loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

佐奈宏紀演じる銀、ついに赤カブトと対峙・・・!舞台「銀牙-流れ星銀-」完結

015017.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年10月下旬より舞台「銀牙-流れ星銀-」の完結編として「牙城決戦編」の上演が決定した。本作では、凶暴な殺人熊・赤カブトを倒すため、日本全土から勇猛果敢な犬たちが集結し、死闘に挑む。主人公・銀役は、前作「絆編」(2019年7月上演)と同じく佐奈宏紀が演じる。

「銀牙-流れ星銀-」は、1983年から1987年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された高橋よしひろ先生の不朽の名作漫画。1986年にアニメ化され、日本のみならず海外でも放送またはビデオ発売されており、特にフィンランドなど北欧で高い人気を誇る。

また、続編として「銀牙伝説WEED」「銀牙伝説WEEDオリオン」「銀牙~THE LAST WARS~」とシリーズ化され、2019年5月から最新作「銀牙伝説ノア」(「週刊漫画ゴラク」/日本文芸社)の連載もはじまっている。

初の舞台化となった「絆編」では、主人公の秋田犬・銀をはじめ、様々な犬を人間が演じ、原作のストーリーはもちろん、インパクトのある歌やダンス、舞台上を駆けまわる出演者たちの圧倒的な運動量など、疾走感溢れる演出が話題を呼んだ。

発表と同時に公開されたティザービジュアルには、佐奈演じる銀が、巨大な赤カブトに立ち向かう姿が描かれている。赤カブト、この顔は・・・?出演者などの詳細は、続報を待とう。

公演情報

舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~牙城決戦編~
【公演期間】10月22日(木)~11月1日(日)
【劇場】天王洲 銀河劇場

【原作】 高橋よしひろ「銀牙 -流れ星 銀-」(集英社文庫コミック版)
【脚本・演出】丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
【振付】辻本知彦
※「辻」は1点しんにょうが正式表記

【出演】佐奈宏紀、ほか

【公式サイト】https://www.ginga-stage.com/
【公式Twitter】@stage_ginga

<関連記事>
佐奈宏紀らとクリエイター陣の熱いセッションから生まれる『銀牙』の世界 舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~ビジュアル撮影レポート<前編>
荒木宏文、坂元健児が見せた“凄み” 舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~ビジュアル撮影レポート<後編>

第5回企画「舞台の仕掛人」<前編>衣裳プランナー・小原敏博が意識する“届ける先の目”と“バランス感覚”
第5回企画「舞台の仕掛人」<後編>衣裳プランナー・小原敏博の考える2次元としての『ウソ』と3次元としての“ゴール”

佐奈宏紀、坂元健児らが歌う!踊る!吠える!舞台「銀牙 -流れ星 銀-」~絆編~稽古場レポート

(C) 高橋よしひろ/集英社・舞台「銀牙-流れ星銀-」

この記事の画像一覧

  • 015017.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事