loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

芸術・文化を愛するすべての人へ!コンテンツ提供サイト「Bunkamura チャレンジ」オープン

014924.jpg
画像を全て表示(2件)

2020年7月1日(水)、株式会社東急文化村が新型コロナ感染症の影響により多くのコンサートや公演が延期および中止を余儀なくされる状況を受け、特設サイト「Bunkamura チャレンジ」を開設した。

同サイトでは、バレエや演劇など、さまざまな芸術・文化を愛するすべての人に、動画、音声、テキストなど、さまざまなコンテンツを提供。

すでに2か月ぶりに稽古場に集った5人のダンサーに創作される新作を映像化したOrchard Artists スペシャルコンテンツ K-BALLET COMPANY「運命」、東急シアターオーブのステージ上をスタジオに見立て、世界のミュージカル界で活躍するゲストを招いて行うシリーズトーク番組「#OrbTALK(オーブトーク)」、森山未來・黒木華が岸田國士の世界を演じる「プレイタイム」などの配信が決定している。

熊川哲也(オーチャードホール芸術監督)

◆熊川哲也(オーチャードホール芸術監督)
「いま、劇場によせて」
劇場は、いま時を同じくして生きている作品や、アーティストの生の呼吸を、リアルタイムで感じられる場であると同時に、時空を超え非日常を旅できる特別な場所です。たとえば、「白鳥の湖」はチャイコフスキーが生きた19世紀へと僕たちを運んでくれ、将来性あるアーティストの姿は、いま目の前にある先の未来をも、想像させてくれます。

劇場とは、現在・過去・未来が一つの空間に共存する、まさに無二の場所であり、素晴らしい作品や芸術家との出会いは、空間と時間という4次元の概念を超越した世界さえも、我々に見せてくれます。愛や感動といった人々の心が作用することによって生まれる、いわば“5次元”の世界です。

しかしいま、その世界はウイルスによって封鎖され、オーチャードホールは2月29日以降、約4ヶ月間、すべての公演が中止となりました。戦争中でも演奏会や公演が行われてきたことを思うと、“劇場に集まること自体不可能”という今の状況が舞台芸術界におよぼすインパクトは、はかり知れません。

しかしながら、文化が継承されてきた長い歴史を振り返ると、天災や人災など、さまざまな困難を生き抜くことで熟成してきたこともまた、明らかです。この状況を経て、我々がこの席に再び座るとき、舞台に立つとき、芸術の偉大な力を改めて目の当たりにし、さらに深い敬愛を抱くと信じています。

この席をうめつくす2150名の皆様と、その瞬間をシェアできる日を楽しみにしています。

【特設サイト】https://www.bunkamura.co.jp/sp/challenge/

この記事の画像一覧

  • 014924.jpg
  • 熊川哲也(オーチャードホール芸術監督)
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事