loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

山田孝之・賀来賢人×福田雄一演出でミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』6年ぶりの再演決定

014934.jpg
画像を全て表示(1件)

2021年1月から2月にかけて、福田雄一演出のミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』featuring SPAM®の再演が決定した。本作は、“コメディ界のビートルズ”と称されるイギリスの人気コメディ・グループ「モンティ・パイソン」の大ヒット映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975年公開)を元に作られたミュージカル作品。出演に山田孝之、賀来賢人らを迎え、6年ぶり3度目の上演が実現する。

モンティ・パイソンのメンバーであるエリック・アイドルが脚本と作詞を担当し、全世界で上演されている本作には、ヨーロッパの有名な物語「アーサー王と円卓の騎士」をモチーフにした爆笑ギャグ満載のほか、数々の人気ブロードウェイ・ミュージカルのパロディがちりばめられている。名シーンや“いわゆるミュージカル”らしい大げさな歌、台詞、ストーリー展開を容赦なくいじり倒すほか、あらゆるタブーまでもギャグに変換。その奇抜なセンスに注目が集まり、2005年ブロードウェイ初演時には、トニー賞14部門ノミネート、そして最優秀ミュージカル賞含む3部門を受賞した。日本では、2012年に初演、2015年に再演されている。

今回、主演のアーサー王役を演じるのは山田。賀来は2012年の初演時にはガラハッド卿役を演じていたが、今回ランスロット卿役に挑戦する。山田と賀来が共演するのは、これが初。

このほか、矢本悠馬(パッツィ役)、お笑いコンビ“シソンヌ”のじろう(歴史学者役、ハーバート王子役ほか)と長谷川忍(ベディヴィア卿役)といった“福田組”常連陣に加え、新妻聖子(湖の貴婦人役)、小関裕太(ロビン卿役)、三浦宏規(ガラハッド卿役)が、福田の手掛けるミュージカル作品に初参加する。

ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』featuring SPAM®公演は、以下の日程で上演される。

【東京公演】2021年1月18日(月)~2月14日(日) 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
【大阪公演】2021年2月18日(木)~2月21日(日) オリックス劇場
【福岡公演】2021年2月26日(金)~2月28日(日) 福岡市民会館大ホール

出演者コメント紹介

◆山田孝之
あのスパマロットをやらせていただけるなんて光栄です。きっと稽古場から千秋楽まで新妻さんの歌声に惚れ惚れし、賢人くんのすべてに感心する日々が想像できます。しかし山田はアーサー王。がんばらなくてはなりません。気合が必要なのか必要ないのか分からないアーサー王。しかし皆さんの足を引っ張らない様にがんばろうと思います。そもそもこのお話を福田さんからいただいたのは2017年。福田さん、まだ山田でアーサー王やりたい気持ちあります?なんてことは考えない!がんばってみんなを笑顔にするんだ!できる!たぶん!

◆賀来賢人
スパマロットの初演に出た時、演劇モンスターに囲まれた私は、完全な敗北感を味わいました。そして、コメディを本気でやる先輩方のカッコよさを知りました。そして、師匠、池田成志先輩が圧倒的に劇場を支配していた、ランスロットという役をこの度やらせていただきます。全身全霊で挑みます。これは勝負です。是非!!

◆小関裕太
福田雄一さんの作品では、以前『勇者ヨシヒコ』に出演させていただき、目一杯楽しませていただいたのですが、舞台作品に!ようやく!はじめて!出演できることになりました!舞台は稽古期間がある分、映像作品よりもたくさん時間を費やせるので、ワクワクするような毎日がたくさん待っていると思うと楽しみで仕方ありません。ただ気になるのが、僕がロビン!!日本版初演は戸次重幸さん。再演は貴水博之さん。そして僕がロビン(笑)!!!年齢が一気に変わることによって、新しいロビンが出来上がると確信しております。こんなことしたいな、あんなことしたいなと妄想しているので、楽しみにしていてください。年明け早々、大爆笑に包まれましょう!!劇場でお待ちしております!

◆三浦宏規
今回は本当にすべてが初めましてなので現段階では楽しみと緊張が入り混じっております。大好きな福田さんの作品。自分がどうなっていくのかまったく想像もできませんがとにかく楽しみまくりたいと思います(笑)!劇場でお会いしましょう!

◆矢本悠馬
福田さんとは何度も仕事をさせていただいておりますが、舞台は初でございます。そしてミュージカルは人生初でございます。歌う。踊る。どちらも経験がございません!!不安なう、緊張なう、でございます。さらにはコメディ。ということで役者を始めて以来、1番ハードルの高い仕事になるのでは?とビビっている次第でございます。この挑戦を皆さま温かい目で見守ってください。

◆じろう(シソンヌ)
歌とダンス、この2本だけで今までやってきました。すべてがこの作品のためだったんじゃないか・・・そう感じています。自分にこう言ってやりたいです。じろう、チャオ。

◆長谷川忍(シソンヌ)
出演を知ったとき宮沢りえさんばりの「ぶっとび~」が自然と口から発されました。以前、皆川さんが演じていたということだけでハードルは遥か彼方にまで上がっております、くぐる形にならないよう努めます。歌とダンス・・・すみません、本番当日に旅に出ていても探さないでください。

◆新妻聖子
2012年に初演を拝見し、これはミュージカルなのかコントなのかという作風に大笑いしたのを覚えています。泣いたりも死んだりもしない、私には珍しい役。肩の力を抜きつつ、笑いの中にもきちんと歌声で彩りを添えられるようがんばります!

◆福田雄一(上演台本・演出)
スパマロットは僕にとって原点とも言える作品です。ブロードウェイにこの作品観たさに初めて行き、それから毎年のようにこの作品を観に行きました。その作品を自分が演出出来ることになった時は夢のようで、こうして再再演出来ることも何よりの幸せです。今回はメンバーを一新しての挑戦です。いまや、ミュージカルスターの座に近づいている山田孝之くんがアーサーを演じます。山田くんは笑いが核になるこの作品でヨシヒコの時のようにしっかりと笑いを提供してくれると思います。他のメンバーもこのミュージカルの笑いを作り出すのにこの上ないメンバーが揃いました。今から稽古が楽しみです。

【あらすじ】
神のお告げをうけたアーサー王は従者パッツィを連れ、家来となる円卓の騎士を集めて聖杯(ホーリーグレイル)を探す旅に出る。しかし、次々と起こる奇想天外なハプニングが、彼らの行く手を阻む・・・。果たしてアーサーたちは、目的の聖杯を見つけることができるのか!?

【公式サイト】https://www.spamalot.jp/ 
【公式twitter】@spamalot_jp

この記事の画像一覧

  • 014934.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事