loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

崎山つばさ、安井謙太郎ら出演舞台『死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』公開ゲネプロ&囲み会見レポート

015050.jpg
画像を全て表示(18件)

崎山つばさ、安井謙太郎らが出演する東映ムビ×ステ舞台『死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』が2020年7月23日(木・祝)に開幕。開幕直前に公開ゲネプロと囲み会見が行われ、崎山、安井、陳内将、そして脚本・演出を務める毛利亘宏が登壇し、本作の見どころや意気込みを語った。

本作は、東映株式会社と東映ビデオ株式会社が立ち上げた映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の第2弾で、映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲(くぐつやきょく)-』&舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲(ちんこんきょうきょく)-』を展開。「死神遣い」でもある久坂幻士郎役の鈴木拡樹が主演を務めた映画版の続きを描く、崎山主演の舞台版が7月23日に開幕した。

015050_08.jpg

舞台版は仲間との別れを果たした映画版から一年後の江戸が舞台。庄司新之助(崎山)ら侠客たちが“鬼八一家”を名乗り、悪人たちから民を助けるために江戸の町を奔走する中、お菊(伊藤優衣)という町娘から“弟を助けてほしい”という新たな依頼をされるところから物語が始まる。新之助と行動を共にする死神・十蘭(安井)はお菊が頼んできた案件について、「死神遣いがかかわっている」と助言し、新之助はお菊の弟・喜三郎(櫻井圭登)を探して、昔身を寄せていた羅厳親分(山崎銀之丞)の元へ訪れ、そこで謎の男・天元と出会う。天元はメメント(輝馬)とヴァニタス(エリザベス・マリー)、そして百目鬼(陳内)を引き連れ、ある思想のもと不穏な動きを見せていた・・・という物語が展開されていく。

015050_04.jpg

冒頭では鬼八一家が宴を催し、その中で「死神は人を思いのままに操れる」のだということの証明のために十蘭が新之助らを操って踊らせる場面があるが、新之助を筆頭に、権左(松浦司)、義助(松本寛也)、伝吉(北川尚弥)がポップにアクロバティックに楽しみながら宴を盛り上げていく和気あいあいとした雰囲気に引き込まれていく。和やかな鬼八一家のやり取りに笑顔になってしまうが、新之助が引き受けた事件を追っていくに連れて張り詰めていく緊張感にドキドキさせられてしまう。

015050_03.jpg

命をかけるほど大きくなっていく事件に仲間を巻き込みたくないと虚勢を張る新之助、ある思いを抱える十蘭の葛藤、3体の死神を操る天元の迫力と威厳。本作では、新之助の仲間と町民の笑顔を守りたいという思いと十蘭の幻士郎へのある思い、天元の成し遂げたい野望、百目鬼の“死神としての矜持”など、さまざまな思いが絡み合い、事件が思わぬ方向へと進んで行き、観ている者の心をも翻弄していき、最後までその展開から目を離すことが出来なかった。

015050_09.jpg

ゲネプロの前に行われた囲み取材では、崎山らがそんな本作への意気込みなどを語っていた。崎山は「映画との連動ということで、何が何でも舞台の幕を開けたいという思いでやってまいりました。いろんなニュースが飛び交って、不安な思いもありましたが、感染対策を徹底しながら稽古をして、こうして初日を迎えることがどれだけうれしいことかすごく実感しています」と語り、「久しぶりの舞台なのでなんだか初舞台を踏むような気持ちになっています。意気込み十分に、でも気を付けながら皆様に僕等の演劇を届けていきたいと思います」としみじみ語った。

015050_16.jpg

015050_17.jpg

そして安井も「色んなことがありますけど、座長はじめ一つになってしっかりとこの舞台に挑んでいこうと思います。映画との連動ということで、2つ合わせて初めて完成する作品だなと思うので、ちゃんと盛り上げて第3弾に繋げられるように頑張りたいと思います」と語り、陳内も「本当に大変な世の中で初日を無事に迎えられるのか不安な中で、スタッフの方が万全な状態を作ってくださって、稽古も気を付けながらも濃度の濃いものができたので、お客様に喜んでいただけるような作品に仕上がっているなと思います。劇場に足を運べなかったり悲しい日々が続きましたが、この作品で『舞台っていいな』『演劇っていいな』と改めて思ってもらえるようになれば良いなと思います」とコメントした。

015050_18.jpg

脚本・演出を務める毛利も「やっと劇場に帰ってこれました」と安心したような表情を見せ「劇場で舞台が出来ないというのはこんなに苦しく辛いのだなと感じる日々でした。でもこのメンバーで戻ってこれて本当に幸せです。大変な状況の中、稽古時間も圧縮してやりました。出演者たちの素晴らしい集中力と演技があって初めて成り立った公演だと思います。本当に素晴らしい作品になっていると思います」と笑顔で語った。

015050_19.jpg

稽古でも徹底して行われたように、公演期間中も劇場では新型コロナウイルスの感染対策が行われている本作。劇場入口にて体温確認を行ったり、アルコール消毒液の設置、スタッフのマスクや手袋、フェイス・シールドの着用、飛沫感染防止のためパーティションなどの設置が実施されているが、物語の構成自体も感染対策のために変更を加えたという。元々一部構成だったが、毛利は「換気できる時間を作るために2幕構成に書き直しました。この変更はお芝居的にもパワーアップするような構成になって、無理やり半分に割ったというわけではなく、芝居としても面白くよりなったのではないかなと思います」と変更後の構成に自信を見せ、「十分換気した劇場でご覧いただくことが出来るので安心してください」とメッセージを送った。

また、本作の見どころについては崎山が「このご時世の中で演じることの意味が凝縮された作品。侠客の生きざまというか・・・生きるということがどれだけ大切か、月並みではあるけど改めて感じさせてもらえる作品になっていると思います」と語り、陳内は「僕が映画版で好きだったポイントが、死神が武器になるところです。それが舞台ではどうなっているか・・・舞台ならではの毛利さんの演出が入っているのでぜひ楽しんでいただきたいです。あと個人的には、映画では明かされなかった死神のキャラクター像が深掘りされているのでそこにも注目していただけたら」と語った。

015050_15.jpg

そして安井も「十蘭が映画とかなり変わって・・・キャラクターを深掘りしていただいてるのでそこに注目していただければ」と語り、さらに「人生で初めて剣を持って舞台に立ちました!」とうれしそうに語り出した。毛利曰く「かなり激しい殺陣」に挑戦した安井は「楽しみにしていただけたらと思います!」とアピール。

最後に、崎山が「僕らのやり方で演劇をこの板の上から届けることが全てだと思っております。そのために一日でも多くの公演ができるように務めてまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします」とコメントし、会見を締めくくった。

015050_11.jpg

東映ムビ×ステ舞台『死神遣いの事件帖-鎮魂侠曲-』は下記のスケジュールで上演。上演時間は約2時間20分を予定。7月23日の公演はライブ配信されており、7月26日(日)までアーカイブ配信されている。

【東京公演】7月23日(木・祝)~8月2日(日) サンシャイン劇場
【大阪公演】8月5日(水)~8月9日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【福岡公演】8月13日(木) 福岡サンパレス
【広島公演】8月15日(土) 上野学園ホール 2st

【公式サイト】http://shinitsuka.com/

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 3号)

この記事の画像一覧

  • 015050.jpg
  • 015050_08.jpg
  • 015050_04.jpg
  • 015050_03.jpg
  • 015050_09.jpg
  • 015050_16.jpg
  • 015050_17.jpg
  • 015050_18.jpg
  • 015050_19.jpg
  • 015050_15.jpg
  • 015050_11.jpg
  • 015050_02.jpg
  • 015050_05.jpg
  • 015050_06.jpg
  • 015050_07.jpg
  • 015050_10.jpg
  • 015050_13.jpg
  • 015050_14.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事