loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

野村萬斎による企画『MANSAI◉解体新書その参拾壱』に六代目神田伯山がゲスト出演決定

014972.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年9月30日(水)に上演を予定している野村萬斎による企画『MANSAI◉解体新書その参拾壱』に六代目神田伯山がゲスト出演することが分かった。第31回目となるテーマは、「伝」~語と読に通底するもの(トランスバーサル)~になるという。

「MANSAI◉解体新書」は、現代芸術の世界を構成しているさまざまな分野、要素をパーツに分け解体しながら、それぞれの成り立ちと根拠をあらためて問い直すシリーズ。新たな「日本演劇」の創造と劇場の基礎づくりを目的に、野村萬斎がホスト役となり、ゲスト・アーティストと〈トーク&パフォーマンス〉を繰り広げていく。

毎回多彩なゲストを招き、お互いの専門分野を駆使しながら、共通する必要不可欠なもの=「表現の本質」を探っているが、今回はゲストが六代目神田伯山に決定。「伝」~語と読に通底するもの(トランスバーサル)~をテーマに話を展開する。

◆公演情報
『MANSAI◉解体新書その参拾壱』
「伝」~語と読に通底するもの(トランスバーサル)~
2020年9月30日(水)19:00 世田谷パブリックシアターにて上演

【企画】野村萬斎

【出演】野村萬斎、六代目神田伯山

【公式サイト】https://setagaya-pt.jp/

この記事の画像一覧

  • 014972.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事