太の元カノ・聖徳まりあ役で出演することが決定した。慶太の浪費ぶりに愛想を尽かして別れたのだが、慶太からの連絡に揺れ動き、また、"自分への投資"を言い訳にお金を使いまくる「投資女子」で、周りの目を気にして強がって生きるが、そのことに疲れてしまうという、女性の共感を呼ぶ役どころを演じるという。

他にも、三浦翔平演じる、玲子の初恋の相手・早乙女健の秘書、牛島瑠璃役に大友、慶太の先輩だがいつまでも後輩扱いされる経理部員・猪ノ口保役をアインシュタインの稲田、経理にルーズな企画開発部の社員・鶴屋春人役を同じくアインシュタインの河井ゆずる、経理部の同僚でポンコツな先輩たちに的確なツッコミを入れるイマドキな後輩・鮎川美月役を中村、経理部の先輩・鴨志田芽衣子役をファーストサマーウイカ、そして経理部長・白兎吉明役を池田が演じる。

さらに、慶太が妹のように可愛がる謎の女子高生、鮫島ひかり役に八木、慶太の母・猿渡菜々子役にキムラ緑子、民宿を営む玲子の母・九鬼サチ役に南、そして慶太の父でありおもちゃメーカー「モンキーパス」の社長・猿渡富彦役に草刈が決定している。

015188_03.jpg

また、ドラマ主題歌はMr.Childrenの新曲「turn over?」に決定。Mr.ChildrenがTBSの連続ドラマの主題歌を担当するのは、2004年の日曜劇場『オレンジデイズ』以来16年ぶりで、今回、企画段階で制作が真っ先にMr.Childrenにオファーし、ドラマの世界観や楽曲の方向性を伝え、『カネ恋』の世界観を表現した楽曲を提供してくれることになったという。

◆放送情報
火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』
2020年9月15日(火)22:00からTBSで放送開始※初回15分拡大
(C)TBS

この記事の画像一覧

  • 015188.jpg
  • 015188_02.jpg
  • 015188_03.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事